米雇用統計発表直後の30秒スキャルピングで勝つ方法

勝率の高い取引方法を選んで無難に収益を稼ごう

FX取引の手法には数々の方法がありますが、多くの手法の中でも、いくつか勝率の高い取引方法があります。


代表的なものの1つにスキャルピングがあります。
またスキャルピングの取引タイミングとして、世界各国の中でも主要国が発表する経済指標があります。



今回はこのスキャルピングでの手法に、経済指標発表のタイミングを掛け合わせることで、より大きく稼ぐ方法を紹介しましょう。


指標時のスキャルピングに最適な約定力◎のFX会社2社

FX会社
約定率
99.9%
(許容スリップ1銭)

100%(約定拒否なし)
スリッページ
許容スリッページ設定可能

無し(ストリーミング注文)
  ヒロセ通商の
公式サイトはコチラ
マネーパートナーズの
公式サイトはコチラ


まず経済指標の発表時と言われると、
「取引タイミングが少ないのではないか」
という声が聞こえてきそうです。



では実際に取引が行われるのに使われている、各国の経済指標カレンダーを具体的に参照してみましょう。


画像はマネーパートナーズで随時更新されている経済指標カレンダーの一部です。



この日は特に指標発表が多かったわけではないのですが、18:00以降に限定してもこんなにたくさんの発表がされています。星は重要度・注目度の高さを表しています。




このように経済指標はほぼ毎日何らかの指標発表が行われており、取引のタイミングとしては十分に活用出来るものであることがわかります。
意外な印象を持った方も多いのではないでしょうか。



驚くべきことに、例えばアメリカの雇用統計の指標発表時などでは1分間の間に1円もの値動きが相場で起こります。


これは取引を行うのには絶好のタイミングだと言えますが、一歩相場を読み間違えると大きな損失を出すことも可能性として否定出来ません。



つまりこのタイミングで起こす相場トレンドに対して、スキャルピングで確実に取引してしまおうと言うことなのです。

スキャルピングとは相場で起こる、大きなトレンドを予想するのではなく、大きなトレンドが起きたのを確認して上下に振れる振幅を短時間で取引し、確実にその中で起こる上昇、下降の相場の値動きで利益を上げる取引手法です。




当然スキャルピングも100%確実な取引方法ではありません。
ただしコツさえつかめば90%近くの勝率をキープする事ができます。

気を付けるのは上昇をすると確信した相場が下降に転じる、ということが起これば即座に損切りをする必要がある所です。


つまり相場振幅が激しい程、スキャルピングにはリスクが付きまとうことになります。


ところが経済指標発表時にはそのリスクが大きく変わるのです。
経済指標発表時に起こる相場変動は大きく変動することが多く、上昇か下降の一定方向に大きく変動を起こします。




またその変動幅はアメリカの雇用統計の例でも紹介した通り、非常に大きくなる場合が多いのです。つまり指標発表のタイミングは非常にスキャルピングをするのに適しており、大きな利益を上げることに加えて、リスクが減少すると言ううれしいおまけ付きのタイミングなのです。

雇用統計発表示のスキャルピングに最適なFX会社とは?

論理上は紹介した通りの理屈であり、利益を上げるための具体的なFX取引方法として、経済指標発表時のスキャルピングは非常に魅力的な手段だと言えます。



しかし、それと同時により確実な取引を行うために、FX会社の選定もしっかりと行う必要があります。



その根拠は、経済指標発表時のFX取引に起こりやすい減少に、理由があります。
経済指標発表時はここまでの紹介の通り、大きく相場の値動きが起こります。
またその値動き幅もハンパではないですが、これがしばしばスリッページの原因になることがあります。



スリッページが起こると、利益が目減りするだけではなく、最悪の場合損が発生してしまいます。

つまりこの手法で取引を行う場合は、約定率の高さ、またスキャルピングには欠かせないローコスト取引が可能なFX会社を最優先して選ぶべきです。



上記の条件で、当サイトが最もおススメ出来るFX会社は
「ヒロセ通商」
「マネーパートナーズ」となります。


では具体的にFX取引2社のサービスを今回のポイントに絞って比較してみましょう。


紹介したおススメ2つのFX会社は、まず約定力(注文が通る確実性)が他社と比較しても非常に高水準となっています。

マネーパートナーズ
の100%、ヒロセ通商の99.9%約定率
はいずれも驚愕すべき約定率の高さだと言えるでしょう。



またこの両社は手数料も無料ですので、ローコストに取引が出来スキャルピングに向いています。今回の取引手法では間違いない選択の魅力あるFX会社だと言えます。

約定力の高いFX会社 スプレッド比較
FX会社
約定率 99.9%(許容スリップ1銭) 100%(約定拒否なし)
スリッページ 許容スリッページ設定可能 無し(ストリーミング注文)
スプレッド
(両社とも
原則固定)
http://www.lfx.jp/img/us-yen2.gif 0.3銭 http://www.lfx.jp/img/us-yen2.gif 0.5銭
http://www.lfx.jp/img/eu-yen2.gif 0.8銭 http://www.lfx.jp/img/eu-yen2.gif1.1銭
http://www.lfx.jp/img/eng-yen2.gif 1.3銭 http://www.lfx.jp/img/eng-yen2.gif1.9銭
http://www.lfx.jp/img/eur-usd.gif 0.5pips http://www.lfx.jp/img/eur-usd.gif0.8pips
http://www.lfx.jp/img/sdn-yen2.gif 0.9銭 http://www.lfx.jp/img/sdn-yen2.gif1.2銭
http://www.lfx.jp/img/nzd-yen2.gif 1.4銭 http://www.lfx.jp/img/nzd-yen2.gif2.4銭
http://www.lfx.jp/img/cad-yen2.gif 1.7銭 http://www.lfx.jp/img/cad-yen2.gif3.8銭
http://www.lfx.jp/img/zar-yen2.gif 1.4銭 http://www.lfx.jp/img/zar-yen2.gif1.9銭
詳細はこちら 詳細はこちら

どちらか1社に絞って選択するならあえて見たいポイント!

経済指標発表時のスキャルピングに向くFX会社として、「ヒロセ通商」「マネーパートナーズ」を紹介した当サイトですが、当然ながら2社と取引というのは現実的に無理な選択肢でしょう。

このどちらかの1社を選択すると言うことになれば、押したいのは「ヒロセ通商」です。


これには見ておくべきポイントというのがあります。
重要なのはここままででも述べた通り、
「スリッページ」の要素です。


マネーパートナーズ
のスリッページはストリーミング注文となっていますので、一見スリッページはありません。



しかし、見方を変えると経済指標時の値動きの激しい相場環境では中々約定しないケースもあり得ます。その一方で許容スリッページの設定が可能なヒロセ通商では、万が一スリッページがあった場合でもそのリスクを最小限にし、且つ想定できるスリッページに留めることが可能です。



相対的に見れば、スリッページが起こりやすい経済指標発表時の取引では、むしろ最悪の状況を想定しておけるFX会社を選択しておくと言うのが、本当に無難な選択だと言えるでしょう。備えあれば憂いなしです。




スプレッドでも今回の取引に向き、特に押さえておきたいのはアメリカの雇用統計指標です。ヒロセ通商はよりスプレッドの狭さが際立っていますので、その点でも有利な取引が行えます。


しっかりと取引環境を整えて、確実に勝率の高い取引で収益を手に入れましょう。

ヒロセ通商のLION FXは、1000通貨からの取引が手数料無料で取引できます。 米ドル/円0.3銭と狭いスプレッドで低コストトレードが可能です。
更に成行約定率も99.9%と最高水準! 平日24時間受け付けているサポートデスクもあり、 初心者から上級者とレベルを合わせずに選べるところが魅力。

米ドル/円
スプレッド
豪ドル/円
スワップ
取扱い単位 通貨ペア
0.3銭 44円 1千通貨単位
1万通貨単位
50ペア
手数料 開設時間 約定力 信託保全
無料 最短翌日 高い 三井住友銀行

今日始めたい方 関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧