1. HOME
  2.  >  FX初心者のやり方
  3.  >  FXとは
  4.  > 円高、円安とは

円高、円安とは

テレビのニュースで「円安」「円高」というフレーズを聞いたことはありませんか。

今までは自分には関係ないと見逃していた部分でもありますが、
FXを始めたからには、もう見逃せない大事なニュースとなっています。

FX取引をスムーズにはじめるためにも、まずはFX取引前に、
円安と円高に馴染んでいくようにしておきましょう。

円安と円高は、一度学べば、ひとつの知識として自分の身になり、
FX取引で活用することができます。

円安、円高についての知識のあるひとは次のステップへお進みください。

為替相場のしくみ

まず、円安と円高とはどんなときに使う言葉なのかを説明していきます。


円安

円安は1ドル購入するために必要な円の価値が低くなったときに使われる言葉です。

例えば、1ドル=100円と1ドル=120円のとき、
円安は1ドル=120円となり日本円を多く支払ってドルを買うことになります。

つまりはドルを買うときに、日本円を多く払うときが「円安」と言うことです。


円高

逆に円高は1ドル購入するために必要な円の価値が高くなったときに使われる言葉です。

1ドル=120円ではなく、1ドル=100円としてドルを購入できたとき、
1ドルに対し日本円を少なく支払うことになります。これを円高と言います。


簡単に考えると、円安のときはドルが高く、円高のときはドルが安いということです。

1ドル100円のときと1ドル90円のときに、アメリカで10ドルの商品を買った場合。
1ドル100円のときなら1000円で買うことになりますが、1ドル90円なら900円で買えます。
ブランド品の円高セールを見るとわかりますが、
円高のときほど海外ブランド品を安く購入できます。これが円高です。

為替レートは常に変わっていますので、10ドルの商品が昨日は800円で買えたのに、
今日は1000円もしているなんてことも普通に起こります。

円高・円安の主な原因とは

ではなぜ円安や円高が起こるのでしょうか。

分かりやすく言えば、人気のある中古車Aは高値で売買されますが、
中古車Aも人気がなくなれば価値がどんどん下がっていってしまいます。


その逆に、人気のなかった中古車Bを求めるひとが増えれば、
中古車Bは人気車種として徐々に価値があがります


当然価値があがれば、買取価格も上がるので中古車Bを売る人も増えます。
ただし売りに来るのが中古車Bばかりだと、中古車Bの買取り価格は徐々に低くなります。

これと同じことが通貨売買のなかで行われ、
毎日為替レートが動いているということになります。

つまりは需要と供給により相場が動いているということです。

米ドル/日本円は人気通貨ペアなので、レートはあまり大きく動きませんが、
安定している分扱いやすいという特長があります。

そして、南アフリカランドのように、メジャーではない通貨は
売買する投資家があまり多くはないので、レートは大きく動き、
売買のタイミングをしっかり見ておくことが大切
になります。

円安や円高が与える影響

【円安】と【円高】のときはブランドバックの購入や旅行のときの両替など、日本円と外貨が絡む取引や投資などに影響がでます。

なので、円を売って外貨を購入する、またその逆で取引をするFXにとって、円安と円高は重要なポイントとなるのは間違いありません。


円安のとき

・外貨両替=円を多く支払って外貨と交換
・外国製品=高くなる
・FX=米ドル/円の場合、円の方が高くなっている


円高のとき

・外貨両替=円を少なく支払って外貨と交換
・外国製品=安くなる
・FX=米ドル/円の場合、円の方が安くなっている



円安と円高をFXを始める前に学んでおくことで、FXの取引もスムーズに行うことができるほかにも、旅行やお買い物などでお得を得ることもできます。

FX取引でも日常生活でも買い時・売り時のチャンスを逃さないように、
円安と円高は毎日しっかりと確認しておきましょう。

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧