1. HOME
  2.  >  FX初心者のやり方
  3.  >  FXの取引方法と始め方
  4.  > 超重要!マイ取引ルールの作り方

超重要!マイ取引ルールの作り方

ルールは必ず自分で作るもの!

FXをする上でまず初心者が悩みやすいのが
「マイ取引ルール」を決める事ではないでしょうか。
取引ルールの決め方を紹介する前に、
なぜ初心者のうちから自分できめなくてはいけないのか、その理由をご説明します。

FXを始めるきっかけによく、
「知りあいが始めて、稼いでいると聞いた」というニュアンスの言葉を聞きます。

そう聞いて始める方の多くは、FXで成功している知人の方に
「どうやって資金を増やしたのか」 「どうやればリスクを減らせるか」など
あれこれ聞いてしまうことかと思います。
実はこの行動、 知識を高めるための方法として間違いでもありませんが、
FXで稼ぐ方法としては半分、間違いに近いところもあります。

それは成功している知人の方とあなたとでは性格、メンタル、資金量も違えば、
知人の方の取引したタイミングをそっくり真似ることはできないからです。

あくまでFXで勝っている方は、
自分の性格、資金、生活サイクルに合った取引スタイルを見つけ、
適切な売買のタイミングを掴んでいるからということも忘れないようにしましょう。

またFXで勝っている方が、そのやり方を正直に教えてくれたと思っていても、
その方を自分と置き換えた場合、あなたは素直に教えてあげれるでしょうか。

この人にもFXで成功してほしいと思う反面、
「もし教えた方法で大損してしまったら責任が取れない」と思うかもしれません。
それに、 苦労してやっと見つけた取引方法を
簡単に教えるのもあまり気が進まないかと思います。

他人に頼らず、自分でルールを作ることを前提に考えておけば、
他人を責めることもなく、疑うこともなく、自分の頭で考えて投資をした方が、
絶対に自分のためになることかと思いますので、
他人の話は聞く耳半分に留めておいた方が無難です。

とはいえ、参考例が知りたい…

取引ルール決めを他人の話を半分とするのはいいとしても、
FXを始める以上、しっかり自分で決めておかなければなりません。

でもいざルールを決めようとしても、 参考例がないとなかなか決められないものです。
そこでここではルール作りの参考例をあげて紹介します。

-- 資金と考え --

・スイングトレードで資金30万円、リスクをできるだけ抑えたい
・学びながら長期的にゆったりとトレードしていきたい


-- この場合の基本ルール --

@とにかく無茶をしないことを前提に、月に資金の20%程度の収益目標。
Aレバレッジは5倍以下を基本とし、一時的に増やしても10倍まで。
  損切り幅は資金の-3%で設定する。リスク回避を最優先に考える。
B基本は成行か指値で順張り。逆指値注文の同時発注も
徹底。
C運用収益は半年ごとに投資元本に繰り入れる。それまでは使用しない。


このなかでも特に重要なのが@とAです。
『精神的な余裕』を確保しておくことは、FXには欠かせないルールのひとつです。
ここはきっちり押さえるようにしておきましょう。

これを参考にして、
短期でマメにトレードしていきたいのか長期でゆったりトレードしたいのか、
または金利メインで収益を得ていきたいのか等、おおまかな方針を考えてみましょう。

それによって基本のトレードスタイル(デイトレード、スイングトレード等)が決まると思います。
トレードスタイルが決まったら 損切りのラインを決めてリスク対策を考えましょう。
始めから「○円含み損したら損切り」と決めるより、
「資金のマイナス○%で損切り」という決め方が一般的です。
収益目標は設定すると難しい取引に手を出してしまう事もあるので、
始めのうちはあえて作らなくてもいいかもしれません。
あくまでも『精神的な余裕』が確保できるようにする事をお忘れなく。

ここまで決まれば順張りなのか逆張りなのか、
レバレッジは何倍なのかもスムーズに決まると思います。
こういった流れで自分だけのマイ取引ルールを作ってみましょう。

「毎回勝つ」ではなく「トータルで勝つ」を目標にしたルール作り

人は心理的に「利益を得る喜び」よりも「損失のショック(恐怖)」の方が大きいと言います。
「FXに毎回勝とう」とすると、必然的に損切りするまでの値幅が大きくなり
"損大利小"になる確率が上がってしまいます。

例えば、FXを始めた方に二通りの決意があったとします。
ひとつは「取引ごとに利益を出したい」
そしてふたつめは「トータルでプラスにしておきたい」

一見、言い回しが違うだけで同じ内容に聞こえますが、
「取引ごとに利益を出したい」は毎回の取引で無理やりプラスを狙うわけなので、
トータルはもちろんプラスとなります。
それができればベストですが、どんな優秀なトレーダーでも勝率100%はありえません。
これは勝ちを意識しすぎて"損大利小"になる典型的な考え方と言えます。

それにくらべ「トータルでプラスにしておきたい」は、
利益が出る日もあれば、損失が確定する日もあります。
ただトータルで見ると「プラス」になっていると言うことになります。

つまり勝率が高くて収益率が悪いトレードよりも、
勝率が低くて収益率が良いトレードの方が、継続的に勝てる可能性は高いです。
極端な話10回トレードして1勝9敗でも勝つことだってできるという事です。
これが相場の法則を利用した“勝つ鉄則”です。

「毎回勝つ」と力むルールよりも、 「トータルで勝つ」を目標にしたルールを作ることで、
勝率を上げていきましょう。

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧