OANDA JAPAN特別インタビュー!

FX研究Labインタビュー企画!!
森本 逸史氏にお話を伺いました。

FX取引でスプレッドだけに焦点を当てているなら、視点を変えてFX口座を選んでみるべし! 自分がどうして勝てなかったのか… その理由についてもOANDAを選べば分かる

OANDA JAPANというFX会社とシステムへの自信


― FX口座選びと考えたときに、どうしてもスプレッドの狭さが目立つこの頃ですが、オアンダジャパンが重点を置いているところは?

またオアンダジャパンの魅力についても教えて下さい。

森本氏:OANDA JAPANは、本社がアメリカにあり、コンピュータ科学者とエコノミストが創業した会社です。

これまでも色々な金融サービスがあったかと思いますが、テクノロジー面からみて『お客様がもっと使いやすいものを』作るべく設立されました。
ですので、システム面での改善は常に行っており、約定の部分もちろん、チャート機能をなるべくシンプルにしてお客様のパソコンやスマホへの負担を減らす、その一方でお客様の利便性を高める機能を追加するように努めております。

取引に関する当社のメリット・魅力としては、まず『約定拒否をしない』ということがあげられます。

会社によっては受けた注文に対して価格の再提示というのを行い、自分たちにとって不利な価格ではなるべく取引しないというところもありますが、弊社の場合は基本的に『お客様から出された注文は受ける』と『必ず約定する』というのをモットーにしております。

また注文を受けてから約定するまでのスピードも短くなるように努力しております。 場合によっては注文から約定まで2、3秒かかるという会社もありますが、弊社ではできる限りリアルタイムに近いスピードで約定を返す努力を行っております。

<OANDA JAPANでFX取引をする6つのメリット>


― メリットについて、もっと詳しく教えて頂いて良いですか?
再クオートや隠れコストなし、高い約定力などなど利用者にとってどんな有利さがあるのでしょう。

森本氏:まず約定力という面で言うと、先ほど申し上げた、約定を拒否しないことと、約定スピードがあげられます。為替のレートというのは、目に見えない速さで動いておりますが、例えば注文を受けてから、約定を返すまでに数秒経ってしまったら、その間に為替レートが動いてしまい、お客様が約定を受け取った時には、価格がすでに不利なほうに動いてしまっている場合もあります。その時間差、ギャップをなるべく少なくすることによって、お客様に、できる限り利益を得るチャンスを増やしていただく、もしくは損失をできる限り少なく抑えてもらいたいというのが、高い約定力を提供している狙いです。

次に隠れコストですが、これは約定スピードとも関係しますが、いわゆるスリッページと呼ばれる、注文がシステムに届いてから約定の処理を行う間に値段が動いてしまうことが大きなものとして挙げられます。

常に価格は変動しているため、お客様が成行注文を出した時の価格と、約定した価格に差がある状況は発生するのですが、それによって、いかに見た目のスプレッドが狭くても、実際には思った値段で取引が出来てないっていうケースがあります。

ですので、お客様が取引したい価格で取引出来るようにするために、スリッページ、いわゆる隠れコストをなるべくゼロに近づけることが重要だと考えております。

― 約定力がそもそも安定していないと、希望通りの取引ができなかったりするということですね。森本さん、再クオートというのはなんでしょうか?

森本氏:例えば今、ドル/円が109円だったとして、お客様が買い注文を出します。その際、業者は常にインターバンク市場の動きを確認しているのですが、価格が急激に動きそう、もしくは動いた結果、お客様が注文した際の価格では約定したくないというケースも出てきます。

その際には、109円では約定したくないけど、極端な例ですが109円10銭なら約定できますというように、価格を業者側から改めて提示するケースもあり、その事を価格の再提示、またはリクオートと呼んでおります。OANDAは、そういったことをせずに、109円で買いたいというのであれば、再提示なしに約定するようにしています。

― それは利益を追求しやすいですね!
今、スプレッドが0.3銭だとか、スプレッドの狭さばかりが注目されているんですけども、その辺については、森本さんどう思われますか。

森本氏:リテールのお客様は、時間帯や通貨ペアによっては、実際のインターバンク市場では存在してないような狭いスプレッドで取引できる環境にあり、そこは、FX業者各社の企業努力ではありますが、可能であれば実際のインターバンクの市場の動きやスプレッドの動向というものをお客様に伝えることによって、スプレッドの狭さが必ずしも重要視されるものではないことも理解していただければと思っております。

― スプレッドが高くても低くても、トータルコストが利益に上がっているか上がってないかというとこが大事と言うことですね。『約定力』が取引においてキーポイント。

森本氏:そうですね。スプレッドは狭いが約定のスピードが遅い会社よりも、インターバンクの現実に則したスプレッドであっても約定が早い会社の方が、お客様にとってはいい会社なのではないかと思っております。

3つのコースと71種類もある通貨ペアにも注目


― 利用者はスプレッドを気にしているところがあると思いますが、OANDA JAPANでは人気のドル/円は原則固定スプレッドですか?

森本氏:弊社はドル/円は0.4銭原則固定となっております。

人気の通貨ペアとしてはユーロ/ドルも挙げられますね。こちらは0.5pips原則固定になります。


― コースがあるんですね。それぞれの特長を教えて頂けますか。

森本氏:取引コースは3つあり、『ベーシックコース』、『プロコース』、それと『ビックコース』があります。

まずベーシックコースは、スプレッドが一番狭いコースです。
ただその代わり、1回での取引の数量が10万通貨までとなっており、どちらかというと初心者の方や、少ないご資金でお取引をされる方向けのコースになっております。

その次のプロコースは、ベーシックコースと比べて、若干スプレッドが広くりますが、その代わり1回あたり300万通貨まで取引が出来るコースとなっております。

ビックコースというのはさらに上級者向けのコースで、1回あたりの注文数量が、1,000万通貨単位までであり、スプレッドは原則固定ではなく、市場の状況に応じて変動するコースです。少ない数量の注文を何回も出すよりは、1回の注文で大きなポジションを持って取引をしたいという方もいらっしゃるので、そういった方向けのコースとして設定しております。

― 初心者から利用しても、レベルに合わせてコースを選べるのも良いところですね。
続いて取引スタイルについてなのですが… デイトレードや自動売買と色んな手法がありますけど、これからどんな取引方法に注目されていますか。

森本氏:状況に応じて様々な取引手法があると思いますが、『スワップ』狙いの取引も見逃せないと思います(笑)

為替市場というのは流れもあり、大きく上下することもあれば、あまり動かない時もあります。

そういった変動の少ない時でも、スワップいわゆる金利によって収益が狙えるというのは、FXのもう1つの取引の魅力だと思います。

ただ、正直なところ、OANDAのスワップっていうのは、他社様と比べると今のところそれほど魅力的ではありません。しかし、少しずつ改善していけるよう、努力をしています。

またそれとは別に、レバレッジを2倍にして低く抑え、FX取引ではあるもののスワップを用いて外貨預金に近い運用をしていただけるよう、新しい商品を2016年6月にリリースしました。

商品名は『My外貨』というのですが、現在2016年8月末までスワップポイント2倍キャンペーンを行っておりますので、是非ご利用いただければと思います。



― メリットだけではなく、デメリットまで教えて頂き、またその改善に努めているというのは信頼できるところですね。素敵です。
森本さん、ちなみに注文方法というのはどれくらいあるのでしょうか?

森本氏:注文方法は6種類あります。
成行、指値、逆指値、イフダン、OCO、それとトレーリングストップがあります。

初心者の方であれば、成行注文が1番使いやすいのではないかと思います。
ただしリスク管理も大切ですので、ポジションを持つ際には成行で出し、あとで損切りのための逆指値注文などをできる限り入れておいてもらうのがお勧めです。

― リスク管理をしながら、ちゃんと注文を出すっていうとこが大事ということですね。

森本氏:そうですね。 あと、弊社には取引ツールが2種類あります。ひとつはfxTradeという、OANDA独自のツールになります。これはシンプルなツールで、マウスで注文チケットをクリックして取引をしていただくものになります。

もうひとつはMT4という世界中で使われているツールです。普通にクリックによる取引だけではなく、EAという自動売買のツールを使って、PCから離れている時間帯であっても、MT4が立ち上がっている限り自分の設定したストラテジーにて取引ができるツールです。

そのほかにも、OANDA独自の情報ツールとして、オーダーブックというものが、ホームページ上にあるのですが、これは、OANDAグループ全体のお客様の注文、ポジション状況をグラフ化したものです。

通貨ペアごとに、どの辺にポジションが貯まっているとか、売り買いの注文がたくさん出ているというのを見ることができるので、それを見ながら、ここまで下がった反発しそうだなとか、ここを抜けたら、逆にもっと下がるかもしれないといった、相場の動きや売買の判断の手助けとなるツールです。

現在、その情報をMT4のチャート上に表示できるインジケーターをプレゼントするキャンペーンを行っておりますので、ぜひご利用いただきたいです。


もう1つは、為替レート自体ですが、もともとOANDAは、FX会社であったわけではなく、企業での財務や経理に使っていただくための為替レートを提供する、情報提供ビジネスが最初でした。

現在も、それはFXとは別のもうひとつの収益源となっており、主なユーザーは、大手監査法人や、名前を聞けば皆様がご存知の数多くの国際的な企業があげられます。そういった信頼性の高い、透明性の高いレートを提供しているというのもOANDAの特長であり、強みでもあります。

― 実際、OANDAで投資をされている方の声とか聞いたことありますか。

森本氏:もちろんです。 弊社のお客様はデイトレーダーの方が多いのですが、そういう方からは「約定がすごく早く、取引しやすい」と言っていただいています。

またOANDAでは、提供している通貨ペアが71種類あり、それも選ばれている理由の一つかなと思います。

― 71通貨ペア!?(驚)

森本氏:これは、海外に本社があって、グローバルで展開している業者だからこそ出来ることであり、OANDAの強みの一つです。

だいたいメジャーに取引されているのは12、3通貨ペアくらいだと思いますが、それ以外にも、多くの通貨ペアを取り扱っています。経験の多いトレーダーの方であっても、得意な通貨ペア、不得意な通貨ペアがあり、例えばドル/円はすごく得意な反面、ユーロ/ドルでは負けてしまうという方もいらっしゃいます。

通貨ペアによる向き不向きっていうのはありますから、そこは、いろんなペアを試してもらい、見つけていただきたいと思います。

…試すといっても、資金がなければもちろんできません。

でもOANDAであれば1通貨から取引が可能となっていますので、少額の資金で始めて頂くことができます。

― 全通貨ペアで1通貨からの取引が可能ということですか?

森本氏:はい、全てできます。
通貨ペアによる制限もなしです。

通貨ペアの多さに驚く方もいますが、通貨ペアにも今スワップが良いもの、今動きがあるものといったように『旬』があります。
OANDAであれば、数多くの通貨ペアを見比べていただくことによって、その旬=チャンスを多く見つけていただけるかもしれません。

初心者だから気を付けるべきこと、そして触れてほしいMT4


― 初心者の方が気を付けるべき点があるとしたら… について教えて下さい。

森本氏:そうですね。何かニュースや発表がある際は気を付けていただく必要があると思います。例えば、日本のGDPの発表がありますとか、アメリカの雇用統計の発表がありますという時は、通常以上にレートが上下に動く時があって、その時間帯は、初心者の方は避けていただいた方がいい場合もあります。

その時間帯はスプレッドも当然広くなりますし、値動きもものすごく速くなるので、そういう時をなるべく避けて、発表が特にない普通の時間帯に、取引に慣れてもらう方がいいかもしれません。

またOANDAではPCのほかにもスマホ、タブレットでも取引ができますから、情報や値動きをこまめにチェックしていただけます。

― OANDAでは口座開設は何日ほどかかりますか?

森本氏:最短で1日あれば開設可能となっております。

開設の際には、本人確認書類とマイナンバーのご提出が必要となっておりますので、忘れずによろしくお願い致します。

― 森本さん、FX口座選びに悩まれている方に一言頂けますか?

森本氏:とりあえず始めてみたいという方にも、OANDAであれば1通貨から取引できるので、資金面でのハードルというのはすごく低いと思います。
極端な話、1ドル分だけドル円を取引しようとしたら、数円程度のご資金で取引が出来てしまいます。たとえそれがゼロになってしまっても痛手は少ないのではないでしょうか。

それによって取引に慣れてもらうというのもFXがより身近になる方法のひとつだと思います。

あとはMT4という言葉を聞いて、自動売買に興味がある方もいらっしゃいますから、是非OANDAで取引していただければと思います。

― あの… MT4って初心者の方にとって操作が難しそうなイメージがあるんですが。

森本氏:確かに、自動売買をするために必要なEAを自分で作るとなると、難しいと感じるかもしれません。でも実は他の取引ツールと同じようにご自身の操作で売り買いできますし、またEAを販売している業者がありますから、そこで購入されて使ってもらえればいいと思います。

EAの基本的な設定については、カスタマーサービスのほうで簡単な説明も出来ますから、まずはやってみて頂きたいです。

ちなみにカスタマーセンターセンターは平日の8時から20時まで利用できます。

あとは実際の取引前にデモ口座もありますので、デモ取引で取引や操作方法を実感してもらいたいですね。

MT4以外にも自動売買ができるツールはありますが、ツールによっては何か大きなイベントが起きて、自分にとって良くない方向に動いた時に、手動で決済をできないというものもあります。その点、MT4は、EAで持ったポジションであっても、ご自身の判断で決済することもできますし、そういう点は使いやすいと思います。

取材中の『大事』なこぼれ話


― 国内のFX会社と外資系のFX会社の違いとはどんなところでしょうか?

森本氏:先ほども触れた、通貨ペアの多さがあげられます。

一方、取引ツールに関しては、国内会社のツールの方が使いやすいと感じる場合があるかもしれません。

しかし外資系の場合は、世界中にお客様を持ち、世界各国の方々が利用していますから、様々な地域や国の方に受け入れられやすいシンプルな作りになっているかと思います。
あと、口座の選び方について少しお話しさせてください。

― はい、是非!

森本氏:何度も繰り返しになってしまいますが、最近はFX会社を選ぶ基準として、『スプレッド』と『キャッシュバックキャンペーン』を見ている方が多いかと思います。

CMや雑誌、ネット広告等々では、それらに関するランキング欄があって、それを見て会社を選んでいる傾向があります。
でもよくよく考えてみたら、今は例えばドル円で0.1銭ぐらいの差で競争しています。
0.1銭というと1億円に対して1,000円になります。
市場で0.1銭分価格が動くスピードは、本当に一瞬です。

約定力が低い会社で取引すると、0.1銭以上の機会損失をすることにつながります。当然、上がるか下がるかわかりませんから、必ずしも損をする場合だけではなく、得をする場合もあります。
その機会損失を少なくするためには約定力の高い会社を選んでいただきたいです。

その約定力ですが、FX会社によっては注文を受けたのち、一旦インターバンクのレートを見に行って、約定してもいいという判断をしてからお客さんに返すというルートを取っているところがあります。

お客様⇒会社⇒銀行というルートですね。
弊社の場合は、NDD、ノンディーリングディスクの略ですが、お客様からOANDAに注文が来たらすぐ約定を返す、インターバンクのレートを見に行くのは二の次にして、とりあえず注文来たら、まずその約定を返すことを優先しております。

― 間にものが入ってないっていうことですよね。

森本氏:だからこそ、素早くお客様の取引したいレートで出来るようになっております。
この時間の差と滑りが少ない約定レートの差は小さいようで積み重なると大きい差となります。 しかもOANDAは約定率100%です。

今後も約定力をさらに強化するように考えていて、注文を受けてから約定するまでのスピードは0.057秒ですけれども、それをさらに縮めていくよう努めています。

― 口座選びはスプレッドやキャンペーンだけで選ばない、長い目で見ても約定力が大事ということですね。

OANDAは初心者から始まり、上級者になっても長く利用できる口座であり、通貨ペアの多さ、シンプルな取引ツールと外資系だからこその強みを持ったFX会社でした。
約定力の高さ、その大切さを今一度、確認して選んで頂きたい口座です!

FX口座は『約定力』で選んでこそ、トータルに差が出る!

スプレッドでもキャンペーンでもない『約定力こそがFX取引のキーになる』ということが分かっている方に、こんなも違うのかと知りたい方におすすめの約定率100%のFX口座。

通貨ペアは多いのに、取引ツールはシンプルと初心者から上級者までいろんな視点からFX取引ができるのも魅力的だ。

進化を止めることなく常に上を向く姿勢こそが、多くの方に選ばれている理由でもあるだろう。

自動売買は自分に合わなかったという方はMT4&カスタマーセンターの両使いで取引をはじめてみよう!

sample

OANDA JAPAN
森本 逸史氏

森本氏に聞きました! 注目の通貨ペアは?

オージーキウイという、オーストラリアドルとNZドルのペアがあります。
オセアニアの隣同士の国の通貨ペアで、両方金利が日本と比べて高い通貨ですので、豪ドル円、NZドル円でお取引される方は多いと思いますが、オージーキウイはその両国の力関係や金利動向で動くところが面白という方もいらっしゃいます。
あとは、ポンド円もお勧めです。スプレッドは広い通貨ですけども、1日の動きが結構あります。

オージーキウなどは取り扱っている通貨ペアが多い会社でないと取引できません。また、取引に当たっては十分な情報収集やチャートを見ることをお勧めします。

弊社は取引に役立つ情報発信も行っていますので、こまめにチェックしてみて下さい。

インタビューを終えて

自社のメリットとデメリットをお話下さったうえで、これから改善と進化を進めていると語られた森本さん。会社を思う気持ち、お客様を思う気持ちが伝わってきて素敵な取材時間でした。言われるフレーズがどれもカッコよかったです! 本当にありがとうございました!

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧