1. HOME
  2.  >  FX初心者のやり方
  3.  >  マイナンバーでバレる?確定申告でFXが会社にバレないようにする方法
  4.  > FXの確定申告で税金を節税できる具体的な方法

FXの確定申告で税金を節税できる具体的な方法

FX取引で実は最大のコストが税金である事実を知ろう

FX取引において、最大のコストは税金というのを、皆さんはご存知でしょうか。


FX取引での収益は税法上「雑収入」「雑所得」に分類されるのですが、
この収入は例えば勤め先の会社に関係する利益ではないので、 個人で確定申告をした上で、その収入に見合った税金を納付する必要があります。


このFX取引に関する確定申告について、
正しい知識や税法に沿った納付などを正しく行わないと、とんでもない事態になってしまう場合もあります
ので、
正確な知識を持つことで無駄なリスクを負わない様にしていきましょう。


ではFX取引の場合、税法上どの様な課税ルールとなっているのかを、
まずは正しく理解しておく必要があります。

他の収入の有無 FX取引の状況 関連する税法上の決まり 納税の有無
主たる収入を得る
仕事がある場合
年間20万円超の収入が
FXのみで存在する
申告分離課税 納税が必要です
年間のFX収入が20万円以下
もしくはマイナス
となる
なし 納税は必要ありません
主たる収入を得る
仕事がない場合
年間20万円超の収入が
FXのみで存在する
申告分離課税 納税が必要です
年間のFX収入が20万円以下
もしくはマイナス
となる
なし 納税は必要ありません


上のケース別一覧では、FX収益の年間のプラスマイナスや、他の収入の有無に関連して分類していますが、基本的に押さえておくべきは、
年間でFXでの所得が20万円を超えているかどうかが納税の有無について重要なポイントとなります。


しかし、実は納税の有無だけが重要なポイントではありません。


損失が出ている場合でもその損失分を繰越し、
その後3年間の収入の課税金額を減らすこともできます。

また利益が出ている場合でもFXでの活動の内、
税法上認められる経費をうまく活用出来れば、
節税をすることが可能です。




つまり確定申告を行うことは、利益が出ているかどうかに関係なく、税法上収入や損失を出した翌年以降の利益が出た場合に非常に有効なのです。



一般的にFX取引では一覧で参照した通り、税法上「申告分離課税」が適用されます。


この申告分離課税を理解する上での大きな特徴は3つあり、いずれも最大のコストである税金を理解する上では重要な特徴だと言えます。



【申告分離課税の3つの特徴】

1
所得額に関係なく、税金は一律所得の20.315%が課税金額となります。
2
他の収入となる金融取引との損益の合算が可能です。
3
仮に損失が出た場合、その後3年間の繰り越しが可能です。



この3つの特徴を理解すれば、利益が出た場合でも損失が出た場合でも、FX取引を行う方には大きなメリットがあることが良く分かります

ではこの税金に対して、どのような対応すればメリットが得られるのかを見ていきましょう。

利益を最大化する為にも、怖い課税リスクを回避する為にも確定申告を

FX取引において、税金にまつわる最も大きなメリットは、利益が出た場合節税効果があると言うことになります。

節税の上で得た利益を最大化するのに、
最も簡単で間違いのない方法が、経費の活用です。



経費は税務上認められる内容である必要があり、
また税務署によってもその内容が認められるかどうかには差がありますが、
認められればその出費は全て非課税となります。


この非課税分の金額の積み上げは、年間累計で考えれば非常に大きな金額となります。


そしてFX取引で年間を通じて得た総利益は、基本的に全て課税対象となりますが、この非課税分、つまり認められた経費があれば、その金額を総利益から差し引いた金額が課税対象として減額されるのです。


では実際に経費として認められる支出にはどの様なものがあるのでしょうか。


先ず理解しておかなければならないのは、FX取引上の経費として計上する以上、その経費の内容はFX取引上必要な支出だと客観的に認められる必要があります。

FX取引の具体的な経費として考えられる支出一覧

経費として認められる可能性のある支出
取引を行い自宅や個室を利用している場合、その割合に応じた賃料など
取引に利用しているPCの購入費用の利用分に相当する一部(専用が望ましい)
取引で利用しているネット回線費用の利用割合相当分(専用が望ましい)
FX会社で開催されるセミナーなどの参加費用
FX会社で必要となる費用や手数料
FXに関する書籍購入など
FX取引に関する金融機関の手数料など
携帯電話を活用した場合の携帯電話費用など
ペン、ノート、事務用品(OA家具なども含む)


FX取引に関する経費はその全部、もしくは一部が経費として認められるケースが多く、その費用や支出は全て非課税となります。


注意すべきなのはFX取引に関わる一方で、他の目的でも利用でき、しかもその分割が難しいものです。


例えば電話代等であれば、利用履歴などが具体的には必要になる場合もあり、その証明が必要となるケースもあります。


その意味ではFX取引の損益も含め、収支が第三者に分かる様な証拠をしっかりと残しておくことが重要です。


この様に課税される税金を軽減、もしくはうまく活用する為に経費を活用することについて、詳しく解説してきましたが、逆に課税を申告せずそのまま放置するとどの様なことになるのかについても確認していきます。


FX取引を行う場合、そのほとんどの方が、トレードでFX会社を利用することが一般的な取引の姿ですが、実はこのFX会社での取引履歴は、個々の顧客毎に税務署に提示義務があることを知る方は、あまりいません。


つまり、仮にFX取引を行っている場合、どの程度の利益や損失が出たのかなどの取引情報を、税務署は個々の利用者について全てお見通しなのです。


従ってFX取引での利益を申告せずに放置した場合、最悪刑法のお世話になる様な事態も、可能性としてあり得るのです。

もし損失が出た場合、だからこそ確定申告をおススメしたい理由

FX取引を実践する中で、基本的には納税義務のない損失を出してしまっている方は、確定申告に全く興味の無い方もいるかもしれません。


しかし、損失を出したから確定申告の必要がないという考え方は大きな誤りであり、将来のメリットを放棄しているのと同じなのです。


申告分離課税の3つの特徴で3番に紹介した通り、
「損失が出た場合、その後3年間の繰り越しが可能」となっていますが、
これにはどういう意味が込められているのかを知ることがとても大切です。


では実際に昨年度に損失を出してしまった場合、税法上本年以降どの様な収支となるのかを見ていきましょう。


FX取引損失が出た場合の繰り越しメリット



仮に図の通り損失を500万円出してしまった場合、確定申告を行えば損失分の500万円に相当する500万円分の利益については、その翌年度から3年間の間に限り、持ち越しが可能となります。

つまり、翌年度以降500万円までの利益については、向こう3年間非課税になるという非常に大きなメリットがあるのです。


これは仮に損失を出してしまった人程、大いに利用すべき税法上の特典であり、損失を出したからと言って確定申告に応じないのは、必要が無くても大きなデメリットだと言うことを、十分に理解しておく必要があります。


FX取引を実践して、残念ながら年間を通じて損失となってしまった方ほど、確定申告を必ず実施し、翌年以降の利益が出た場合の、メリットを手に入れる準備をしっかり整えておくことが重要なのです。

税金対策を考えたFX会社選びとはどんな選択基準なの?

FX取引で納税を意識した場合、出来るだけ利益を最大化出来るFX会社を選ぶのが重要ですが、そもそもその様なFX会社選びは可能なのでしょうか。

納税の際における良いFX会社とは、
将来的にもFX取引で利益を上げることにつながるもので、
且つ経費として利用出来るものが多い会社
ということになります。


事務用品や取引に関わる経費については、基本的にどのFX会社を選択しても当然ですがほとんど変わりありません。


しかし、将来的にFX取引の役に立ち、しかも経費で落とせるものが具体的にいくつかは存在します。

具体的に言えばFXのセミナーへの参加です。

セミナーに参加すればする程取引における戦略やスキルを身につけることが可能です。

これは具体的に見えるメリットではありませんが、知識や経験といった無形資産として、FX取引の上で非常に重要なスキルとなります。

つまり将来的にFX取引に大きなメリットになり、且つ経費として活用出来るものと言えます。

この観点でFX会社を見てみると、当然サービス内容に個性がありますので、評価に差が出てきます。

FXの知識やスキルを深める意味では最も高い評価を受けているのが
「外為オンライン」
のセミナーでしょう。


外為オンラインの開催する「FXセミナー」には定評があり、開催環境や講師の面々など、実用的で身になるセミナーを開催することで良く知られています。


この様なFX会社を優先して選択すれば、将来的なメリットを手に入れつつも、節税にもなることが期待出来ます。

税金を納める上で経費の使い方は非常に重要です。


この様な経費の利用方法をうまく活用することもFX取引を行う上では知っておかなければならない重要な知識の1つだと言えるでしょう。

知っとくポイント

cricshoken外為オンラインの特徴は何と言っても他にはない使いやすさ高いスワップポイントです。

外為オンラインを選ぶ理由

4,000円から取引できるminiコースや、 
直観的に操作できる取引画面に無料セミナー、電話サポート等とにかく初心者に優しいサービスが盛りだくさん!口座開設は最短10分!
さっそく申込んでおきましょう!

口座開設はこちら

関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧