1. HOME
  2.  >  FX初心者のやり方
  3.  >  FXの取引方法と始め方
  4.  > FXで勝つための資金管理法

FXで勝つための資金管理法

資金を減らさずにFX取引をするにあたり、どんな対策を練っていますか。
特になにも対策を考えていない方がいるならば要注意です。

資金を減らさない為に大事なことは、
“1回のトレードで自分はどこまでの損失を許せるのか”というところです。
そして1回のトレードで失う損失をできるだけ一定にすることです。
一般的には資金の-2%を損失を許容範囲としているトレーダーが多いようです。
なぜ-2%かというと、
仮に10回連続で負けてしまってもトレードを続けられるだけの資金が残るからです。
これであればプレッシャーも少なく冷静な判断もしやすいといえます。

この「資金の○%」という形の損切りルールであれば
資金が10万円なら−2000円で損切り、100万円なら−2万円で損切りというように、
資金量に応じて一定の割合で損失を許容していく事が出来ます。

ただし注意してほしいのは、
損切りしたくないからと資金の10%以上で損切りルールを決める事です。
これをしてしまうと当然予想が外れればすぐに資金がなくなってしまいますし、
投資というよりギャンブルに近い運用になってしまいます。

FXをする上で勝った時だけではなく、負けたときどこで止めるか決めておければ、
資金を守りながら長期的に利益を増やしていけるかが決まります。
自分の資金に応じた許容できる損失額をしっかりと把握しておきましょう。

ロスカット回避の為のポジション調整

資金を減らさない取引方法として、
ロット数を常に1lotでトレードする、常に5lotでトレードする、という方がいます。

実はこの方法、資金管理には向いていない対策です。
なぜなら、ロッド数を固定してしまうと
損失のコントロールができないからです。


ロッド数やポジションを固定するというよりも、
"損切りまでの幅に応じてロット数を変更する"
というのがFXの資金管理には大切なことです。

この方法で資金管理を行なうことで、
資金が増えればロッド数が多くなり、資金が減ればロッド数が少なくなることになり、
損切りをした場合であっても、リスクとリターンが安定してきます。

最初は小さなトレードから

何の対策もなく資金を使ってしまっては、
ただお金を減らしていくだけになってしまいますから
FX取引でプラスを出せていない方、これから始める方は、
まずはロッド数を少なくしてみましょう。

ロッド数を少なくするということは、 それだけリスクもリターンも少なくなりますので、
物足りなさはあると思います。

でも、この取引方法で少ないリスクとリターンを繰り返しているうちに、
知識と経験は必ず上積みされ、
自分なりに勝てる法則のようなコツが分かってくるかと思います。
例えばトレンドを見極めて順張りできるようになったり、
テクニカル指標を使っての根拠のある投資もできるようになると思います。
その中で少なくてもコツコツ資金を大きくしていく事を目指しましょう。

資金が大きくなれば、今まで我慢してきていたローリスク、ローリターンをやめ、
資金に見合ったロッド数に増やせば良いのです。


今は我慢のときと思い、知識や経験を蓄えていきましょう。
ここだと思ったときに、勝負に出れるように、 資金を大切に使うことを忘れずに。

FX会社によっては外為オンラインのように
1000通貨(0.1ロッド)から取引可能なFX口座もありますので、
自分が使っているFX会社が1万通貨からになっている場合は、
ここで一度見直してみるのもいいでしょう。

このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧