1. HOME
  2.  >  FX初心者のやり方
  3.  >  FXの基礎知識
  4.  > スワップとは

スワップとは


まずスワップ運用って何?

FXは取引が難しそう。

でも、金利を狙ってコツコツ資金を増やしていきたいと思った方は、
ズバリ「スワップ金利」をメインとした投資法がおすすめです。

スワップ金利というのは簡単に言うと、
金利の低い通貨で金利の高い通貨を購入したときにつく差額の金利になっています。

例えば、金利の低い日本円でオーストラリアドル(豪ドル/日本円)を
1万ドル買ったときにつく金利が、2.4%だったとします。
そのときにつくスワップ金利は
1日約60円、1年間で約2万円を受け取れるということになります。
何もしなくても通貨を持っているだけで毎日金利が貰えます。

スワップ金利は金利の低い通貨で金利の高い通貨を買うことで生じる利益なので、
金利の低い日本円の金利が、金利の高いオーストラリアドルの金利を
超えるまで発生し続けるのです。

ゼロ金利に近い円が豪ドルを金利で上回る可能性は低いでしょう。

この金利差を狙って投資をすれば、少ない取引回数で、
少しずつではあるもののスワップ金利で利益を増やすことができます。

貰えることもあれば払うこともある!

ここで『スワップ金利を狙えば、本当に毎日利益が出るのかな?』
思った方もいるこでしょう。

実は前章ですでに、スワップ金利で利益を出す方法を紹介してしまっています…。

“スワップ金利は金利の低い通貨で金利の高い通貨を買うことで生じる利益なので、
金利の低い日本円の金利が、金利の高いオーストラリアドルの金利を
超えるまで発生し続けるのです。"


スワップ金利で稼ぐなら、ここがキーポイントになります!

日本円の金利は2008年から0.1%をずっとキープしています。
つまり、低金利の日本円を絡めた通貨ペアを選ぶことで、
スワップ金利はいつでもプラスにすることができるのです!

…ただ、ここで注意して頂きたいこともあります。
例えば日本円で豪ドルを買った場合は持っている間は、
スワップ金利を受け取ることができますが、逆に豪ドルを日本円として売ってしまった場合はスワップ金利を支払わなければいけません。

そしてここも注意してもらいたいところですが、売ったといっても通貨がなくなるのではなく、
豪ドルを売って日本円を持っているということになりますので、
この場合はマイナス分を持っている期間中、ずっと支払わなければなりません。

スワップ金利がもっと付く通貨に変えようと思ったときも、慌てて売りに出すのではなく、
じっくりと戦略を立てて臨むことが大切なのです。

スワップ運用のメリット・デメリット

スワップ金利は、日本円よりも金利の高い通貨を選んでおくことで得られる利益ですが、
そのほかにも、取引回数が少ない、売買の時間をかけなくてもいい、
というメリット、レバレッジをかけることにより、
スワップ金利の大きさも×レバレッジ倍数になるという方法まであり、
ギャンブル性を望まない方にはうってつけの投資になっています。


スワップ金利のメリット

@日本円よりも高い金利の通貨を選べばプラスになる
A取引回数が少なくて済む
B売買に時間がかからない
Cレバレッジをかければ、その分スワップ金利も高くなる
Dギャンブル性がない

でもメリットもあれば、デメリットもあります。
まずは通常の売買と違ってギャンブル性がありません。

なので、スワップ金利でたった1回、たった1日で大きな利益を出すことは
期待できないのです。もし1日や数日で10万円を20万円に、
30万円を50万円にと考えているならば、スワップ金利よりも
短期トレード(売買)の方が向いています。


スワップ金利のデメリット

@ギャンブル性がないので大きな利益が出しにくい
A長期運用となる

スワップ金利はあくまで、FXにおけるリスクを軽減し、
【時間がかかっても、少しずつ資産を増やしていきたい】
【少ない取引回数で資産を運用していきたい】
という方に選んでもらいたい投資法です。

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧