1. HOME
  2.  >  FX初心者のやり方
  3.  >  FXの基礎知識
  4.  > ロスカットとは

ロスカットとは

強制ロスカットってなに?

FXには「レバレッジ」をかけて大きな取引ができるという魅力がある半面、 相場が急に動き出したときに大きな損失を抱えるリスクもあります。

「だからFXは怖い」

と思ってしまうのですが、 実はFXにはこういった場合に、一定の水準以下に資金がなくなった時点で強制的に決済してしまう「強制ロスカット」というルールがあります。
言い方を変えれば、FXで資金がゼロになることはありません。
例えば、10万円の証拠金で100万円分の通貨を保有しているとします。
そこで相場が下がり100万円が97万円になってしまいました。
FX業者は証拠金10万円から3万円を損失として回収します。
この場合は損失が証拠金の10万円以内なので損失はありますが、ロスカットは行なわれません。しかし90万円以下になると証拠金は10万円しかないので、全ての証拠金を回収しても損失をまかなえなくなってしまいます。
そんなときに行なわれるのが強制ロスカットです。

損切りとは違うの?

まず「損切り」とは為替差損が出てしまっている取引をそこで終了させるため、 あえて損失を確定させしまうことを言います。
<強制ロスカットと損切りの違い>
■強制ロスカット=「業者」がきめた水準を下回ると強制的に発動
■損切り=1注文ごとに「自分」で決められる逆指値注文のこと
強制ロスカットは業者側で行なわれる損失確定で、 損切りは自分で損失確定を決める手段となっています。

強制ロスカットは最後の砦

FXはロスカットがあるから資金がゼロになることはない。
それは確かにそうですが、 資金100万円がロスカットに合い30万円に減ってしまったときのことを考えてみてください。
自分の意志ではなく、業者によって決済されて損を被るよりも、 その前に、自分で値切りをしてある程度、納得したほうがモチベーションが違うと思いませんか。
また強制ロスカットを受けた場合、最悪強制退場ということもありますから、 ひとつの勉強としてロスカットを経験してもいいのでは? という甘い考えはやめておきましょう。
FXは常に予想が必要となり、利益もあれば損もある金融商品です。
予想が外れたときのリスク対策は事前にしっかりとしておきましょう。
<リスク管理>
目視で損切>損切り注文>強制ロスカット
の3段構えを取り、強制ロスカットの前に自分で損切りをして対応することが資金を守り、次への意気込みに繋がります。
強制ロスカットはあくまで「いざというときの安全装置」だと言うことを忘れずに。

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧