1. HOME
  2.  > FXの収入は雑所得扱い? 確定申告は必要か。気になる扶養事情や会社にばれない確定申告のやり方を徹底解説

FXの収入は雑所得扱い? 確定申告は必要か。気になる扶養事情や会社にばれない確定申告のやり方を徹底解説

FXによる収入にかかる税は…? FXの利益にも税はかかる

そもそも所得には給与所得や不動産所得、事業所得など様々な種類に分類されていて、当然サラリーマンとして働いて得た収入には給与所得がかかります。そしてFXはというと、仮にFXだけで生活をしていたとしても基本的には雑所得扱いとなります。

 

また所得税は、全ての所得を合計して計算される「総合課税」と、その他の所得とは切り離して計算される「分離課税」に分かれています。

 

・総合課税 
これには給与所得の他、不動産所得や事業所得、一時所得、土地や建物、株式以外の譲渡所得などが含まれています。

 

・分離課税 
これには退職所得や土地や建物、さらには株式の譲渡所得が対象となっていて、FXによる利益である雑所得も分離課税扱いです。

 

仮にFXが総合課税ならば、収入が増えるごとに税率も高くなりますが、実際FXは分離課税のため、どんなに利益が増えても一律の20.315%です。つまり利益が50万円だろうが、1,000万円だろうが同じ税率ということになります。

 

ちなみに税率20.315%の内訳は、所得税が15.315%で住民税が5%です。

 

 

FXにおける利益とは何なのか?

売買で結果利益が出たことを”利ザヤ”といいますが、この利ザヤによって得た利益や、長期保有をすることで発生したスワップポイントによる利益は、当然のことながらFXにおける利益と呼べます。

 

しかしFXで取引をしている方は分かると思いますが、ポジションを保有しているときに確定していない損益が発生しています。
その場合、含み益や確定前のスワップポイントは利益と呼べるのか、それとも利益とはみなさないのかについてですが、これは結論からいうと利用している証券会社によって異なります。

 

具体的には法人なら、未決済のポジションも決済したとものとして課税の対象です。ところが個人になると原則は課税の対象ではないものの、中には対象となるケースもあります。


探すのが困難なほど少ないですが、一部の証券会社では未決済のポジションも課税の対象となります。

 

■未決済も税金の対象となる証券会社
・マネースクウェアジャパン
・IG証券

 

これ以外の証券会社は未決済を含まない方が多いですが、ルールが変更になる場合もあるので、必ず自分が使っている証券会社の公式サイトでチェックしましょう。

 

 

FXには損益通算と呼ばれる制度があり、損失も申告した方がお得になる!

税金の話になると、自分は利益がないから無関係と考える方がいますが、それはとてももったいないことです。というのもFXには損益通算と呼ばれる制度があって、仮に損失があっても、その損失を他の雑所得の収入と合わせることができます。

 

FX以外にも先物取引やバイナリーオプション、CFD、日経225先物などの損益がある場合、それら全ての合計額から税金を算出可能です。

例えばFX取引で−30万円、CFDで−20万円の損失があり、バイナリーオプションで+100万円の利益があった場合、雑所得の合計額は+50万円となり、マイナス分を申告することで50万円に対する税金が計算され、納税額は10万円程度で済みます。

 

もしも損失分を申告していなければ、バイナリーオプションの利益100万円に対する税金が計算されてしまい、その納税額は20万円と、申告した場合の約倍の金額です。

 

ここで注意点ですが、株式の場合は雑所得ではなく譲渡所得となるので、FXなどと合算して計算することはできません。

 

このようにFXにおける利益も所得として申告しなければいけませんが、他の収入があるサラリーマンや自営業、専業主婦、学生は確定申告が必要なのでしょうか。それらについて個別に確認していきましょう。

サラリーマンが気を付けたい確定申告と納税のあれこれ。会社にばれない確定申告と納税方法

サラリーマンとして収入がある場合、給与所得の金額とFXを含めた雑所得がいくらあるのかによって、確定申告の必要があるのか変わってきます。

 

 

サラリーマンで確定申告が必要な2つの条件

1.給与所得が2,000万円以下
2.FXを含む雑所得が20万円以上

 

この両方に当てはまっている場合のみ確定申告が必要です。給与所得が2,000万円以上ある場合も、雑所得がなくても確定申告が必要となります。
給与所得は2,000万円以下で、FXを含めた雑所得が20万円以下の場合は申告が不要です。

 

 

会社にバレない税金納付の方法

サラリーマンとしての収入は源泉徴収によって予め天引きされます。ところがFXの収入は自分で手続きをして申告する必要があります。申告をしなくても取引記録が国税庁に提出されているため、ごまかすことはできません。

 

そして所得税は自分で確定申告をして、算出された金額を支払い、住民税は提出された確定申告を基に市区町村が金額を算出するので、大体6月に支払います。

 

住民税の支払い方法には2通りあって、そのうちどちらを選択するかで、会社にバレることなく税金納付が行えます。

 

■住民税の2つの支払い方法
1.普通徴収と呼ばれる自分で支払う方法で、6月に納付書が自宅に届く。
2.会社の給与にかかる住民税と合算して支払う方法。6月に会社の給与から天引きされる住民税に合算する。

 

この2つのうち、最初の普通徴収を選択すれば、会社に知られることなく支払いが行えます。もちろんマイナンバーなどから見つかることもありません。

自営業の確定申告事情

次に自営業の方がFX取引をしているとき、確定申告はどうなるのかについて確認して行きましょう。

 

自営業はFXの収入額がいくらか関係なく、全ての所得が38万円を超える場合にのみ確定申告が必要です。つまりFX取引をしている、していないに関わらず、自営業としての収入が38万円以上あれば、必ず自分で確定申告して納税する義務があります。

主婦必見! いくらまでなら扶養を受けられる?

自宅に居ながらいつでも好きな時間に稼げるとあって、主婦の間でも人気が高いFXですが、主婦における確定申告事情はどうなのでしょうか。

 

まず主婦で確定申告が必要になるケースとしては、パートやアルバイトなどの給与所得と、FXによる収入の合計が38万円を超える場合です。ちなみにパートやアルバイトのみで、FXなどの雑所得がない場合でも、年間103万円以上の収入があれば申告義務が発生します。

 

これはニュースなどでも頻繁に目にすることもありますが、年収が103万円を超えると配偶者は扶養控除が受けられなくなり、配偶者の所得税が高くなります。また自身も100万円を超えると住民税が発生し、103万円を超えたら所得税の支払いが必要です。

 

さらに130万円を超えると所得税・住民税に加えて、社会保険や厚生年金の扶養基準からも外れるため、自ら保険料を負担することになります。

 

ちなみに年収が130万円以上175万円以下の場合、実収入が130万円を下回る計算になります。これは年収が130万円を超えると保険料の支払い義務が発生して、手取り額だけをみると年収120万円のときよりも少なくなるということで、年収が175万円を超えると実収入が130万円を上回ります。

学生必見! ずばり、いくらまでなら親に迷惑かけず稼いでOKなのか

学生でアルバイトに加えてFXの収入があり、尚且つその合計額が38万円を超えていれば確定申告が必要です。

 

また主婦と同様に年収が103万円を超えると親の扶養控除が受けられなくなり、親の所得税が高くなります。ただし勤労学生控除という仕組みによって、130万円を超えなければ学生自身は無税となります。

 

ところが、この勤労学生控除と呼ばれるシステムは、FXの収入が10万円を超えると適応外となり、103万円が基準になります。学生自身も100万円を超えれば住民税がかかり、103万円を超えれば所得税が発生します。

 

130万円以上の場合、所得税・住民税に加えて社会保険や厚生年金の扶養基準からも外れるので、自ら保険料を負担する必要があります。

 

ちなみに年収が130万円以上140万円以下の場合、実収入が130万円を下回る計算になります。これは年収が130万円を超えると保険料の支払い義務が発生して、手取り額だけみると年収120万円より少なくなるということで、年収が140万円を超えると実収入が130万円を上回ります。

確定申告について、年金生活者の場合

■年金受給者が確定申告と納税が必要になる2つのケース

1.公的年金などの収入が400万円以下 
2.FXを含めた所得が20万円以上

 

この両方に当てはまっていると確定申告が必要です。また公的年金などの収入が400万円を超えていれば、FXなどの収入がなくても申告の義務が発生します。 
収入が400万円以下でも、FXなどの収入が20万円以下なら申告は不要です。

年収から考えて運用しよう

FXにおける収入にも、しっかりと税金が発生します。そして自身が得るその他の収入によって申告の有無や納税額が変わってくるので、既にFXを始めている方も、これからスタートさせる方も理解しておく必要があります。

 

特に主婦や学生の場合は、年収によって扶養控除や社会保険、厚生年金など様々な違いが生まれるので、それらも含めて資産運用しましょう。

 

またFXによる収入から必要経費を引くことや、損益を翌年に持ち越すこともできるので、それらをより詳しく知りたい方はこちらのコラムもチェックしておきましょう。

外為オンラインの魅力は他社にはない 「使いやすさ」です!

5,000円から取引できるminiコースや、直観的に操作できる取引画面に無料セミナー、電話サポート等

とにかく初心者に優しいサービスが盛りだくさん!

口座開設は最短10分!
さっそく申込んでおきましょう!

米ドル/円
スプレッド
豪ドル/円
スワップ
取扱い単位 通貨ペア
1銭 30円 1千通貨単位
1万通貨単位
24ペア
手数料 開設時間 電話サポート 信託保全
無料 3営業日 あり 三井住友銀行
みずほ信託銀行
口座開設はこちら

関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • トレードスタイル
  • 4,000円から始める
  • 初心者・主婦向け
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 口座開設数
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧

当サイトキャンペーン中のFX口座

    • 1000通貨単位対応!約5000円から取引可
    • 高性能自動売買ツール「iサイクル注文」
    • 無料セミナーと万全サポートで初心者も安心
    • 高金利通貨5ペアの取扱い
    • 抜群に安定した運営状況なので安心!
    • スマホ、タブレット用高機能専用アプリ
    • FX取引高6年連続世界第1位!
    • 低スプレッドだから低コストで取引可!
    • 安心の24時間電話サポート
    • 安定したシステム。100%の約定力
    • 「ぱっと見テクニカル」で簡単相場分析
    • 高機能ツールで取引のチャンスを逃さない
    • 常時開催の食品プレゼントキャンペーン
    • 2018年オリコン顧客満足度第1位
    • 業界最多水準!50種類の通貨ペア