1. HOME
  2.  >  FXトレード・フィナンシャル バイトレ詳細
  3.  > バイトレレンジがバイトレラダーより確実に勝率が高い3つの根拠

バイトレレンジがバイトレラダーより確実に勝率が高い3つの根拠

バイナリーオプションでも特に人気のバイトレとは?

FX投資の中でも投資に関する知識がひとつに集中でき、
少額資金からでも開始が出来ると評判なのがバイナリーオプションです。


通常のFX取引とは異なり、多くのことを覚えず、
バイナリーオプションだけに絞れるのが人気のひみつ
でもあります。


今回はこのバイナリーオプションの中でも人気の高い、
FXTF(FXトレードフィナンシャル)のバイトレサービスでの有効な投資方法についてみていきましょう。


このバイトレはレンジ、ラダー、タッチの3つの投資手法が選択出来ます。


まずこの3種類の投資方法の概要と特徴を説明していきます。

バイトレラダー


バイナリーオプションの王道!
判定時刻に目標レートよりHIGHになるかLOWになるかを予測する取引

 

値動きにトレンドが出ているときにおすすめです。







バイトレレンジ


INかOUTか!

判定時刻にレンジの範囲内に価格が収まるか収まらないかを予想する取引

INは値動きが小さいとき、
OUTは値動きが大きいときにオススメです。







バイトレタッチ


ここまで到達(タッチ)する!?


判定時刻までに一度でも目標レートに到達(タッチ)するか一度も到達(タッチ)しないかを予想する取引


TOUCHは値動きが大きいとき、NO TOUCHは値動きが小さいときにオススメです。








以上のように、バイトレはそれぞれの相場環境に合わせて、3つの投資手法から1つを選んで利益を得る投資手法となっています。


今回は特に「バイトレラダー」「バイトレレンジ」について、より詳しく解説をして行きましょう。


バイトレのラダーは特に相場での大きなトレンドを予想し、判定時刻に目標レートに達しているのかどうかを当てる取引です。


相場のトレンドが予想しやすい場面では、非常に有効で勝ちやすい取引方法だと言えます。


その一方でバイトレのレンジは相場にあまりトレンドがなく、変動もあまり期待できない場面や、変動が確実に起こりそうな場面では有効な手法だと言えます。


良く見てみると、この2つの投資方法には違いもありますが、状況によってはそれぞれの手法を利用する場面が良く似ている共通性もあることが分かります。


では、相場全体の動きも考慮し、この2つの投資法のどちらがより有利で、より勝率が高く勝ちにつながりやすいのかを検証していきましょう。

バイトレ実績から見るラダーとレンジの取引結果比較

勝手な予想の積み上げで両取引を比較しても信頼性が無いので、
実際に取引が行われたFXTFで既に公開されている取引結果から比較
を行っていくと、その結果から色々なことが分かってきます。


ラダーとレンジの取引結果の比較

1
損失を計上した口座の数が、ラダーの口座数より低く、レンジ:ラダー=80%:50〜60%と、レンジの損失を出した割合のほうが圧倒的に低かった。

2
ペイアウト率での比較結果ではラダーとレンジのペイアウト率はともに90%台が中心となっている。しかし、その中で100%を超えるペイアウトの割合は、断然にレンジのほうが多くなっていた。

3
レンジでは、全体の70%以上のトレードで顧客が勝った月が存在する。



この結果を検証すると、1つの結論が浮かび上がってきます。


そうです、バイトレの取引はレンジの方が圧倒的に有利だと言うことです。


当然ながらこの統計は顧客全体のものであり、個人の結果を反映するものではありません。


しかしながら、全体の取引結果は間違いのない信用たるデータであることも間違いありません。


つまり、バイトレではここで紹介した3つの理由からレンジ取引を実施するのが、最もおススメな取引方法だと言えるのです。

バイトレのレンジで狙うべきおいしい時間帯とは?

バイナリーオプションに限らず、FX取引では一日の時間によっての相場トレンドが一定のレベルで存在します。これは世界の相場市場の開催時間に大きな関係があります。






各主要市場の開催時間を見ても分かる通り、
時間的にはそれぞれがバラバラの開催時間になっていますので、取引量にどうしても差が生まれます。


また、市場の開催時間はこれといった明確なものはなく、年間を通じて同じ開催時間となっていますので、周期的な傾向があると考えれば良いでしょう。


この時間帯の中でもレンジ相場での取引に有利で注目すべきなのは、
取引量が少ないとされる午前7時から9時迄の間と、比較的に取引量が少ないとされる9時から12時までの時間帯です。



12時を超え午後に入る時間帯や、取引が活性化する夕方の時間帯は相場変動も大きくなります。



おススメするレンジ相場の時間帯では大きな変動が少なく、 バイトレのレンジにはピッタリの取引時間だと言えます。


主婦の方も家事がひと段落する時間に重なりますので、環境的にも良い取引時間だと言えるでしょう。


これ以外にも深夜の取引が有効ですが、毎日継続的に行うことがバイナリーオプションの極意の1つでもありますので、出来れば午前中のこの時間帯を狙って取引を行うのが良いでしょう。

FXTFのバイトレは簡単取引が大きな魅力

FXトレードフィナンシャルのバイトレを例に、ラダーとレンジの比較を行い、レンジで堅く高い勝率で取引を行うメリットを紹介してきました。


このバイトレは非常に優れた取引ツールだと言え、 今やバイナリーオプションの紹介に良く参考にされる程、評価が高いツールとなっています。


いかに簡単な取引であるかというのが、バイナリーオプションの大きな特徴であり、また魅力でもあります。


その点で考慮してもバイトレはバイナリーオプションのサービスの主旨にとても合致したサービスであると言えます。


今回もその点を踏まえ、バイナリーオプション攻略の題材として引用しましたが、的確に勝率を上げる為に、まずは基本とされるポイントを押さえた取引を実践して行くことが重要です。


それを念頭にバイトレのレンジ取引で紹介した取引を実践してみましょう。

バイトレは 100円未満から取引可能で、
レンジ注文・タッチ注文など貴重な注文方法が利用できる点が人気!
最短2営業日で取引開始することができます。

最低取引金額 オプションタイプ ペイアウト 通貨ペア
約50円〜9,990円 ラダー・レンジ・タッチ 10,000円/1枚 6種類
判定時間 権利放棄
(転売)
購入上限
(回号毎)
スマホ対応
最短2分 夏時間:月曜日〜金曜日のAM7:10〜翌AM5:20
冬時間:月曜日〜金曜日のAM8:10〜翌AM6:20
1注文10ロット(10万円分)、同時保有可能な上限は300ロット(300万円分) iPhone○
Android○

今日始めたい方 関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧