1. HOME
  2.  > 新機能! iサイクル注文トレンド方式の理想の設定は?メリットとデメリットを紹介

新機能! iサイクル注文トレンド方式の理想の設定は?メリットとデメリットを紹介

FX投資はやってみたいけれど、忙しく時間がなくてなかなか始めることができない方も多いことでしょう。

 

外為オンラインのiサイクル発注のシステムトレードなら、最初に発注方法を設定するだけで24時間自動的に売買をしてくれます。

 

忙しく時間がない方でもFX投資を始めることができます。

初心者の91%が選んでいるFX口座 ※当サイト調べ

5年連続FX年間取引高No.1!
高い約定力と使いやすいツールで、初心者から絶大な支持を得ている人気口座です。
年間取引高は237兆円! ※2015年時
外為オンラインなら資金に合わせて自分にピッタリなトレード方法を見つけることができます。

iサイクル注文の基本的な仕組み

iサイクル注文の仕組みは、変動する為替相場の中であらかじめ注文する価格帯を決めておき、投資家の注文する条件に一致したものを発注します。

 

 

iサイクル注文のイメージ



iサイクル注文の使い方

システムトレードというと複雑な設定やパソコンの知識が必須で敷居が高いとイメージされがちですが、iサイクルは操作方法も直感的でわかりやすいインターフェースが大きな魅力です。

一番基本的な注文方法のボラティリティ方式

iサイクル注文の「ボラティリティ方式」は、iサイクル注文の中で一番基本的な注文方法で、わずか3ステップで取引を始めることができます。

 

<iサイクル注文の3ステップ>

1、まずiサイクル注文では買い方向か売り方向かを選択します。

2、次に為替相場の変動幅(値動き)を設定します。(過去の取引を参考に自動算出されます。)

3、最後に通貨ペアを選びます。

 

通貨ペアとは「米ドル/日本円」や「ユーロ/米ドル」など売買する2国の通貨の組み合わせのことです。

 

以上の3ステップを設定するだけで簡単に取引を始めることができます。

 

iサイクル注文 トレンド機能とは?

iサイクル注文の「トレンド機能」とは、システムが相場のトレンドを上昇トレンドか下降トレンドかを見極め自動的に買い注文、売り注文を判断下し取引を行ってくれる機能です。

 

ボラティリティ注文方式の買い方向か売り方向かを選択する時に、「トレンド」を選択するとトレンド機能を使って注文することができるようになります。

既存のシステムトレードとの大きな違いは、投資家が相場状況に応じて買注文、または売注文の判断をする必要がありましたが、「トレンド機能」による自動注文を行うと、システムが買注文、または売注文を判断し、自動で取引を続けてくれます。

 

「トレンド機能」は「ボラティリティ方式」だけでなく、この後にも紹介する「ランキング方式」や「マトリクス方式」にも使うことができます。

iサイクル注文  ランキング方式とは?

「ランキング方式」とは、外為オンラインの店頭取引のシミュレーションで利益が高い注文内容をランキング形式でリストアップします。

 

自分の資金で注文可能な注文内容を選択すると、同じ条件でiサイクル注文の取引ができます。

 

iサイクル注文の設定に悩んでいた方におすすめです。

 

 

@ランキング方式

iサイクル注文 マトリクス方式とは?

「マトリクス方式」とは、外為オンラインの店頭取引のシミュレーションの結果をもとに必要な資金とリスクの度合いから注文内容を選択します。

 

iサイクル注文によるさまざまな投資戦略をサポートする画期的な機能です。

 

 

上の画像の青いマスが注文可能な注文内容です。

マスをクリックすると同じ条件でiサイクル注文開始することができます。

マトリクス方式の見方

<縦軸の「想定変動幅(レンジ)」とは>

 

最大数のポジションを保有した場合、一番上から一番下までのポジションの値幅、かつ、各ポジションの逆指値(損切り)までの値幅を示します。

 

想定変動幅が狭いと為替相場が不利な方向に動いた際、逆指値までの値幅が狭い為、損切りがされやすく収益獲得の機会が減り、損失が膨らむリスクも高まります。

 

反対に、想定変動幅が広いと為替相場が不利な方向に動いても、逆指値までの値幅が広く、損切りがされにくいため、収益獲得の機会が増え、損失が膨らむリスクも低くなります。

 

要約すると相場の変動に対しどこまで利食い、もしくは損切りしないでポジションを保有し続けるか選択します。

 

<横軸の「注文間隔(pips)」とは>

 

複数のポジションを保有した際、ポジション同士の間隔を示します。 (単位はpips。USD/JPYの場合100pips=1円)

 

注文間隔が狭くなることで収益獲得の機会が増える一方、ポジションが多くなり取引数量が増えることから、損失が膨らむリスクも高まります。

 

反対に、注文間隔が広くなることで、収益獲得の機会が減る一方、ポジションが少なくなり取引数量が減ることから、損失が膨らむリスクも低くなります。

 

例えば一番右端の10pipsの列を選択した場合、0.1円の相場の変動の都度買い、もしくは売り注文をするので取引量がとても多くなりハイリスクハイリターンです。

 

一番左端の100pipsの列を選択した場合、1円の相場の変動の都度買い、もしくは売り注文をするので10pipsの列を選択した場合と比べ10分の1の取引量となるためローリスクローリターンになります。

iサイクル注文の4つのメリット

1、システムが自動でトレンドを判定して売買してくれる

 

FXの相場は7〜8割はレンジ相場といわれています。

 

レンジ相場とは同じ値幅を行ったり来たりして方向感のない状態のことです。

 

レンジ相場のトレンドを見極めるのは上級者でもなかなか難しいものですが、トレンド機能を使えば初心者でも迷うことなく取引が始められます。

 

iサイクル注文であれば24時間システムが小さい値動きを拾って自動売買を繰り返し、コツコツと利益を積み上げていくことができます。

 

チャート画面の前に張り付いていなくても、取引はシステムがやってくれるのでフルタイムで仕事をされている方にもおすすめです。

 

2、相場を自動追従してくれる

 

重要な経済指標の発表などで大きく相場が動いた時もiサイクル注文には相場を賢く「自動追従」して自動売買を続けてくれます。

 

 

3、通貨ペアが多い

 

外為オンラインは通貨ペアの取扱いが24種類と多いので選択の幅が増えます。

 

4、感情に流されずにトレードできる

 

損失を出してしまうとついつい感情に流されて損切りが遅れてしまいがちですが、iサイクル注文では感情に流されずに取引ができます。

iサイクル注文 デメリット

1、1つの通貨についてiサイクル注文を1つしか設定できません。

 

2.手数料が割高

 

通常のFX取引に比べ手数料が高めに設定されています。

 

iサイクル注文を利用した場合の手数料は、スプレッドに加えて1,000通貨あたり片道20円となっています。

 

すべての通貨ペアで一律金額になっていて往復で1000通貨分取引すると40円かかります。

 

スプレッドとは、通貨を売る時の値段と通貨を買う時の値段の差をスプレッドといいます。

 

スプレッド金額は取引する通貨によって異なります。

 

 

3、相場のトレンド転換時に今までのポジションがすべて成行で決済される

 

トレンド機能を使って運用をしていて、上昇トレンドから下降トレンドへ移行した場合、今まで買いポジションで保有していたポジションをすべて売りポジションに移行するのでその時に含み損があれば反対売買になり事実上の損切りになります。

iサイクル注文トレンド方式は適切な設定と運用が必要!

iサイクル注文は一度設定をすれば自動で売買してくれる便利なシステムですが、適切な設定は必要です。

 

外為オンラインでは、デモ取引で実際にiサイクル注文を無料で体験することもできるので是非利用してみてください。

 

デモ取引である程度操作やiサイクル注文に慣れてから実際にお金を入金して取引を始めるといいでしょう。

外為オンラインの魅力は他社にはない 「使いやすさ」です!

5,000円から取引できるminiコースや、直観的に操作できる取引画面に無料セミナー、電話サポート等

とにかく初心者に優しいサービスが盛りだくさん!

口座開設は最短10分!
さっそく申込んでおきましょう!

米ドル/円
スプレッド
取扱い単位 通貨ペア 手数料
1銭 1千通貨単位
1万通貨単位
24ペア 無料
初回入金 口座開設
キャンペーン
スマホ対応 総合評価
設定なし 開催中 iPhone○
Android○
★★★★★
口座開設はこちら

関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧