逆張りで動きのないレンジ相場を狙って安全に月9万円稼ぐ方法

FX取引でのさまざまな取引方法で注目すべき投資法とは?

最近は政情不安や経済不安で相場が大きく動く展開を見る機会が多くなっています。



ですがFX投資を実施していると、常時の相場の動きは指して大きなものではなく、
穏やかで小幅な振れ幅に留まったトレンドになっているのが普通です。




FX投資を効率的に考えた場合、時間的に短い大きなトレンドで投資を行うよりも、
時間的に大きな割合を占める穏やかなトレンドに軸を置いたFX投資に力を入れるというのも、1つのFX投資戦略と言えるでしょう。



実際、安定した利益を出している人の多くは主に穏やかな相場、つまりレンジ相場で稼いでいるとも言われています。

レンジ相場 トレンド相場
レンジ="range"=「範囲」。つまり、相場の方向性がはっきりとせず、一定範囲の値幅内で上下を繰り返している相場状況のこと。 トレンド="trend"=「傾向・動向」。つまり、相場が一方向に進んでいる状況のことをいう。上昇傾向の時は「上昇トレンド」、下降傾向の時は「下降トレンド」という。


トレンド相場は相場全体の3割程度となっており、それ以外の7割は「レンジ相場」となっています。


つまりこの「レンジ相場」で確実に利益を出していくことに重点を置いた取引を考えると言うことなのです。


一般的にレンジ相場で利益を生み出す投資手法となると、少ない利益をコツコツと積み上げると言う投資になることが多くなります。



一方大きなトレンドでのFX投資では1回の取引で大きな利益を期待出来る要素があります。



では何故あえてレンジ相場での取引が注目されるのか。

この理由をより深く探っていくことにしましょう。

一見地味な「レンジ相場」での取引を何故「重宝」するのか?

レンジ相場での取引にあまり魅力を感じないと言う方が多いのですが、それは投資の見た目にダイナミズムがなく、投資方法が地味な印象を与えているからです。


しかし良く検証してみると、一概にそうとは言い切れないメリットがあります。


ではレンジ相場での投資メリットには大きな動きのトレンド相場と比較してどの様なメリットがあるのかを一覧にしましたので、参照してみましょう。

比較要素 レンジ相場 トレンド相場
時間割合 全体の7割 全体の3割
稼ぎ出せる利益 少額な利益 多額な利益も可能
確実性 確実性が高く勝率80%以上と高い 投機性が高く勝率はレンジ相場に比べて低い

トレンド相場とレンジ相場は、投資に関わることの出来る時間と利益の大きさに全く大きな差があります。


トレンド相場ではより大きな利益を出すことが可能ですが、それに伴い損失リスクも向上します。



従って限りなく大きな金額の取引を除外して考え
結果として投資の効率性だけで考慮すると、その利益の総額は「時間×利益」となりますので、実はあまり大きな差ではないことが分かります。




しかしそこで勝率の要素を考慮に入れると結果は異なってきます。

トレンド相場と比較して、レンジ相場では実に80%以上の勝率があるということがわかっています。



この勝率の高さを考慮すると、レンジ相場がいかに利益を確実に出す上で、魅力的な投資法なのかが良く分かります。



つまり高い勝率を維持すれば、「レンジ相場」でのFX投資は非常に利益を生み出せる可能性の高い投資方法であることが分かります。


但しこのレンジ相場でのFX取引にも最低限のルールは存在します。

それは高い勝率を下げない様な投資ルールを守るということです。


ではその投資ルールとは具体的にどの様なものなのでしょうか。



レンジ相場で勝率を落とさないための投資ルールをまとめました。



レンジ相場で勝率を落とさない為の取引ルールのまとめ

1
最低限投資に必要な資金を5万円は確保しておく。
2
一回の利益の目標は+30銭までとし、必要以上に欲張らない。
3
勝率は80%以上あることをしっかりと理解し、損失は-50銭まで許容する。
(その取引では損失となってもトータルではプラスの利益になる。)
4
4.取引開始は上値、下値でトレンドが折り返しをするタイミングが良い。



以上が取引における最低限のルールとなります。

ルール自体はいずれも決して難しいものはなく、実践が簡単なものばかりだと言えます。



この取引ルールを守れば、1万通貨での取引で1日に3,000円の利益となりますので、
1月に約9万円の利益を安定して稼ぎ出せる計算となります





これ以外にも取引に最適な時間として,

欧州・NY相場の取引時間と重複する時間など相場が荒れそうな時間を避けることや、
取引における上限値や下限値に目途になるラインを引き、そのラインを目安に取引を行う
ということなどがあります。



また、レンジ相場でも、過去の取引履歴や分析に明るいFX会社を選ぶのも重要であり、
さらに言えば取引コストもローコストに利用できるFX会社であることも重要
でしょう。



ではその様なFX会社となると、どの会社を選ぶのが良いのでしょうか。

レンジ相場での取引に必要な条件を満たすFX会社は?

まず、数あるFX会社の中でも相場のチャート分析やそれに関連したセミナーに最も力を入れているFX会社が望ましいと言えます。


また、取引において少額利益を追いかける為、ローコストな取引が行えるということも重要な要素だと言えます。



これらの要素を満足する当サイトのおススメFX会社といえば外為どっとコムでしょう。


外為どっとコムであれば、チャート分析において数多くのデータを開示しており、その手のセミナーも無料受講が受けられますので、安心出来ます。



取引においてもオンライン手数料は全て無料となっており、レンジ相場取引での必要な条件を全て満たすサービス内容となっています。


みなさんもレンジ相場での確実な取引を早速実践してみましょう。

業界最大手FX会社の外為どっとコム。 預かり資産、口座数は業界トップの最大手FX会社の外為どっとコム。

無料セミナーなどサポート面での充実、初心者でもとても見やすい取引画面などから、 初めての方が使うFX口座としてオススメ。

米ドル/円
スプレッド
豪ドル/円
スワップ
取扱い単位 通貨ペア
0.3銭 47円 1000通貨単位
1万通貨単位
20ペア
手数料 開設時間 約定力 信託保全
無料 最短翌日 高い 三井住友銀行
みずほ信託銀行

今日始めたい方 関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧