1. HOME
  2.  >  FX初心者のやり方
  3.  >  FXの基礎知識
  4.  > やってはいけないナンピン買い・塩漬けとは

やってはいけないナンピン買い・塩漬けとは

損失を減らすことができる「ナンピン」

FXではFX初心者がやってはいけないと言われている、ふたつの取引手法があります。
それが「ナンピン買い」と「塩漬け」です。

これは専門用語になっていますので、 わかりやすいように説明していきます。
まずは「ナンピン買い」から学んでいきましょう。

ナンピン買いとは、保持している通貨が値下がりしてしまい、損失を出しているときに、
値下がってしまっている値で通貨を追加で購入することで、
平均購入価格を下げる取引手法のことです。

例えば、1ドル100円時にその通貨を1万ドル購入したものの、
予想が外れて1ドル90円に下がってしまったとします。
そこで90円でもう1万ドル買って、総ポジションを2万ドルにし、
平均購入価格を95円にするということです。

その方法はいけるかもしれない!
損失を減らすことができるかも!


と、ここで思ってしまうところですが、 よく考えてみてください。

万が一値が戻れば有効な手法ではありますが、
戻らない場合やさらに値を下げてしまった場合はポジションを2倍の損失を被ることに
なってしまいます。ましてや初心者の方であればなおのこと、
よい手法だと思いがちですが、利用する場合はその場を切り抜ける知恵や知識、
経験が必要であり簡単にはいきません。

FXに慣れるまでは、ナンピン買いでリスクを大きくせず、
切り替える気持ちを持って損切りし、新たなポジションを持った方が
良い結果が出やすいと言えます。

初心者のうちはなるべく手を出さないようにしておきましょう。

利益が出るまでひたすら待つ「塩漬け」

次に初心者がやってはいけない手法のふたつめ「塩漬け」について説明していきます。

塩漬けとは、簡単に言うとポジションの損失を確定せずに、
利益が出るまで放っておく取引手法です。

為替レートの予測経験がまだ浅い初心者にとっては、
「いずれまた上がるだろう」と考えてしまい、保持してしまうところですが、
確かに運よく相場が上向きになれば利益はできますが、
相場がなかなかもどらなかった場合、損切りをするか待つのかの
二通りしか選択肢は残りません。

万が一相場が戻らず、どんどん下がってしまった場合、
そこに待っているのは立ち直れないほどの大損になってしまいます
から
早めに決済をしておきましょう。

ただ、目的がスワップ金利だった場合は、
この塩漬けによりスワップ金利がプラスになるならば、保持し続けても問題はありません。
明らかに失敗している、損をしていると分かったときには、
損切りラインの決定や損切り注文を見直して、早めに対処していきましょう。

なぜ多くの方が塩漬け・ナンピンをするのか

「ナンピン買い」や「塩漬け」は大きなリスクを背負う手法です。

それでありながら、なかにはこの手法を使えば負けることがない、
失敗しないかもしれないからというニュアンスを与える情報も多く出回っています。

確かにこのようなニュアンスの情報を見てしまったら、 余裕資金がなくなり焦った方は、
たちまち手法を取り入れたりしてしまうことでしょう。

でもここでも一呼吸してみてください。
ナンピンや塩漬けは最初から大きなリスクと隣合わせというより、
資金が増えてきた数カ月語から2年ほどかけてリスクをどんどん高めてしまう手法です。

そのため、リスクが大きくなっていることに気付けないでいる初心者も多いのも事実です。
損失を膨らませてしまってからでは、
遅いので気付いたら早めに損失を確定してしまうことが重要です。

初心者という括りで情報を集めて、間違った知識を入れないように注意しておきましょう。

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧