FX口座の代表格! 外為オンラインが選ばれている理由を調査!

FX口座ランキングで必ずお目にかかる外為オンライン。みんなが選んでいるからこそ、好評のひつみがある…。その理由に迫りました。

知名度があっても初心者が使いこなせるシステムを提供

― 外為オンラインと聞けば、FXを知る方以外にも知られているほどです。
常にランキング入りを果たしている、その口座の魅力について教えて下さい。

栗谷川氏:そうですね。魅力というふうに捉えられてるかどうかわからないのですが、我々は、基本的には初心者向けの『お客様にできる限りわかりやすくFXを提供しよう』というところを心掛けております。

各社いろんなお取引システムとかあると思いますが、できる限り「ここをクリックすればいいのかな」とか、直感的に取引ができるようにしています。





わざわざ操作マニュアルを見なくても、直感的にお取引ができて、お問い合わせもしないように、お客様の手を煩わせないようにするっていうようなかたちを心掛けてるんです。
そこが当社の特長でもあります。

― マニュアルを見なくても操作できる取引システムは初心者にとって嬉しいところですね。

栗谷川氏:FXを始めたときはとくに、取引画面を上手に扱えるまでが大変と思う方も多いと思うんです。

自分に合ったものを見つけたいとデモトレードを色々とやってみたけれど、複雑すぎてやっぱりFXは自分には向いていないかも… と落ち込んでしまったり。

当社は「どこをクリックすれば良いんだろう」みたいなことはなく、お客様にできるだけストレスを与えないようにとしています。

あとは、情報コンテンツも充実させています。初めてのお客様でも安心して取引ができるような環境を整えていますね。

― その初心者でも扱えるというところで選ばれているのが、iサイクルという注文方法ではないでしょうか? iサイクル注文のことも教えてほしいです。

栗谷川氏:iサイクル注文は、ひと言で言いますと、最初に設定さえしてしまえば、あとは勝手にシステムが取引を繰り返していきますよという注文方法です。

最初にFX始められたお客様の多くが、売り買いのタイミングが掴めない、分からないのではないでしょうか。

また損が出たときも当然そうなんですけど、利益が出たときに、どこでそれを手終いするかというタイミングもそうですよね。

そこでもう取引を終了して利益を確定させるタイミングって言うんでしょうか。
「もうちょっと伸びそうだな」とか、例えば今10,000円が利益出てて、「もうちょっと、15,000円ぐらいまでいきそうだな」とか、きっと思うと思うんですけど、そういうときに、やっぱり「ああ、そこで決済しておけばよかった」っていうふうになるときもあると思うんですよね。

そういうのを、もう全部システムが勝手に決済して、また注文、発注して、また勝手に決済してっていうのを行なってくれます。

そういう、どこで決済していいかわからないっていうお客様向けに、「あとはこっちが勝手にやりますよ」という特長を持っているいるのがiサイクルなんです。






画像元/https://www.gaitameonline.com/icycle/

― タイミングを逃さないというのは、自身の感情のコントロールできない方にはピッタリですね。栗谷川さん、これは初心者の方でも簡単に、設定の入力できるものなんですか?

栗谷川氏:そうですね。iサイクル注文は全部で注文の出し方が3種類あります。

1番オーソドックスな注文の出し方が、ボラティリティ方式と言いまして、名前だけ聞くとすごい難しそうだなっていう感じですが、理解をすれば簡単です。

最初はお客様に、例えば、現在レートからもし買いで注文入っていく場合は、現在レートからどのぐらい下まで買って行きたいかっていう、この幅を例えば1円とか3円とか5円とか決めていただいて、あとは、iサイクル注文を運用するのにいくらお金を使う、その対象資産ですね。お金を決めていただく。

そこだけ決めていただければ、あとはもうシステムが勝手に計算して、どれぐらい注文を発注してとか、これぐらい利益が出たら決済するようにとかいうのを、あとはもう全部やってくれます。

そこだけ決めていただいたら、もうあとは注文、発注するだけとなりますね。


画像元/https://www.gaitameonline.com/icycle/

iサイクルは1個から注文ができ、通貨ペアも24種類あります。
ただ少ないロッドは避けて、ロッドが大きいほど利益のチャンスが大きくなることを考えておくと良いと思います。

― 通貨ペアの選び方といいますか、初めてFX取引をする方に向けてアドバイスはありませんか?

栗谷川氏: 当社は約7割ぐらいのお客様がドル/円で取引してまして。

あと、オーストラリアドル/円と、ポンド/円。あと、ユーロ/円とユーロ/ドルとこれで約95%ぐらい占めてるんですね。

残りの5%で19通貨ペアっていうかたちになりますが、あくまでも一般的なお話をすると。これからお取引始めようっていうときに、じゃあどの通貨ペアで取引すればいいのかって悩まれるところだと思うんですね。

一般的には人と同じ通貨ぺアをやったほうがいいと思います。

なぜかと言うと、いわゆるメジャー通貨というものは、それだけ情報が入ってくるんですよね。テレビや新聞といったニュースでも知ることができます。急に例えばドル/円のレートが動き出したとき、なんで動き出したのかなってなると、大体どこかでニュースがちゃんと入ってきて、その背景がわかるようになっていますので。

しかしそのほかの、マイナー通貨になってくると、なかなか情報が入って来ないので、そうするとレートが動いてる理由もわからないのに取引できるかっていうと、裸で戦場に行くようなものとなり、相手の情報もわからないのに敵地に乗り込んで行ってっていうような感じになっていまします。

だったら、情報がある通貨ペアだったほうがいいのかなと思いますね。
なので、ドル/円を筆頭に先ほどの5つをメインとした方がよいでしょう。

当社の最低取引単位は10,000通貨のコースと1,000通貨のコースがあり、10,000通貨のコースだと、やっぱりドル/円買うのに約40,000円ちょっとは必要になってきますが、1,000通貨だったらその10分の1。4,000円ちょっとぐらいでお取引ができます。

一応、その前に無料のデモ口座もご用意していますから、順番的にはまず無料のデモ口座で1回ちょっと練習してみて、本番口座で、まずはミニでやってみてとか。で、慣れてきたら10,000通貨のコースにするとかっていう、ステップアップをしていくのもいいんじゃないかなってところですかね。

あとは注文の種類のひとつに『オフセット注文』というものもあります。

こちらはまたちょっと別物になりまして、通常、FXの取引をするには、いろんな通貨ペア、ドル/円とかユーロ/円とか通貨ペアを選んで、その通貨ぺアをお取引するのに必要なお金があり取引をします。

本来、通常のFX取引だけになれば、その必要なお金があればお取引できるんですが、オフセット注文の場合は、本来必要なお金プラス、オプション料っていうのをお客様に支払っていただいて、そのオプション料を支払っていただければ、そのあとお客様の思惑とは反対に相場が動いた場合でも、一切損は出ませんよっていう注文となります。




画像元/https://www.gaitameonline.com/offset/

― iサイクルもオフセット注文も初心者であっても使いこなせそうな注文方法ですね。

栗谷川氏:FX取引で1番怖いのは、目幅制限がないっていうことなんですよね。

もう1日これ以上動きませんよっていう目幅制限がありませんから、引き際が大事なんです。

極端な話すると、今、ドル/円は大体100円ぐらいですが、明日の朝起きたら50円になったりとか、200円になっちゃうとかっていう可能性も0ではありません。
反対方向に行っちゃったときには一気にマイナスが膨らんでしまいます。

やっぱり、為替レートは土日以外はほぼ24時間ずっと動いてますので。お客様が寝てる間とかもずっと動いてるわけですから、お取引をスタートした瞬間にリスクが発生するということを忘れてほしくはないですね。

例えばオプション料が10,000円であれば、もう10,000円の損はもう決めておこう。そのあと、2円、3円、5円レート下がろうが一切もう損は出ませんので。そこでもう損失額を限定しちゃうっていうところがオフセット注文の特長ですから、逆に初心者のお客様は、いきなり始めて、変なタイミングで相場が暴落とかしちゃって、始めたばっかりでいきなり大損しちゃったとか。そういう変なタイミングになっちゃうときもあると思いますから、そういうのを、オフセット注文であれば、もう最初にそのマイナスだけは決められます。それ以外は一切損は出ないので。

あとは利益がずっと上がっていけば、その利益はずっと追求できす。なので、初心者の方は逆にオフセット注文から始めて見るのも良いかなとは思いますね。

― 外為オンラインで口座を作れば、通常のFX注文、iサイクル注文、オフセット注文といろんな取引ができるんですね。
初心者、FX取引をしている中級者、大きな取引をしている上級者と自分のレベルに合わせていけるという魅力があるんですね。

栗谷川さん、レベル問わず、FX取引で注意すべき点があれば教えて下さい。

栗谷川氏:損切りをする勇気を持つということでしょうか。
どうしても、人間の心理的に受け入れられないものがあります。
「もうちょっと待てば上がってくるんじゃないかな」とか、「今マイナス5,000円ですけど、3,000円ぐらいまでいったら決済しよう」とかっていうふうに考えるのが、やっぱり誰もが常なので。

やはりぶれちゃいけないのは、自分の中で取引ルールみたいなのをちゃんと決めるってことですよね。

例えば、マイナス10,000円までいっちゃったら決済するように決めるとかです。
あとは、金額じゃないとしても、例えばお取引スタートして、相場が反対方向に行っちゃったときに例えば、今日火曜日なので、先週1週間の値動きとかを確認してみて、先週1週間の高値がここで、安値がここというように分析をして、今週取引スタートして、その安値を下回っちゃったらもう切るようにするとかルールを決めて、それを守ることが大事です。

何かしら自分の取引ルールみたいなものをちゃんと持ってないと、「塩漬け」という、ずっと決済できないで、そのポジションを決済しないと次の取引にも行けないっていうような状態になってしまいますから、注意していただきたいです。

セミナーにも力を入れ、利用者がより快適に取引ができる環境を提供したい

― 直感的に使えるシステム、分かりやすい注文方法… 外為オンラインが選ばれている理由はそれだけではないと思うんですがどうでしょう?

栗谷川氏:当社はウェブセミナーではなくて、お客様と顔を合わせて行なうセミナーに力を入れています。

セミナーはほぼ毎日していますね。

去年の7月から全国セミナーを展開させていただいて、いろんなところに足を運んでおります。もちろんお客様のいろんな意見を聞きながら。

― セミナーというのは使い方と言いますか、iサイクルのやり方や設定の仕方などを教えているものになりますか?

栗谷川氏:そうですね。一応全部で4段階ありまして。1番最初が本当に初心者向けの「FXとは」というところから入り、それが終わったら、今度は注文の種類ですね。あとは、ロスカットの話とかもしています。

そして基本的なことが終了しましたら、今度は初心者向けの投資戦略になります。
どういう通貨ペアを選べばいいのかとか、どうなったら損切りしたほうがいいのかとか。買いと売りどっちでいったほうがいいのかとか。そういうところをお話させていただいて。最後に、iサイクルとオフセットと。当社のオリジナル注文のところのセミナーになっております。

セミナーで学べることも多いですが、当社は情報コンテンツも口座をお持ちのお客様がご覧いただけるニュース配信は3つの会社から提供受けてますので勉強にもなりますし、流れもつかみやすくなっています。

当社の会員のお客様じゃなくても、ホームページさえ見ていただければ、ご覧いただける当社、アナリストの佐藤のレポートを毎日読むことができるようになっていますね。

あとは「兵ブログ」といって、FXに関するブログを書いてる人たちと今9名いらっしゃいます。

その9名の方々がまた同じように持ち回りでレポートを書いていただいていますし、今週1週間のドル/円の値動きっていうのを予想していただいております。毎週月曜日に、値動きっていっても、いくらまでとかではなくて。今週1週間、円高ドル安になるのか、円安ドル高になるのかっていう、9名の方に投票してもらっています。こちらも情報のひとつとして参考にしていただきたいですね。

外為オンラインは使いやすい注文システムと内容と回数が豊富なセミナーで、多くの方から選ばれていた!

人気口座としてランクインしている外為オンラインは総合力が◎!

初心者でも扱える注文システムに、レベルや価値観に合わせられる注文の種類、そして直感的に使える取引画面、無料の充実したセミナーと初めてでも入門として使いやすく、レベルが上がっていっても末永く付き合えるのが魅力!

情報コンテンツも様々な視点から見ることができ、多くのアナリストの意見も聞ける。学びとしてもともに歩んでいけるFX口座、それが外為オンラインでした。

sample

株式会社 外為オンライン
栗谷川 修平氏

栗谷川氏に聞いたFX口座選びの重要ポイントとは?

本当に初めてFX取引をするのであれば、マニュアルを見なくてもすぐに使える、自分が使いやすい取引画面や注文の種類があるところが良いのではないでしょうか。

また使い方はもちろん、戦略などの話を直接聞けるところというのは心強いと思います。最初は誰でも不安になりますので。

近年はスプレッドの狭さに注目が集まりますが、使い方や戦略ができていないとコストもかかりますから、使いやすくて安心できるところを選んでいただくのがポイントです。

インタビューを終えて

栗谷川さんご自身もセミナー講師として参加されているとのことで、とても分かりやすく魅力について語っていただけました。貴重なお時間のなか、多くのことを教えて下さって、本当にありがとうございました。

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧