1. HOME
  2.  >  iサイクル注文Rの設定方法で1日15,000円ずつ稼ぐポイント
  3.  > iサイクル注文は儲かるのか?評価してわかった儲かるための3つのルール

iサイクル注文は儲かるのか?評価してわかった儲かるための3つのルール

FXトレードの指南書などを読んでいると「損切りや利食いは感情を捨てて機械的に行うように」と書かれているのをよく目にします。

 

たしかに自分でトレードする場合、ついつい感情に流されて損切りが遅れたりすることがあります。

 

個人投資家でも機関投資家のように、感情に左右されずに自動売買で賢くトレードできるサービスが、外為オンラインのiサイクル注文というサービスで利用できます。

 

外為オンラインとは、シンプルな取引システムで初心者でも操作しやすく、FXに関するニュースやセミナーが充実している国内のFX取引業者です。

初心者の91%が選んでいるFX口座 ※当サイト調べ

5年連続FX年間取引高No.1!
高い約定力と使いやすいツールで、初心者から絶大な支持を得ている人気口座です。
年間取引高は237兆円! ※2015年時
外為オンラインなら資金に合わせて自分にピッタリなトレード方法を見つけることができます。

iサイクル注文とは?

iサイクル注文とは、外為オンラインの提供するサービスで最初に簡単な設定をすれば、後は24時間システムがチャートを監視し条件通りにトレードしてくれる自動売買システムです。

 

どのように使うかというと、事前にエントリーしたいポイントを設定し、そこに値が来たら設定した値幅で売買を延々と繰り返すシステムです。

 

ではどんな仕組みで売買されているか確認してみましょう。

iサイクル注文の仕組み

自動売買の場合、「IFDONE+OCO注文」という注文方法がベースになってきます。

 

「IFDONE+OCO注文」とは〜円で買う(もしくは売る)金額と〜円になったら利益確定させて、〜円で損切する各々の金額を決めて発注する注文方法です。

 

外為オンラインのiサイクル注文なら簡単な設定を行うだけで「IFDONE+OCO注文」を仕掛け、その上下値幅でレンジを理解し値を追いコツコツと利益を増やすことが出来ます。

 

iサイクル注文は他社の自動売買のシステムと異なり、想定した値幅を超えても相場の上下に合わせ自動で追従し、自動発注を継続できる優れた特長があります。

 

人気の自動売買口座比較






設定の難易度

簡単

難しめ

難しめ
セミナーの開催
トレンドの自動判定
レンジの変動幅自動再設定
 
詳細

お申込み
詳細

お申込み

もっと詳しいiサイクル注文

iサイクル注文には異なる3つの発注方法があります。一つずつ確認してみましょう。

1、ボラティリティ方式

iサイクル注文のなかで、もっとも基本的な注文方法が「ボラティリティ方式」です。

 

わずか4つ設定項目で取引が始められます。

 

・通貨を選ぶ

・「買い」もしくは「売り」を選択

・想定レンジ幅を自分で予想する

・投資金額を決める

 

以上の4つを設定するとこの4つを設定すると、どんな注文方法でトレードしていくかを、すべて自動で計算してくれます。

 

ここで2017年3月に実装された「トレンド」機能を利用すれば、上昇トレンドで買いなのかそれとも下落トレンドで”売り”なのか、悩む必要はありません。

 

「トレンド」機能なら「買い」もしくは「売り」さえもシステムが自動で判断し行ってくれます。

 

4つ項目を設定する時に「トレンド」を選択すればシステムが現在の相場が上昇トレンドなのか下降トレンドなのか自動で判断し、売り買いの注文まで切り替えてくれます。

2、ランキング方式

ランキング方式とは、外為オンラインのシミュレーションで大きな利益が出ている注文方法をランキング形式でリストアップし、ユーザーが自分の資金にあった注文内容をその中から選択すればいいようにしたのがランキング方式です。

 

ボラティリティ方式のように、売買の方向や値幅、資産の設定をする必要がありません。

 

自分の資産に合わせて、リストアップされたランキングから利益の得やすい注文内容を選択するだけなので初心者の方にもおすすめできる発注方法です。

3、マトリクス方式

「マトリクス方式」は外為オンラインのシミュレーション結果をもとに、様々な角度から分析して注文する発注方法です。

 

具体的には注文間隔(縦軸)と想定変動幅(横軸)からなる損益表で、必要な資金とリスクの度合いを見て選択します。

 

 

この発注方法は選べば終わりというわけではなく、6項目の設定を考えなくてはなりません。

<マトリクス方式を注文するための設定6項目>

1、ランキングの集計期間

2、通貨ペア

3、売りか買いかの方向

4、証拠金の額

5、想定する為替の変動幅

6、ポジションから指値までの注文間隔(pips)

 

想定変動幅が狭いと、為替相場が不利な方向に動いた時に損切りを設定した金額までの値幅が狭い為、損切りがされやすく、収益獲得の機会が減り、損失が膨らむリスクも高まります。

 

反対に、想定変動幅が広いと、為替相場が不利な方向に動いても、設定した損切りの金額までの値幅が広い為、損切りがされにくく、収益獲得の機会が増え、損失が膨らむリスクも低くなります。

 

注文間隔が狭くなることで、収益獲得の機会が増える一方、ポジションが多くなり取引数量が増えることから、損失が膨らむリスクも高まります。

 

反対に、注文間隔が広くなることで、収益獲得の機会が減る一方、ポジションが少なくなり取引数量が減ることから、損失が膨らむリスクも低くなります。

 

この発注方法は設定項目が多くリスクとリターンを天秤にかけて上手に発注する必要があるので中〜上級者向けといえます。

儲かるための3つのルール

基本的にiサイクル注文で儲けようとするならば、短期的に考えるよりも長期的、最低でも6ヶ月以上は継続しないと良い結果が現れにくいです。

 

また、自動売買システムであるのにスキャルピングやデイトレードのようなやり方は、自動売買でトレードするメリットがありません。

 

短期的に結果を出そうとしても逆に無理をしてしまい損する可能性が高くなります。

 

そこで、iサイクル注文で儲かるための3つのルールをまとめました。

 

想定しているコースはL25mini 1lot=1,000通貨です。

外為オンラインiサイクル注文で儲かるための3つのルール

想定変動幅は最低でも500pip以上

 

最大ポジション数(注文数)は5つ以上

 

長期的なトレンドをとらえる

 

 

@想定変動幅は最低でも500pip以上

 

日本ドルの場合、年間で4円以上の変動は高い確率で発生します。

 

なので、想定変動幅は最低でも500pip(5円)以上とするのが無難です。

 

500pip以下で買い方向(または売り方向)を指定すると、大きな相場変動があった際にロスカットされる可能性が高くなります。

 

予算が大きい方は想定変動幅を1,500pip(15円)以上にしておくと、大きい経済指標が発表されても持ちこたえる可能性が非常に高くなります。

その場合対象資産は70万円ほどです。

 

 

A最大ポジション数(注文数)は5つ以上

 

想定変動幅に対して最大ポジション数が大きいとそれだけ多くの予算が必要になりますが、最大ポジション数が4つ以下ではあまり自動売買の利点を生かすことができません。

 

年間での相場変動が少ない場合には、より損益が出にくくなるので自動売買を利用してもメリットがないです。

 

基本的には最大ポジション数が5つ以上あるとiサイクル注文のメリットが生きてきますが、その場合の具体的な予算はどれほど必要でしょうか。

以下を参考にしてください。

 

対象資産 50万円
想定変動幅 500pip
最大ポジション数 6
ポジション間隔
(値幅)
83pip
利食い額 830円以上
損切り額 5,000円以上

 

対象資産が50万円(レバレッジ5倍で元金10万円)で想定変動幅が500pipの場合、最大ポジション数は6となります。

 

この設定でトレンドが想定通りに伸びた場合、830円×6=4,980円の利食いです。

 

ただし、予想と外れてトレンドが逆方向に向かうと5,000円以上の損切りの可能性があります。

 

ですが、売買方向方式ではなくトレンド方式を選択している場合、トレンドを追従していくので損切りでの損失は大幅に削減できるでしょう。

 

 

B長期的なトレンドをとらえる

 

トレンド方式というトレンド追従型の自動売買は画期的なシステムです。

 

ですが、このトレンド方式でiサイクル注文をした場合、トレンドが転換すると今まで持っていたポジションがほぼ決済(損切り)するので、大きく資金を失うこともあります。

 

こうしたトレンド転換のシンプルな解決策は、長期的なトレンド転換でトレンド追従を計るように設定することです。

 

そうした設定をする場合は損切りさせないために想定変動値幅を1500pip(15円)以上にするべきでしょう。

 

大きな経済指標が生じた場合には自分が所有していたポジションから、10円〜20円以上に差が開くこともあるからです。

 

iサイクル注文では予算が大きいほど有利な設定をすることが可能となります。

 

逆に少ない資産でレバレッジをかけて過ぎるとすぐにロスカットとなり損失しか生まれません。

 

レバレッジは最低でも3倍〜5倍までに留めておきましょう。

外為オンラインのiサイクル注文を選ぶ理由

iサイクル注文の最大のメリットはなんといっても相場に合わせて自動で追従してくれる機能です。

 

iサイクル注文はレンジ相場でこそ真価を発揮できます。

 

レンジ相場とは、一定の変動幅の範囲内で価格が上がったり下がったりを何回となく繰り返す相場をいいます。

 

相場の70%はレンジ相場といわれているので、そのレンジ相場で上手に利益を出せることが、FXで成功する近道です。

 

レンジ相場の正確なレンジ幅というのは掌握するのが難しいものですが、iサイクル注文はレンジの上限と下限を自動で変更して追随してくれる機能を持っているのが魅力でしょう。

 

またiサイクル注文で取引できる通貨ペアは、システムトレードを取扱う国内FX業者の中では最も多く24種類となっています。

 

通貨ペアとは、買う通貨と売る通貨の組み合わせのことを通貨ペアといい、通貨ペアが多いということは、それだけ選択肢が多いということになります。

 

外為オンラインではminiコースという1000単位から取引を始めることができるコースも用意されており比較的少額な資金で始めることができます。

 

いきなり大金で取引を始めるよりもデモトレードで慣れたらminiコースにステップアップして徐々に資金を追加することをおすすめします。

 

外為オンラインでは全国でFXセミナーを無料で開催しているので初心者〜上級者の方まで幅広くサポートしています。

 

システムトレードを始めるなら外為オンラインを選びましょう!

外為オンラインの魅力は他社にはない 「使いやすさ」です!

5,000円から取引できるminiコースや、直観的に操作できる取引画面に無料セミナー、電話サポート等

とにかく初心者に優しいサービスが盛りだくさん!

口座開設は最短10分!
さっそく申込んでおきましょう!

米ドル/円
スプレッド
取扱い単位 通貨ペア 手数料
1銭 1千通貨単位
1万通貨単位
24ペア 無料
初回入金 口座開設
キャンペーン
スマホ対応 総合評価
設定なし 開催中 iPhone○
Android○
★★★★★
口座開設はこちら

関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • トレードスタイル
  • 4,000円から始める
  • 初心者・主婦向け
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 口座開設数
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧

当サイトキャンペーン中のFX口座

    • 1000通貨単位対応!約5000円から取引可
    • 高性能自動売買ツール「iサイクル注文」
    • 無料セミナーと万全サポートで初心者も安心
    • 高金利通貨5ペアの取扱い
    • 抜群に安定した運営状況なので安心!
    • スマホ、タブレット用高機能専用アプリ
    • FX取引高6年連続世界第1位!
    • 低スプレッドだから低コストで取引可!
    • 安心の24時間電話サポート
    • 安定したシステム。100%の約定力
    • 「ぱっと見テクニカル」で簡単相場分析
    • 高機能ツールで取引のチャンスを逃さない
    • 常時開催の食品プレゼントキャンペーン
    • 2018年オリコン顧客満足度第1位
    • 業界最多水準!50種類の通貨ペア