1. HOME
  2.  >  FX初心者のやり方
  3.  >  FXとは
  4.  > 外国為替市場とは

外国為替市場とは


前回の“世界の外国為替市場の流れ"でお話した「外国為替市場」で、
外国為替市場は世界各国にあり、24時間動いてることを説明させて頂きましたが、
このときによくテレビで見かける取引所を思い浮かべた方も多いのではないでしょうか。

実はFXの市場というのは、外国為替を取り扱う銀行などの金融機関同士が取引を行う
インターバンク市場と呼ばれる物で、世界の3大外国為替市場の
ロンドン、ニューヨーク、東京といずれも電話線その他の通信回線、
コンピューターを通じて為替相場が建つ金融市場となり、
ブローカーや通信社のシステムによって全世界で取引が行われているのです。

つまり通信回線を使っての取引となるため、
外国為替市場は実際には存在しないということになります。

金融機関同士がインターバンク市場で取引した外貨を、
わたしたち個人投資家が金融機関を通して売買しているのがFXなのです。

インターバンク市場と対顧客市場

インターバンク市場というのは、あくまで金融機関同士が行う取引であり、
個人のFX投資家が行うのは、その銀行と投資家の取引【対顧客市場】となります。


インターバンク市場とは

銀行・金融機関間同士で取引が行われる


対顧客市場とは

銀行が直接顧客と取引をする

FX会社の口座をふたつ持ったときに分かりますが、
FXの為替レートはA社とB社で為替レートが異なる場合があります。

これは株式は証券会社を通して取引を行いますが、
株価は証券取引所より提示されますので、どこの証券会社でも同じ株価になるのに対し、FXは買いたいという投資家と売りたいという投資家がそれぞれに通貨と数量、
価格を決めた売買を行うために、レートの上下が発生し、
利用する金融機関によってもレートに差が出てくるためです。

テレビなどのメディアで聞く「円相場」は、基本的にインターバンク市場
つまりは銀行や金融機関の間で行われた取引相場のことを言い、
個人投資家と銀行の間で取引する際のレート(価格)は、この市場価格をもとにして、
各銀行が独自に決めているものになっているというわけです。

レートが安い口座とレートが安定している口座ふたつのFX口座を持って
どちらでどの外貨を売買するとより利益を上げられるのかを考えて進めていくことができる。これがFXの魅力でもあるわけです。

外国為替市場は24時間眠らない!

金融機関同士が取引を行い、金融機関を通して取引を行うFX投資家がいる
外国為替市場は、取引が全世界で行われているため、土日、祝日を除き
24時間取引が行われています。

これは日本が夜を迎えるころに、世界のどこかでは朝日が昇るという時差があるためです。月曜日の朝に始まる市場が閉まるころには、市場が開くところがある。そういったことから24時間の取引が可能となっているのです。

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧