FX研究Lab ピックアップ

GMOクリック証券さんにインタビュー

GMOクリック証券株式会社
「GMOクリック証券」「外為オプション」

GMOクリック証券株式会社 特別インタビュー敢行!

FX研究Labスペシャルインタビュー!
GMOクリック証券株式会社 マーケティング室長、原 好史様にお話を伺いました。

GMOクリック証券が最もこだわっているところとは?

FX会社には取引ツールや取引コスト削減、サポート力などそれぞれにこだわりがある。
GMOクリック証券のこだわりはどこなのか? マーケティング室長・原さんに聞いてみました。

GMOクリック証券は“取引コストの安さ”優先のFX会社


―GMOクリック証券がFXで特にこだわっているところはどこでしょうか?

原氏:弊社はFXに加え、現物・信用、先物オプション、CFD、外為オプションなどの商品も取り扱っているネット証券会社ですが、どの商品でも業界最安値水準の手数料、取引コストでの提供に努めさせて頂いております。

お客様が取引で気になる取引コストの “安さ” にこだわっているということですね。

それは何故か? ということになるのですが、お客様の資産運用に対して、取引所であったり、店頭取引をされているお客様のために、弊社は何ができるかと考えた結果、できるだけローコスト、低コストでサービスを提供するという結論にいきつきました。なるべく取引にかかる手数料、取引コストを抑えた形でお客様が資産形成できる環境をご用意することが、お客様への一番のサポートなのではないかと、考えています。

sample―低コストでの提供を一番に考えているとのことですが、どれぐらいの差が出るのか例を上げて頂いてもいいですか?

原氏:弊社の場合、米ドル/円のスプレッドを0.3銭原則固定でご提供しています。これは、他のFX会社と比較しても最もスプレッドが狭い水準です。

スプレッドとは、売値と買値の差のことで、これが実質的には“取引コスト”となります。例えば、1万通貨単位取引した場合、スプレッドが1銭違うと、取引コストが100円変わることになります。取引数量が大きくなったり、取引回数が多くなるにつれてスプレッドの差は、より大きな取引コストの差になります。

そのため、このスプレッドをより狭くご提供することが、実質的には取引コストの安さにつながることになります。

低コストの理由は、システムにもあった!?


―低コストで提供できる理由とはなんでしょうか?

原氏:弊社の成り立ちの話にさかのぼるのですが、もともと弊社は金融情報システムの開発を行っていたメンバーを中心に立ち上げた会社です。

当時は、システムの外注に多額のコストを費やしていた他社を見て、“システムを自社で作れば、もっと安く、低コストで提供できるのに” という思いから、自社でシステムの開発、低コストでのサービス提供を実現させました。今では様々な取引ツールも自社のグループ会社で開発をして提供しています。

―自社でシステムを開発されていることで、低コストを実現されたのですね!
取引ツールはどこに重点を置いて作られてたのですか?


原氏:やはり使いやすさです。
弊社には“スピード注文”というワンクリック、またはワンタップで注文できる注文方法があります。お客様の取引環境を考えたときに、誰でも素早く、タイミングを逃さずに注文できるようにしておきたいと思うんです。それを叶えようと思いました。
そのなかのひとつとなるのが“はっちゅう君”という取引ツールです。

―はっちゅう君とはどういった取引ツールですか? 特徴を教えてください。

原氏:はっちゅう君はFX取引をしたことのある経験者もチームに加わり、開発された取引ツールになります。基本的にはシンプルな機能で、素早く発注できるように作られています。ゴテゴテとしたものではなく、操作性を重視しているものになりますね。

例えば、一般的な取引ツールの場合、改善を行うごとに機能がどんどん増えて、操作も難しく、複雑になっていくことがありますが、弊社のはっちゅう君は、お客様の声やご要望を取り入れて改善する場合においても改善前と変わらないシンプルさがあります。直感的に使えるという部分を大事にしています。

―はっちゅう君はパソコンでもスマートフォンでも、ダウンロードをして使うことはできますか?

sample原氏:はっちゅう君はパソコンの専用取引ツールとなります。スマートフォンの方はiPhone、iPad対応アプリである “i ClickFX neo” (アイクリックエフエックスネオ)、Android対応アプリの “FX roid” (エフエックスロイド)をご用意しております。

現在はスマートフォンが主流となっていますが、携帯FXアプリ(モバイル版)も3キャリアに対応しています。もともと“どこでもFX取引ができるように”と開発したアプリでしたので、携帯アプリの導入は業界でも1、2を争うほど早かったです(笑)

当時はこれからモバイルの時代が来る! と携帯電話の取引ツールを取り入れ、スマートフォンが登場したときにもいち早く、スマートフォン対応の取引ツールを導入しました
。スマートフォン対応の取引ツールは、携帯電話の取引ツールの経験を生かして、かなり作り込みをしましたね(笑)
当時も今もそうですが、スマホのスペックを生かしつつ、シンプルな操作性を追求してあります。

自社開発の取引ツールを使っているからこそ、業界最安値のスプレッドを提供することに成功! なのにそれだけではなく、取引ツールの操作性を重視した作り込みにも力を注いだからこそ、選ばれているんだと思いました。


インターネットに強いカードを目指して

低コスト、シンプルな操作性の取引ツールが特長でもありますが、そのほかにも隠れたメリットがあるはず! それはどこなのか続けて聞いてみました。

スワップ金利は今が狙い目? サポートにも自信?
マーケティング室長に直接聞いた隠れたマル秘情報


―最低取引通貨は何単位になりますか?

原氏:1万通貨になります。
初心者の方であれば、最初は小さく始めて、トレードに自信がついてきたらに取引量を増やしていくのが良いかと思います。

―GMOクリック証券では通貨ペアは何種類あるのでしょうか?また初心者におすすめの通貨ペアがありましたら、教えてください。…特長もあれば、教えてほしいです。

原氏:14通貨ペアになります。※現在は19通貨ペアとなっております。
やはり、テレビや新聞、ニュースなどで情報が掴みやすい米ドル/円が人気があり、初心者の方にも良いのではないでしょうか。情報量が多いですし、スプレッドが一番狭い0.3銭原則固定となっていますので、お取引がしやすいと思います。

また、スワップ金利派の方には、オーストラリアドル/円や南アフリカランド/円がよく選ばれています。

―FX取引で注意しなければいけないことがあれば、教えてください。

sampleロスカットですね。自己資金の管理はきちんとしておくべきと考えています。
FXは証拠金取引となりますから、レバレッジをかけると自分の資金以上の取引ができるようになります。 レバレッジを高くすればするほど、利益も大きく出ますが、損も大きく出でしまいますので、その辺は気を付けて頂きたいですね。

―注文方法は何種類ありますか?

7種類あります。
スピード注文、成行注文、指値注文、逆指値注文、IFD注文(イフダン)、OCO注文(オーシーオー)、IFDO注文(イフダンオーシーオー)とあります。

―初心者の方におすすめの注文方法はどれになりますか?

成行注文を選ばれる方も多いのですが、逆指値注文もおすすめですね。
逆指値注文は、為替レートが反対に動いたときに、損失を限定してくれますので、資金が管理しやすくなります。

―サポートについても教えて頂けますか?


電話サポートは24時間対応しています。土日はコールセンターが動いていませんので、お問い合わせのフォームを用意してあります。こちらは一旦自動返答でメール返信しておりますので、簡単なご質問であれば回答がすぐに確認できるようになっています。あとはFAQも数多く用意していますので、その辺もご確認頂けたらと思います。

実は先日ヘルプデスク協会様より“サポートポータル格付け部門”で最高評価を頂いたんですよ。 電話サポートの方は二つ星だったのですが、自動返答を含めたWEBサイトサポートの方で最高評価の三つ星を頂いたんです。来年は両方三つ星が取れるように頑張っていきます。

―お客様の年齢層はどのあたりが多いですか?

若い方も多いですが、30代から40代の方が6割を占めています。
近年はFXというフレーズが浸透し、年配の方のご利用も増えてきていますね。

―口座開設には何日かかりますか?


FX口座は最短で翌営業日に開設が完了します。都内などの近郊の方であれば翌々営業日にはお取引ができるかと思います。

狭いスプレッド、操作性以外にもサポートの部分で評価を受けているからこそ、幅広い年齢層に選ばれているFX口座だということが分かりました。それにしても、電話をかけずに自動返答してもらえるなんて、ちょっと恥ずかしがり屋の利用者には嬉しいサービスですよね。まいりました!

GMOクリック証券の外為オプションにも注目すべし!

FX口座を選んでいるときに、ふと気になるのが“外為オプション”です。
外為オプションとはどういったものなのかをしっかりと聞いてみました。メリットは? デメリットは?

外為オプションのメリットと注意点

―外為オプションについても特長を教えて頂けますか?

原氏:オプションという名が付きますので、難しく考えている方もいらっしゃるかと思うのですが、一定時間の間に選んだ目標レートが上にいくか下にいくかを予測する商品になります。為替レートが上回ると予測し、現に上回れば1枚につき1,000円(固定)のペイアウトがもらえる。予測が外れてしまった場合は、購入した金額と同じ金額が損失になるということになります。

ヒロセ通商キャンペーン

―最低いくらから買えるものなのですか?

原氏:相場により変動しますが、数十円から1,000円未満で購入することができます。

収益は予測が当たった時のペイアウト1枚につき1,000円(固定)と購入金額の差額になるということになります。一般に現在のレートと近い目標レートのオプションを購入する場合には、購入金額が1,000円に近付くためペイアウト倍率は低くなり、現在レートと離れた目標レートのオプションを購入する場合ほど高いペイアウト倍率が期待されます。
例えば、現在レートに近い目標レートのオプションを970円で購入し、予測に達した場合は、30円の利益、離れた目標レートのオプションを60円で購入し、予測に達した場合には、940円の利益になるということです。

―外為オプションの魅力とはなんでしょうか ?

原氏:
相場が動かなくても収益を狙えるチャンスがあるということでしょうか。FXの場合は、スプレッド以上に値動きがないと収益にはなりませんので。

あとはFXの場合はポジションを持って損失が大きくなったときに、なかなか決断を出せないときがありますが、外為オプションであれば、3時間後はピタッと結果が出るということですね。

―外為オプションに参加するにあたり、気を付けなければいけないことがあれば教えてください。

原氏:
sampleやはり、外為オプションについて理解をしてから始めることが大切です。
初めてでいきなりというよりも、取引を行ったことのある方やデモトレードでしっかり学んだ後が良いかと思います。
弊社のデモトレードは実践と同じレートで行えるようになっています。
画面を見て頂くと分かるのですが、すごく分かりやすい画面となっておりますので、初心者の方でも混乱せずにご利用頂けると思います。

外為オプションは口座開設前に適合テストがございまして、必ず受けて頂くようになっています。そのテストに合格をした方がお取引をすることができます。

弊社はFX口座と同時に外為オプションの口座も開設することができますので、取引が慣れてきたころに始めたいと考えている方は同時に申し込んで頂けると効率が良くスムーズです。

外為オプションは知識と理解を深め始めるのが良い金融商品とのこと。メリットとデメリットも学べたので、あとはデモトレードで経験を積んでから始めてみましょう!

スプレッドが狭い、低コスト取引はもちろん、多くの人に選ばれている独自ツールの使いやすさが光るFX口座!

独自のシステム開発などで使いやすさを追求し、低コストの取引も実現させたGMOクリック証券。
使わなければ分からない、取引高世界第1位に選ばれたコストパフォーマンスと取引ツールをぜひ体感してもらいたいと思います!

P-one FLEXYインタビュー

GMOクリック証券株式会社
マーケティング室長  原 好史様

FX口座選びで悩んでいる方へひとこと

低コストと使いやすさが弊社のコンセプトでもあり、自慢でもあります。キャッシュバックなどのキャンペーンも行っていますので、その機会にぜひ口座を開設してトータルコストの差を感じてください。

GMOクリック証券のインタビューを終えて

安かろう悪かろうという話ではなく、GMOクリック証券はコストの安さにきちんとした裏付けがあって、人気の取引ツールにサポートでも実績をあげています。そのことをひとつずつ丁寧に教えて頂きまして、本当にありがとうございました。聞いてみないと分からないことっていっぱいあるんですね!

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧