1. HOME
  2.  > 外為オンラインユーザーの口コミから分かった実力 安全に取引できる環境が整った初心者向けのFX業者

外為オンラインユーザーの口コミから分かった実力 安全に取引できる環境が整った初心者向けのFX業者

FXを始めるためには、まずFX取引業者を選ばなくてはいけません。

 

国内のFX業者だけでも数十社とあるので、何を基準に選ぶか迷ってしまいなかなかFXを始めることができない方も多いことでしょう。

 

外為オンラインなら少額から取引を始めることができ、FXの基礎やツールの操作方法などのセミナーも充実しているので初心者の方にもおすすめです。

 

悩んだときは、利用者の声を聞いて参考にするのもひとつの方法なので、実際のユーザーから挙がっているメリット・デメリットを確認していきましょう。

iサイクル注文で注目される外為オンラインは相互力に長けている

外為オンラインとは、話題の「iサイクル注文」という画期的な自動取引ツールを提供している国内のFX取引業者です。

 

外為オンラインの「スプレッド」は以下のように設定されています。

 

「スプレッド」とは、FX会社を通じてトレードを行う時に発生する買い取引時の為替レートと売り取引時の為替レートの差のことで、取引約定の都度FX業者に支払う必要経費です。

 

スプレッドの幅はFX業者によって異なります。

 

スプレッドが狭いからというだけで業者を選ぶと、システムが不安定だったり、約定しにくいといった致命的なデメリットもあるので注意が必要です。

外為オンラインの5つの良い口コミ、メリットを紹介

1.豊富な注文方法

外為オンラインでは全部で8つの注文方法があるので投資家からの様々なニーズに応えることができます。

 

1、クイックトレード

クイックトレードとは成行(なりゆき)注文のことです。

成行注文とは、あらかじめ注文の値段(レート)を設定せず、現在の市場の成り行きで行う注文方法のことで、その名の通り素早く注文を出すことができ、すぐに買注文を出したい、または、売注文を出したい時に行う注文方法です。

 

2、指値注文/逆指値注文

指値(さしね)注文、逆指値(ぎゃくさしね)注文とは指定レートに到達した時点で、自動的に注文が成立する注文方法です。

また、注文中のポジションに、決済の「指値/逆指値」注文を入れることも可能です。

買い注文の場合、通常の指値注文であれば「○○円まで下がったら購入する。」という注文方法ですが、逆指値注文は「○○円まで上がったら購入する。」という注文方法なので逆指値と呼ばれています。

移動平均線を目安にトレードしている方がよく使う注文方法です。

 

3、OCO注文

OCO(オーシーオー)注文とは、2つの注文(指値、逆指値)を同時に出しておき、どちらかが成立すると、もう一方はキャンセルされる注文方法です。

例えば、現在のレートが1ドル110円だった場合、120円と100円で売り注文をだしておき、どちらかが約定するともう一方はキャンセルされます。

 

4、クイック+OCO注文

クイック+OCO(クイック オーシーオー)注文とは、現在の市場の成行注文と同時に、指値注文(利食い)と、逆指値(損切り)の注文をあらかじめ出しておけるのでリスク管理に適した注文方法です。

なお、指値注文、または逆指値注文が約定すると、もう片方は自動的にキャンセルされます。

 

5、IFDONE注文

IFDONE(イフダン)注文なら、いくらで買う(売る)という新規の注文と新規注文が成立したら、いくらで売る(買う)という決済のレートを同時に指定することができます。


6、IFDONE+OCO注文

IFDONE+OCO(イフダン オーシーオー)注文なら、決済のレートを二つ指定できるので、利益がでたらこのレートで決済、損が出てしまったらこのレートで決済、と同時指定できる注文方法です。


7、トレール注文

トレール注文は、予め指定した幅を保ちながら、高値(安値)を更新する度に、損切りのレートも変動する為、朝起きて、値動きを確認したら、寝ている間に結構利益が出てきたのに、起きた時には相場が戻ってしまっていた。

あの時に、決済しておけばよかった・・・なんて心配も必要ありません。

 

8、リバース注文(途転)

リバース注文[途転(ドテン)注文]とは、同一の通貨ペアで、買いポジションを売りポジション (または売りポジションを買いポジション)に、一度で転換する注文方法です。

上昇相場と下降相場の転換点で現在のポジションの反対のポジションを保有するための注文方法です。


さらに外為オンラインではiサイクル注文を利用すると自動取引が可能になります。

今までの自動取引はレンジ(変動幅)が予想と外れた場合は使えませんでしたが、iサイクル注文は、レンジを外れて上昇しても下落しても相場に追従しながら、自動で取引を続けます。

 

 

いくつかの項目を設定するだけで、優れたシステムにより自動取引をはじめることができるので、FXの知識に不安がある方や初心者にも安心です。

 

 

2.1,000通貨からの取引が可能

外為オンラインは1,000通貨から取引を始めることができるminiコースが用意されています。

 

miniコースは取引単位が1万通貨のコースに比べ、10分の1の証拠金で取引をはじめることができますので、FX初心者の方にこそおすすめです。

 

初心者がいきなり大きな金額で取引をするのは大変危険です。

 

まずは1,000通貨から取引に慣れて、徐々に金額を大きくしていきましょう。

 

 

3.外為オンラインのスプレッドの設定は原則固定で広がりづらい

外為オンラインでは日本で最も取引されている米ドル/日本円のスプレッドが1銭で原則固定に設定されています。

 

スプレッドは「原則固定」なので、相場の状況など様々な理由から広がってしまうことがありますが、他社と比べ外為オンラインはスプレッドが広がりにくくなっています。

 

スプレッドが広がってしまう主な理由としては、「流動性が低い」などの理由からスプレッドが広がってしまうことがあります。

 

「流動性が低い」とは、売買が成立しづらい状態のことです。

 

通貨を取引する人の数が少ない、流通している通貨の量が少ない(マイナー通貨)、買いと売りのどちらかの注文が偏る、3つのうちのどれかによって発生します。

 

例えばニューヨーク市場が閉まり、多くの国の為替市場が閉まっている日本時間の朝5時〜8時などは通貨を取引する人の数が少ないので流動性は低くなります。

 

しかし外為オンラインは早朝でもスプレッドが広がることはほとんどないと言われています。

 

 

4.スワップポイントのみの引き出しが可能

スワップポイントとは、FXで得られる利益のひとつで、2つの通貨の金利差のことをいいます。

 

通貨にはそれぞれの国が定めた政策金利があります。

 

FX取引は、日本円で米ドルを買う、もしくはユーロで円を買うといった、いわば異なる二国間の通貨を交換する取引ですが、通貨を交換するということは二国間の通貨の政策金利も交換する事になりますので、各国の金利は異なる場合、その差額を調整するためスワップポイントが発生します。

 

低金利の通貨を売り高金利の通貨を買い、ポジション保有すると、保有したポジションの期間分のスワップポイントを毎日受け取ることができます。

 

金利の高い通貨を買って、持ち続けるだけでスワップポイントが入ってくるので、手堅い長期狙いの投資家に人気の投資方法です。

 

外為オンラインではスワップポイントが発生した場合スワップポイントだけを引き出すことができます。

 

通常であればスワップポイントを引き出すために保有しているポジションを決済する必要がありますが、外為オンラインならスワップポイントで得た利益を引き出し、新たにポジションを保有することもできます。

 

 

5.初心者でも安心!豊富な無料セミナー

外為オンラインでは参加無料のFXセミナーがとても充実しています。

 

FXを始めたばかりの初心者の方でも用語解説といった基礎の基礎から実際のテクニカル分析やリスク管理まで、投資家のレベルに合わせた手厚いセミナーが用意されています。

 

また仕事などでセミナーに参加することができない方にもオンラインセミナーが用意されているので忙しい方も参加することができます。

 

外為オンラインの3つの悪い口コミ

1、スプレッドが広め

外為オンラインは国内のFX業者の中ではスプレッドが広めに設定されています。

しかし原則固定で元々設定されているスプレッドが広めなのでスプレッドが広がることはほとんどありません。

 

 

南アフリカランド/日本円のスプレッドは15銭とかなり広めに設定されています。

 

どのFX業者も取引量の低い通貨はスプレッドが広がる傾向にあります。.

 

2、スキャルピングの取引とは相性が悪い

またスプレッドが広いとスキャルピングとは相性が悪いと言えます。

 

スキャルピングとは、数銭から数十銭というわずかな利幅を狙い、1日に何度も取引を行って利益を積み重ねる超短期売買手法です。

 

ポジションを保有してから決済するまでの時間が数秒から数分という、極端に短い期間で何度も売買を繰り返すというのが大きな特徴です。

 

スプレッドは売買の都度発生する取引コストなので、売買回数が多ければそれだけ多くコストがかかるので相性が悪いといえます。

 

スキャルピングは初心者には向かない取引方法なので、FXに十分に慣れてから手を出すのが賢明です。

 

3、当日出金に対応していない

外為オンラインは出金をする場合、17時までの受付で翌営業日、17時以降に受付をした場合は2営業日に出金できるようになります。

 

なお最低出金額は5,000円からで手数料は無料です。

実力で選ぶなら外為オンライン!

外為オンラインでは様々なニーズに対応できる豊富な取引方法に加えて初心者にも手厚いセミナーが用意されています。

 

また外為オンラインの取引ツールはシンプルでわかりやすいことはもちろん、自由にカスタマイズできることが特徴です。

 

PCはもちろんスマートフォンでも取引ツールのアプリを無料でダウンロードできるので、いつでも取引のチャンスを逃がしません。

 

FX初心者の方には、FXのルールや取引ツールの操作を覚えることは大きな悩みですが、外為オンラインでは、仮想のお金を使って実際のレートでの取引やiサイクル注文もシミュレーションできるデモ口座も用意されています。

 

これからFXを始めようと思っている方やFX初心者の方なら外為オンラインを利用しましょう。

外為オンラインの魅力は他社にはない 「使いやすさ」です!

5,000円から取引できるminiコースや、直観的に操作できる取引画面に無料セミナー、電話サポート等

とにかく初心者に優しいサービスが盛りだくさん!

口座開設は最短10分!
さっそく申込んでおきましょう!

米ドル/円
スプレッド
豪ドル/円
スワップ
取扱い単位 通貨ペア
1銭 30円 1千通貨単位
1万通貨単位
24ペア
手数料 開設時間 電話サポート 信託保全
無料 3営業日 あり 三井住友銀行
みずほ信託銀行
口座開設はこちら

関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧