1. HOME
  2.  >  外為オンラインiサイクル注文Rの設定方法で1日15,000円ずつ稼ぐポイント
  3.  > 外為オンラインがスプレッドが1銭でも初心者から選ばれる理由

外為オンラインがスプレッドが1銭でも初心者から選ばれる理由

FX口座を選ぶときに見るべき3つのポイント

ポイント01
コスト
ポイント02
FXの取り扱う内容
ポイント03
信頼性と安全性
外為オンラインと外為どっとコム比較
FX会社




手数料の安さ
(スプレッド)


ドル/円 1.0銭 原則固定


ドル/円 0.3銭 原則固定
取引時の安定性
(約定力)


口座開設数 48万口座
サポート体制
初心者向け度
始める際に
必要な金額
約5,000円〜
約5,000円〜
 

コスト

コストとは口座を取引する時の入金手数料や出金手数料とスプレッドがあります。

スプレッドの意味は英語で広がるという意味を表しています。

よくテレビのニュースなどで本日の為替相場は「1ドル102円15銭から25銭の間です」と発表していますがこれは売値と買値の金額を発表してます。


詳しく説明すると1ドルを売るときは102円15銭をもらえて、1ドルを買うときは102円25銭を支払います。 この差額をスプレッドの差額と言います。売値と買値の差額はどこのFX会社も同じ設定でないので、スプレッドが低いFX会社を選ぶとコストをおさえることができるので、口座開設する時はスプレッドが何銭なのかを確かめましょう。


コスト面でもう一つ口座開設の時に各社調べて比較することは、 入金手数料と出金手数料がどのくらい安くて済むのかです。手数料は現在どこのFX会社もほぼ0円となっていますが、有料のFX会社もあるので注意しておきましょう。


手数料がかかると入出金する度に、FXで苦労して儲けたお金が少しずつ減ってしまいます。特に1日に何度も入出金をする場合は、手数料の低い取引口座を選ぶことが大切です。

FX会社が取扱う内容

どこの会社も最近は、内容を豊富にして機能の使いやすさ、コスト面の低さなど初心者でも扱いやすくなっていますが、まだ古いシステムのFX会社もあります。


初めてFXをするならチャートが使いやすくてわかりやすいシステムなのかという点もポイントですが、 どのくらいの通貨量で取引ができる口座なのかをみるのもポイントの1つです。

例えば1万通貨単位の取引だと1万円の単位から取引ができますが、1000通貨は通常の10分の1の取引の1千円単位の金額でも大丈夫ということになります。 大金をいきなり口座に入金して失敗するより少額で、取引単位を小さくして始めればリスクも小さく済み安心してFXの勉強をすることができます。


安心面ではロスカット水準という項目もしっかり見ておくことが大事です。
ロスカットとは破産的損失が出る前に食い止めてくれる仕組みです。 ロスカットがかかる水準とは、FX会社によって設定されている水準になるとロスカットになりますというパーセンテージです。


基準以上なら自分でパーセンテージを引き上げる設定もできます。 ロスカットの設定があれば証拠金以上の損失が出ることはありませんのでまずはロスカットがあるか、ロスカット水準はどのくらいなのか自分にあったロスカット水準かなどしっかり確かめて考える必要があります。 ロスカットはFXをするにはなくてはならない安心のシステムなのです。

信頼性と安全性

信頼性とは「金融先物取引業者」に登録されている会社かどうかなので必ず確認しておきましょう。 


安全性とはFX会社を窓口として取引をしてFX会社の口座に証拠金を入金しますが、運悪く口座開設をしたFX会社が破綻した場合には、預けていた証拠金が戻ってこない最悪な事態もあります。これを避けるためには 信託保全を行っているかも重要なポイントです。


信託保全とは、顧客から預かった証拠金をFX会社の経営資金とは別に管理をしてもらう信託銀行などに任せてあるシステムです。 この信託保全システムによって、突然FX会社が破綻をしても顧客の証拠金が守られているので安心です。



他にFX会社の信頼性を見るには、口座開設数やどのくらい取引高があるかなど、ホームページを見て確かめておくとよいでしょう。

外為オンラインと外為どっとコム比較
FX会社




手数料の安さ
(スプレッド)


ドル/円 1.0銭 原則固定


ドル/円 0.3銭 原則固定
取引時の安定性
(約定力)


口座開設数 45万口座
サポート体制
初心者向け度
始める際に
必要な金額
約5,000円〜
約5,000円〜
 

使ってみないとわからない隠れたコストとは

コストはなるべく最小限におさえたいものですが、実際に口座開設して取引をしてからわかるコストもあります。
それは取引の中で スリッページという損失があるからです。

スリッページは予想以上の激しい値動きが始まり、そんな時クリックして約定しようとしてもすべってしまい決済ができずにそのまま損失が膨らんでしまうという自分ではどうにもならなく発生してしまうコストなのです。

スリッページ対策をするにはFX会社の約定力が重要になります。約定力が良く安定している会社ならスリッページせずにしっかり約定できるので、突然の為替変動による無駄な損失がなく隠れたコスト面でも安心して取引ができます。

スプレッドが狭くても約定力が悪くては、余計なコストが出るので大切な資産を減らすことになります。

数あるFX会社の中でも 外為オンラインは約定力にも定評があるので、初心者でも安心できる会社です。

外為オンライン

5年連続FX年間取引高No.1!
高い約定力と使いやすいツールで、初心者から絶大な支持を得ている人気口座です。

外為オンラインなら資金に合わせて自分にピッタリなトレード方法を見つけることができます。

リスクをコントロールできる口座の条件とは

スリッページやロスカット水準などのリスクをコントロールできる口座の条件とは、約定力の強さがあり、低いロスカット水準であるなどがポイントです。

FX会社によってもロスカット水準が高く設定されている口座などがありますが、 あまり水準が高いと、ロスカットが早くなって資金が即座に減ってしまう心配があります

例えば10万円の資金で20%のロスカット水準の口座だと、8万円損失が出て2万円だけ口座に残ったら決済となります。もし、ロスカット水準が30%だと資金7万円損失が出て口座に3万円残ったら決済となります。


ロスカット水準が高く設定されていると、思いがけなく多額のリスクを負うことになるので、口座を選ぶ時は証拠金維持率も必ず見るようにしましょう。


FX会社によってロスカット水準は色々ですが、 外為オンラインではロスカット水準の設定がコースによって2通りあるので自分に合ったコースを選ぶことも可能です。

もう一つのリスクコントロールには、1万通貨の取引と1000通貨での取引では損失のリスクも変わるので、両方の通過が取引できる口座をおすすめします。

1000通貨だと、為替の変動が1円になった場合は1000円の損失ですが、1万通貨で取引していると、1万円の損失になるのでリスクを考えると、1000通貨の取引ができる口座は損失が少なく済むので安心です。

外為オンラインの2つのminiコースのロスカット水準

◎L25 / L25mini コース

有効証拠金が必要証拠金の20%を下回った場合、自動ですべてのポジションを決済します。

上記の随時ロスカット判定とは別に、定時の証拠金判定(こちらは100%でチェック)があります。





◎L25Rコース / L25Rminiコース

有効証拠金が必要証拠金の100%を下回った場合、自動ですべてのポジションを決済します。


外為オンラインは安心安全、初心者にやさしい優良なFX会社

FX会社でスプレッドは0.3銭、0.5銭と狭いところもありますが、外為オンラインのスプレッドは1銭となっています。

でも、会社の信用度も高く口座開設数も年々増えていき、 年間取引ナンバーワンの実績があります。

初心者にもやさしい基礎から実践まで充実したセミナーも無料で受講できるのでFXを知らなかった人でも安心です。

約定力も高いので優良なFX会社であるため、外為オンラインはスプレッド1銭でも選ばれていて安心して口座開設ができます。

知っとくポイント

cricshoken外為オンラインの特徴は何と言っても他にはない使いやすさ高いスワップポイントです。

外為オンラインを選ぶ理由

4,000円から取引できるminiコースや、 
直観的に操作できる取引画面に無料セミナー、電話サポート等とにかく初心者に優しいサービスが盛りだくさん!口座開設は最短10分!
さっそく申込んでおきましょう!

口座開設はこちら

関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧