1. HOME
  2.  > FXと仮想通貨の違いを徹底比較!取引方法は似ているがリスクの桁が違う!

FXと仮想通貨の違いを徹底比較!取引方法は似ているがリスクの桁が違う

今何かと話題の仮想通貨ですが、まだ仮想通貨はどんなものなのか、FXとは何が違うのかが理解できていない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

仮想通貨とFXは取引方法こそ似ていますが、通貨の在り方や取引時に気を付けなければいけないことなど大きく異なる点もあります。

 

このコラムでは、仮想通貨とFXのメリットデメリットやリスクを比較して、それぞれの特徴を解説していきます。

初心者の91%が選んでいるFX口座 ※当サイト調べ

5年連続FX年間取引高No.1!
高い約定力と使いやすいツールで、初心者から絶大な支持を得ている人気口座です。
年間取引高は237兆円! ※2015年時
外為オンラインなら資金に合わせて自分にピッタリなトレード方法を見つけることができます。

そもそも仮想通貨ってどんなもの?特徴と特性

仮想通貨には実体がない

仮想通貨はその名の通り実体がなく、インターネット上のみで取引が行われています。

 

また仮想通貨の正式名称は暗号通貨であり、暗号理論を用いて安全性の確保や、むやみに発行されないようになっています。

仮想通貨の価値は誰も保証していない

円などの通貨は発行している国が価値を保証していますが、仮想通貨には国のような通貨の管理者は存在せず価値は保有している人全員で決定しています。

 

具体的には売りたい人と買いたい人の希望価格の均衡がとれたところが仮想通貨の価値となります。

 

つまり、売りたい人が多い(需要の減少)と価値は下がり、買いたい人が多い(需要の増加)と価値は上がるということになります。

仮想通貨はFXと同じように取引が可能

仮想通貨の事業者にもよりますが、あらかじめ証拠金を入金しレバレッジ(持っている金額以上の仮想通貨を購入し、差額の損益のみが自分のものになる)をかけ取引をすることができます。

 

売ポジション(価値が下がるほど利益になる)を持つこともでき、価格の上昇下落どちらでも利益を出すことができる点もFXと同じです。

仮想通貨の相場は激しく上下している

仮想通貨の流動性が低い(取引されている量が少ない)ため、価格は激しく上下しています。

 

FXでも流動性が低い通貨(新興国通貨)は値動きが激しくリスクが高いことで知られています。

仮想通貨とFXのリスク比較

相場の値動き

仮想通貨の値動きは非常に大きいです。

 

暴騰暴落を繰り返しており大きな利益が出る可能性もありますが、信用取引(FXのように証拠金を入金した差金決済)をしている場合、即ロスカットになる可能性がFXと比較して大きくなっています。

 

1ビットコインを売買するときの手数料(スプレッド)は数万円かかります。

 

FXは100万円分取引しても手数料は100円程度なので、仮想通貨の手数料はFXと比較して非常に高額です。

通貨の盗難の可能性

たびたびニュースになる仮想通貨の盗難が問題になっています。

 

まだ取引が開始してから間もないため、取引環境が成熟しておらずハッキングによる盗難がFXと比較して容易になっているのが現状です。

出金不可の可能性

FXの取引をするために入金したお金は必ず全額銀行へ信託保全され、会社が万一倒産してしまっても資金は返金されます。しかし2018年3月現在仮想通貨にこのような制度はありません。

 

そのため仮想通貨の盗難などにより仮想通貨の取引を行っている会社に大きな損失があると、顧客の資金が保全されていないため出金できないなどのリスクがあります。

 

同じ理由で仮想通貨の事業者が倒産した場合も資金は帰ってきません。

今後の規制の可能性

仮想通貨の流出など、仮想通貨の信頼を揺るがす事案があり仮想通貨の規制は必至だと考えられます。

 

FXでもレバレッジの規制などが進んでいます。

通貨の価値の保証

実は仮想通貨の価値は誰も保証していません。 そのため極端ですが突然価値が0になる場合もあり得る話です。

 

FXで取引できる通貨は米ドルならアメリカ、円なら日本など発行している国が価値を保証しており、国がなくならない限り価値は保証され続けます。

出金スピード

仮想通貨の口座からの出金は非常にスピーディに行うことができます。

 

FXは翌営業日や2営業日後の出金となっている場合が多いです。

流動性の大きさ

流動性は、通貨の取引量が多ければ大きくなり少なければ小さくなります。

 

一般的に流動性が大きいと通貨の価格は安定し、小さいと価格は激しく上下します。

 

仮想通貨は流通量が少なくドルや円などと比べて流動性が著しく小さいです。

 

流動性が小さいデメリットとして以下のことがあります。 
・手数料(スプレッド)の拡大 
・価格の暴騰暴落 
・売買できない可能性
など

仮想通貨とFXの税制面の比較

仮想通貨とFXでは税制面で大きく異なることがあります。

 

特にすでに収入がある方には大きく影響するのでしっかりと確認しましょう。

仮想通貨=総合課税

仮想通貨で得た利益には総合課税が適用されます。

 

総合課税なので、ほかに収入がある場合はその収入に仮想通貨の利益がが加算され、その合計に課税されます。

 

所得と税率の関係は下の表のとおりです。(国税庁より)

 

所得 税率(+住民税10%) 控除額
195万円以下 5%+10%=15% 0円
195万円を超え、330万円以下 10%+10%=20% 97,500円
330万円を超え695万円以下 20%+10%=30% 427,500円
695万円を超え900万円以下 23%+10%=33% 636,000円
900万円を超え1,800万円以下 33%+10%=43% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40%+10%=50% 2,796,000円
4,000万円超 45%+10%=55% 4,796,000円

 

他に収入がある場合、所得の合計が増えて税率が上がってしまう可能性があります。

 

FXは損失が出た場合は次年度へ引き継ぎ課税対象額を減らすことができますが、仮想通貨の取引での損失は次年度へ引き継ぐことができません。

FX=申告分離課税

FXでの利益は他の所得とは分離して確定申告をする必要がありますが、税率は20.315%一律と仮想通貨よりも優遇されています。

 

所得(FXのみ) 税率(+住民税5%) 控除額
20万円以下 0%+0%=0% 0円
20万円を超える 15.315%+5%=20.315% 0円

 

FXでの年間の利益が20万円を超えない場合は確定申告が必要なく課税もされません。

 

逆に損失が出てしまった場合は3年間にわたって損失を引き継ぐことができます。

 

例:
1年目=50万円の損失
2年目=30万円の利益
3年目=10万円の利益
4年目=40万円の利益
5年目=30万円の利益

 

2年目と4年目は利益が20万円を超えているので課税されますが、、1年目の損失を3年間引き継ぐことができるので
2年目=30万円の利益−50万円の損失=20万円の損失となり、課税されない
3年目=10万円の利益−20万円の損失=10万円の損失となる
4年目=40万円の利益−10万円の損失=30万円の利益となり、30万円に課税される
5年目は損失の引き継ぎがないので30万円に課税される

 

損益 損失の引き継ぎ 課税対象額
1年目 -50万円 50万円 0万円
2年目 30万円 20万円 0万円
3年目 10万円 10万円 0万円
4年目 40万円 0万円 30万円
5年目 30万円 0万円 30万円

利益が確定するタイミング

仮想通貨、FXともに利益が発生するタイミングはポジションを決済するときになります。(購入した通貨を売却するとき)

 

つまり、決済しなければ税金は発生しません。(FX口座によってはスワップポイントに課税)

仮想通貨とFXの手数料比較

仮想通貨、FXで取引をするときには口座によって指定された手数料を支払う必要があります。

 

手数料といっても実は2種類あり、1つは純粋な取扱手数料。

 

もう一つはスプレッドがあります。

 

スプレッドとは通貨を買うときと売るときの値段の差のことで、利用する口座や通貨などで大きく異なっています。

仮想通貨の手数料

下の画像と表は仮想通貨取引で代表的な口座bitFlyerでの1ビットコインの価格(2018年2月26日)と購入時にかかる手数料です。

 

スプレッド(手数料) 手数料 手数料合計 手数料率
25,404円 無料 25,404円 2.41%

 

1ビットコインを購入した場合、手数料は25,404円になります。

 

購入価格に対する手数料率は2.41%となり、購入した瞬間2.41%の損失を負うということになります。

FXの手数料

下の画像と表は大手FX口座外為オンラインでの1米ドルの価格(2018年2月26日)と1万米ドル購入時にかかる手数料です。

 

スプレッド(手数料) 手数料 手数料合計 手数料率
100円 無料 100円 0.00938%

 

FXは1万ドル(1,066,100円)購入すると100円の手数料がかかります。

 

購入価格に対する手数料は0.00938%と仮想通貨に比べて非常に低くなっています。

 

仮想通貨はまだ手数料が非常に高く、利益を出すには2.41%(25,404円)以上値上がりした時に売却する必要があります。

 

一方FXは手数料が非常に低く、0.00938%(1銭)値上がりすれば利益が出ることになります。

出金手数料

利益を出金する時にも手数料がかかる場合があります。

 

・仮想通貨(bitFlyer)
出金額3万円未満:540円(三井住友銀行なら216円)
出金額3万円以上:756円(三井住友銀行なら432円)

 

・ FX(外為オンライン)
無料

仮想通貨のメリットデメリットまとめ

仮想通貨のメリット

値動きにより大きな利益を獲得できる場合がある

仮想通貨のデメリット

値動きにより大きな損失となる場合がある
手数料が高い
安全性が保障されていない
価値が保障されていない

 

仮想通貨の最大の魅力は、値動きが激しいので相場にうまく乗ることができれば大きな利益を得られることです。
しかし相場に乗れないと大きな損失になるので、仮想通貨は現状リスクが非常に高いです。

 

また取引が開始され始めたばかりの仮想通貨はまだ競争が十分に進んでおらず手数料が高いままです。

 

手数料分を取り戻さないと利益を上げることはできないので、仮想通貨で利益を上げることはFXと比べて難しいといえます。

 

通貨のトレードで利益を出したいのならば、まだ整備がされていない仮想通貨の市場よりも、基盤が整っているFXの市場のほうがリスクを抑えた安全な取引が可能でしょう。

取引するための基盤が整っているFXが比較的安全

FXは仮想通貨に比べ、個人投資家を守る仕組みが確立しているため安全

FXは個人投資家を守る仕組みが確立しています。その仕組みには以下のものがあります 。

 

・信託保全
入金されたお金はすべて銀行で保管されているため、FX会社が倒産した場合でもお金が帰ってきます。

 

・ロスカットルール
元手以上の損失にならないように損失が膨らみすぎたら強制的に決済されます。

 

・強固なサーバー
FX口座の多くは思った通りに注文が通ります。
対して仮想通貨の取引口座ではここぞというときに注文ができないということが頻発しています。
FXは登場してから歴史も長く競争も激しくなっておりサーバーの強さもFX口座を選ぶ基準になっています。
またサーバーが強くないとロスカットルールがあってもロスカットされないなど損失を膨らませる原因になります。

初心者には外為オンラインがおすすめ

1 強い約定力、スリッページが発生しづらい

 

思ったところで約定できることは初心者が安全に取引する上で必須です。

 

2 自動取引ツールが利用できる

 

自動で売買を繰り返し利益を積み重ねてくれるツールを利用することができます。
設定は過去の実績から良いものをランキングで選択することができ、その設定をそのまま利用することができます。

 

3 1000通貨からの取引が可能

 

FX口座によっては1万通貨(約4万円から)の取引しか対応していない場合がありますが、外為オンラインなら1000通貨(約4000円)からの取引が可能!
初めから大きな金額を動かすのが不安な方におすすめです。

 

4 ロスカットになりづらい

 

元手以上の損失にならないようにロスカットがありますが、口座によってロスカットのなりやすさが異なります。
外為オンラインはFX口座の中でも最もロスカットになりづらい口座になっています。
ロスカットの基準は証拠金率=○○%以下とあらわされることが多くロスカットされる証拠金率が低いほどロスカットになりづらいです。
他のFX口座が100%や50%などが多い中外為オンラインは20%と非常に低くなっており、ロスカットがされにくい口座になっています。

 

5 自己資本規制比率が高いので倒産の恐れがほぼない

 

自己資本規制比率の最低基準は120%ですが、外為オンラインは488.2%(2018年1月)と大幅に上回っており、経営状況は安定しているということがわかります。

 

外為オンラインは初心者が安定、安心した取引ができる環境が整っています!

外為オンラインの魅力は他社にはない 「使いやすさ」です!

5,000円から取引できるminiコースや、直観的に操作できる取引画面に無料セミナー、電話サポート等

とにかく初心者に優しいサービスが盛りだくさん!

口座開設は最短10分!
さっそく申込んでおきましょう!

米ドル/円
スプレッド
取扱い単位 通貨ペア 手数料
1銭 1千通貨単位
1万通貨単位
24ペア 無料
初回入金 口座開設
キャンペーン
スマホ対応 総合評価
設定なし 開催中 iPhone○
Android○
★★★★★
口座開設はこちら

関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • トレードスタイル
  • 4,000円から始める
  • 初心者・主婦向け
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 口座開設数
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧

当サイトキャンペーン中のFX口座

    • 1000通貨単位対応!約5000円から取引可
    • 高性能自動売買ツール「iサイクル注文」
    • 無料セミナーと万全サポートで初心者も安心
    • 高金利通貨5ペアの取扱い
    • 抜群に安定した運営状況なので安心!
    • スマホ、タブレット用高機能専用アプリ
    • FX取引高6年連続世界第1位!
    • 低スプレッドだから低コストで取引可!
    • 安心の24時間電話サポート
    • 安定したシステム。100%の約定力
    • 「ぱっと見テクニカル」で簡単相場分析
    • 高機能ツールで取引のチャンスを逃さない
    • 常時開催の食品プレゼントキャンペーン
    • 2018年オリコン顧客満足度第1位
    • 業界最多水準!50種類の通貨ペア