1. HOME
  2.  > バイナリーオプションの税金とサラリーマンの確定申告2つの対策方法

バイナリーオプションの税金とサラリーマンの確定申告2つの対策方法

国内バイナリーオプション、FXの利益の税金計算方法

バイナリーオプションやFXで利益が出た場合、税金や確定申告はどんな手続きをするのか悩んだ事はありませんか?

投資で利益や損失が出たら税金の手続きや計算がついてまわります。
サラリーマンの方で投資を始めたばかりの方は税金の手続き、特に確定申告はあまり馴染みがないでしょう。

海外の取引業者と国内の取引業者では、同じ損益額でも税金の金額は異なったり、とにかく煩雑な印象を受けがちですが、優遇制度などをうまく利用して、しっかりと対策をしていけば恐れることはありません。

そこで海外業者で取引した場合と国内業者で取引した場合の税率や計算方法の違いと、確定申告に対する2つの対策をチェックしていきましょう。

申告分離課税とは

バイナリーオプション、FX取引で収益を得た場合、申告分離課税もしくは総合課税といった課税方法で、利益に対し税金が課せられます。
国内のバイナリーオプション、FX業者で取引し収益が発生すると<申告分離課税>の対象となります。
申告分離課税とは、他の所得とは分離して税額を計算する課税方法のことです。
国内バイナリーオプション業者、FX業者を利用して得た収益は、他の所得(給与収入、不動産による家賃収入等)とは分離して、計算されるのです。

申告分離課税には大きな特徴が2つあります。

@税率が一律!

申告分離課税は一律課税方式という計算方法で、サラリーマンの給料や不動産による家賃収入など、その他の所得とは別に税金を計算します。

何が一律かというと、税率が「一律」で課税所得額に対し20.315%課税されます。

バイナリーオプション、FX取引の課税所得額とは、通年の損益合計額から手数料や経費などを控除した額のことです。

また、年間の利益が20万円未満の場合は、支払う必要はなく、確定申告も不要です。

A3年間の損失の繰越控除ができる!

申告分離課税では、バイナリーオプション、FX取引の損失を、最大で3年間繰り越す優遇制度があります。

損失繰越控除の例

バイナリーオプション、FX取引の1年目の通年損益・・・-50万円
バイナリーオプション、FX取引の2年目の通年損益・・・+100万円
*手数料などは省略しています。
上記の例の2年間の税額を確認してみましょう。1年目は通年で損失がでていますので、税金は発生しません。
2年目の課税金額の計算方法は、100万円に対して税金が発生するのではなく、100-50=50万円(2年目利益額-1年目の損失額)に対して20.315%の税金が課税されるので、税額は約10万円になります。
1年目の損失を繰り越して、2年目の利益から2年目の損失を、控除することができるわけです。

総合課税とは

総合課税とは、サラリーマンであれば給料や不動産による家賃収入などの他の収入と、バイナリーオプション、FXの収入など、全部の所得をひとまとめにして支払う税金を計算する方法です。

海外のバイナリーオプション、FX業者は日本の金融庁の認可がないため、バイナリーオプション、FX取引の利益でも金融商品取引法に規定する店頭デリバティブ取引に該当しない雑所得とみなされるので、総合課税の税率及び計算方法になります。

総合課税にも大きな特徴が2つあります。

@税率が一律ではない!

総合課税では累進課税方式という計算方法で課税されます。バイナリーオプション、FXの利益額が多ければ多いほど課税額が高くなります。

総合課税としての累進課税の所得額、税率、控除額の関係は以下の通りです

95万円以下 5% 控除額 0円
195万円〜330万円→ 10% 控除額 97,500円
330万円〜695万円→ 20% 控除額 427,500円
695万円〜900万円→ 23% 控除額 636,000円
900万円〜1800万円→33% 控除額 1,536,000円
1800万円〜4000万円→40% 控除額 2,796,000円
4000万円超→45% 控除額 4,796,000円

総合課税の場合、税額を計算するには3ステップの計算が必要になります。

1、総所得額=給与にバイナリーオプション、FX取引による収入を合算
2、課税所得額=総所得額−必要経費
3、納税額の計算=課税所得額−控除額+復興所得税

申告分離課税に比べ計算が複雑になるので注意しましょう。

A損失の繰越控除ができない!

総合課税の場合、3年間の繰越控除はできません。

1年だけで考えれば総合課税の方が税率は安く魅力的かもしれませんが2年間で考えてみるとどうでしょうか。

たとえば、大きな損失が出てしまった年の翌年に少し利益が出た場合、総合課税の場合損失の繰越控除はできないため、利益が出ていれば課税されます。

2年間のトータルで考えると結果的に申告分離課税より多く税金を納めていたなんてことも十分にあり得ます。

また海外のバイナリーオプション、FX業者は日本の金融庁の監督下にないため出金トラブルの事例が多く報告されています。

国内業者では信託保全が義務化さているので万が一取引業者が突然倒産したとしても、預金は保証されます。

海外のバイナリーオプション、FX口座を利用するのは非常に危険です。

確定申告の対策1 年間の利益額を抑える。

国内外どちらのバイナリーオプション取引業者を利用しても、年間20万円以上の利益が出なければ、確定申告は不要です。 月々16,000円くらいの収益で抑えることができれば、年間の収益は20万円未満なので税金はかかりません。

バイナリーオプション取引を始めたばかりのサラリーマンの方などは、最初の1年目は取引自体に慣れることも重要です。

最初はお小遣い稼ぎ程度の気軽な気持ちで始めるとよいでしょう。

確定申告の対策2 GMOクリック証券の外為オプションの口座を使う。

年間20万円以上稼いだ場合、確定申告が必要になりますが、GMOクリック証券の外為オプションなら取引で発生した損益をまとめた年間損益報告書が毎年年初の1月の中旬くらいに電子交付されます。

外為オプション取引を利用した場合の年間損益証明書には
1、購入代金・・・1年間の購入代金の合計額
2、トレーディング益・・・1年間の年間のトレーディング益の合計額

これらを記載したものが電子交付されます。

電子交付された年間損益報告書を基に確定申告しましょう。

確定申告に必要なトレーディング益などは全て記載されているので確定申告書には転記するだけです。

またGMOクリック証券の外為オプションであれば、1,000円以下の少額な金額で取引を始める事ができ、取引時間は8:00〜翌5:00でいつでも好きな時間に取引をすることができます。

さらに高機能なスマートフォン用の専用ツールも利用できるので、取引にはパソコンも必要ありません。

まさにいつでもどこでも取引できるのでサラリーマンの方にも自信を持っておすすめします。

GMOクリック証券の外為オプションは無料のデモ取引もできるので実際のお金で取引する前に実際の取引の雰囲気を体験することができます。

まずは、月々16,000円を稼ぐことを目標に、GMOクリック証券で口座を開設して、空き時間に取引を始めてみましょう。

知っとくポイント

cricshoken




GMOクリック証券外為オプション
1枚1000円未満から取引可能
途中売却で損益確定できるのが人気!
バイナリーオプションをこれから始めるなら外為オプションがオススメ!

オリコン顧客満足度ランキング第1位!

人気の外為オプションはもちろん、FX取引も業界最高水準です。 最狭スプレッドに加え、自分に合った高機能ツールが選べるところが魅力です。

口座開設・維持は無料なのでまずは最短5分の口座開設を申し込みましょう!

口座開設はこちら

関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧