1. HOME
  2.  >  FX初心者のやり方
  3.  > FX初心者におすすめする資金1万円以下で始めるやり方!サラリーマンが月2万円の利益を得るFXの3つのメリット

FX初心者におすすめする資金1万円以下で始めるやり方!サラリーマンが月2万円の利益を得るFXの3つのメリット

FXを始めてみたいけど「毎月のお小遣いは少ない」「パソコンの前にへばりついてなんかいられない」「家族がいるから大きなリスクは負えない」と諦めてはいませんか?

 

ひと昔前まではFXを始めるのはとても大変で、初期投資の金額も大きく、ツールや取引業者も十分とは言えず、とても気軽に始められる投資ではありませんでした。

 

しかし最近では様々な取引業者が増え、取引ツールなどは機関投資家にも劣らない使いやすいものになり、初期投資金額が1万円以下でもFXを始める事ができるようになっています。

 

気軽に始めることができるようになったので、FX人口のボリューム層は会社勤めをしているサラリーマンが多く、FX人口約40万人のうち、28%が30代、43%が40代、23%が50代で、その50%以上がサラリーマンといわれています。

FX人口の50%以上がサラリーマンである3つの理由

1、FXは少額資金で始めることができる

国内には多数のFX業者がありますが、ほとんどの業者は数百円〜1万円の少額資金でFXを始めることができます。

 

この金額であるからこそ、お小遣いが少ないサラリーマンでも始めることができるのです。

 

 

2、24時間いつでも取引できる

FXは株式投資と異なり24時間取引をすることができます。

 

日中忙しく働いているサラリーマンの方も仕事が終わった後や休憩時間など、スキマ時間を有効に使いましょう。

 

 

3、低リスクで安心して始めることができる

お小遣いの範囲などの少額資金であれば、FXはとても低リスクではじめることができます。

 

以上の3つの理由がサラリーマンに選ばれる投資です。

初心者が1万円で始める3つのメリット

FXとは「Foreign Exchange」の略で、日本語では「外国為替証拠金取引」といいます。

 

株式投資は株に投資しますが、FXでは「外国のお金」に投資します。

 

 

1、自己資金1万円以下でもFXをはじめることができる2つの理由

1、数千通貨から取引を始めることができる

 

少し前までFXを始めるには「1ロット」という単位が基準となっていました。

 

FXの「1ロット」とは「1万通貨」のことをさします。

 

1万通貨とはドルの場合であれば10,000ドル、ユーロであれば10,000ユーロなので日本円にすると大体110万円くらいです。

 

しかし現在の国内のFX業者のほとんどは、1,000通貨から取引を始めることができるようになったので、自己資金1万円以下でも取引を始めることができます。

 

 

2、レバレッジを使うことで資金効率をあげることができる

 

FXは会社の口座に入れたお金を証拠金として、その証拠金の最大25倍までの取引ができるようになります。

 

この仕組みの事を「レバレッジ」と言いFX最大の特長です。

 

普通なら1万円の取引証拠金であれば1万円分の取引しかできませんが、「レバレッジ」を最大にかけることで取引できる金額が25万円になり、少額資金で始めた場合の資金効率の悪さをカバーできます。

 


1万円でどれくらい稼げるのか?

1万円でどれぐらい稼げるのか具体的に確認してみましょう。

 

投資資金が1万円なら取引量は1,000通貨が主な取引量になります。

 

1,000通貨取引したい場合、レバレッジ25倍で為替レートが1ドル100円であれば証拠金4,000円で取引をすることができます。

 

<必要証拠金の計算>
レバレッジ25倍の必要証拠金は4%なので100円(為替レート)×1,000通貨×4%=4,000

 

取引通貨量が1,000通貨なので1円上がれば1,000円の利益で、1円下がれば1,000円の損失になります。

 

利益は小さいですが、損失が発生した場合も小さくなるため、FXを始めたばかりの初心者にこそ向いている取引方法です。

 

初心者のうちはなかなか相場で勝つことは難しく、利益を大きく狙うよりも、損失を小さく抑える方法を学ぶことの方が重要です。

 

1,000通貨の取引で勝てるようになってから、通貨量を増やしましょう。

1万円で始める2つのメリット

1、実践の中で経験値を得られる

実際のFX取引の練習用として気軽に始めることができます。

 

FXの練習としてはデモトレードを利用できる業者もありますが、実際の相場の臨場感は感じることはできません。

 

デモトレードとは仮想のお金を使って無料で自由にFX取引ができるサービスです。 


仮想のお金なので、利益を出しても受け取れませんし、損失を出しても支払うことはありません。

 

1万円で取引を始めることで、リスクは極めて低い状態ではありながら、本番とまったく同じ環境で得られる経験値は大きいでしょう。

 

 

2、リスク管理がしやすい

少額の資金で始めるということは、それだけリスクを抑えられるということでもあります。

 

とくに初心者のうちは失敗することもあると思いますが、大きな資金で取引をするのに比べて損失は拡大しにくいということが言えます。

FXを始めるのに必要なのは「スマホ」と「スキマ時間」

FXの市場は日本だけではなく、グローバルな市場なので基本的に24時間いつでも開いています。

 

なぜ24時間開いているかというと、日本時間の午前5時半にオセアニアであるニュージーランドのウェリントンのFX市場が始まります。

 

その後9時から日本、シンガポールといったアジア地域のFX市場が開き、次に午後3時過ぎからロンドンなどヨーロッパ地域のFX市場が開き、最後に午後9時過ぎからニューヨークを中心としたアメリカ市場が開きます。

 

アメリカ市場は午前7時過ぎに終了するのですが、すでにオセアニアの市場が午前5時から開いているので、そのまま前日と同じサイクルが始まります。

 

24時間取引できるということは、スマートフォンにFX業者が提供する取引アプリをインストールしておけば仕事の休み時間や、寝る前のちょっとしたスキマ時間に取引することができるのです。

 

平日は24時間いつでも市場は開いているのですが、土曜日と日曜日は市場がお休みなので注意が必要です。

 

平日のスキマ時間を利用して24時間いつでもFXができます。

 


1万円でFXを始めるリスクと対策

1万円という少額資金でFXを始めた場合でもリスクはあります。

 

FXのリスクと対策をここでしっかりと学びましょう。

 

 

FXの2つのリスクと対策

1、強制ロスカット

FXには投資家が「強制ロスカット」という元手以上の損失を追う羽目にならないような仕組みがあります。

 

どういう仕組みかというと、含み損が一定以上まで大きくなりすぎた場合に自動的に強制決済が行われます。

 

相場の急な値動きで一時的に含み損が出ても、ポジションを決済しなければいずれ値を戻す可能性もありますが、強制ロスカットが行われた場合、損失が確定してしまいます。

 

<強制ロスカットの対策>

強制ロスカットには基準があり、FX業者により異なります。

 

外為オンラインというFX業者があり、外為オンラインではL25miniコースという1,000通貨から取引を始めることができるコースが用意されているのでL25miniコースを基準に具体的な数値を入れて確認していきます。

 


 

ロスカット値が「取引証拠金20%」の場合、1ドル100円とした場合、1,000ドル(1,000通貨)取引するのに必要証拠金はレバレッジ25倍なので4,000円です。

 

*必要証拠金100円×1,000通貨÷25(レバレッジ)=4,000円

 

ロスカット値=取引証拠金×20%ということは、4,000円×20%=800円となり、800円がロスカット値となります。

 

10,000円の資金を口座に入金し1,000ドル(1000通貨)運用していた場合、資金が800円を下回るまでロスカットは実行されません。

 

つまり9,200円までは含み損に耐えることができるので、1ドル90.8円までロスカットは実行されません。

 

仮に4,000円の資金で始めた場合だと3,200円までしか損失に耐えられないので1ドル=96.8円でロスカットが実行されます。

 

重要な経済指標発表の前後などは、3円程度の値動きであれば発生することもありうるため、4,000円で始めた場合すぐロスカットが実行されてしまう可能性があります。

 

含み損が発生した場合に備えて少し余裕を持った金額で取引しましょう。

 

 

2、相場が経済指標や国際情勢に影響される。

経済指標とは、各国の政府やアメリカのFRBなどの大きな機関が発表するもので、経済状況(貿易、金利、雇用など)を表す数値情報を指します。

 

有名なものでは雇用統計や失業率の発表、政策金利の発表などです。

 

これらの数値が発表され良くも悪くも世論の予想以上だったりすると相場の値動きはとても荒いものになります。

 

<経済指標や国際情勢による値動きへの対策>

経済指標は発表日が決まっているので、自信がなければ一旦ポジションを決済して値動きが落ち着いたらまた同じポジションを保有するという方法があります。

 

また日常生活において経済関係のニュースや新聞などで情報を仕入れて、常にアンテナを張り巡らせておくことで、経済指標はある程度予測できます。

 

日常でもニュースを知っていて損はないので、ニュースや新聞を活用しましょう。

FX初心者に外為オンラインをお勧めする4つの理由

1、少ない自己資金でFXを始めることができる

外為オンラインでは1,000通貨から始める事ができ、初期投資も5,000円から気軽にFXを始めることができます。

 

また強制ロスカットの基準も選ぶことができ、リスク管理がやりやすいといえます。

 


 

 

もちろん24時間いつでも取引

外為オンラインでは平日24時間いつでも取引ができます。

 

スマートフォンさえあれば朝仕事に行く前や寝る前などのスキマ時間に取引ができます。

 

外為オンラインのスマートフォン用取引アプリはFXを始めたばかりの初心者でも使いやすいように設計されていますので安心して使い始めることができます。

 




 

外為オンラインではPCの取引ツール「ハイブリッドチャート」も用意されています。

 

外為オンラインのオリジナルツールで使い方はシンプルでわかりやすく、様々な取引スタイルに柔軟に対応できる優秀な取引ツールです。

 



 

 

安全性が高いので安心して取引ができる

FXは、金融商品取引法に規定されるデリバティブ取引なので金融庁に金融商品取引業の登録をしなければいけません。

 

もちろん外為オンラインは金融庁に登録されている正規の業者なので安心して取引ができます。

 

信託保全スキームを導入し投資家の資産と会社の資産をしっかりと区別し管理することで、投資家の資産をしっかりと保護しています。

 


 

FX取引業者を選ぶ時は、必ず金融庁に登録されている正規の業者を利用しましょう。

 

 

初心者から上級者までサポートが充実している

外為オンラインでは無料で参加できるFXセミナーが全国で開催されていて、FXの特長や仕組みをわかりやすく教えてくれます。

 

その他にプロのアナリストが開催する中級者〜上級者に向けたセミナーも用意されていて初心者から上級者までしっかりと学ぶことができます。

 

セミナーに参加できない方もオンラインでセミナーを視聴することができ、サポートがとても魅力的です。

 


 

1万円以下&小リスクで気軽に始めるなら外為オンラインで安心安全な取引をしましょう!

外為オンラインの魅力は他社にはない 「使いやすさ」です!

5,000円から取引できるminiコースや、直観的に操作できる取引画面に無料セミナー、電話サポート等

とにかく初心者に優しいサービスが盛りだくさん!

口座開設は最短10分!
さっそく申込んでおきましょう!

米ドル/円
スプレッド
豪ドル/円
スワップ
取扱い単位 通貨ペア
1銭 30円 1千通貨単位
1万通貨単位
24ペア
手数料 開設時間 電話サポート 信託保全
無料 3営業日 あり 三井住友銀行
みずほ信託銀行
口座開設はこちら

関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • トレードスタイル
  • 4,000円から始める
  • 初心者・主婦向け
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 口座開設数
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧

当サイトキャンペーン中のFX口座

    • 1000通貨単位対応!約5000円から取引可
    • 高性能自動売買ツール「iサイクル注文」
    • 無料セミナーと万全サポートで初心者も安心
    • 高金利通貨5ペアの取扱い
    • 抜群に安定した運営状況なので安心!
    • スマホ、タブレット用高機能専用アプリ
    • FX取引高6年連続世界第1位!
    • 低スプレッドだから低コストで取引可!
    • 安心の24時間電話サポート
    • 安定したシステム。100%の約定力
    • 「ぱっと見テクニカル」で簡単相場分析
    • 高機能ツールで取引のチャンスを逃さない
    • 常時開催の食品プレゼントキャンペーン
    • 2018年オリコン顧客満足度第1位
    • 業界最多水準!50種類の通貨ペア