ロスカット狩りのない正直な為替レートで安心して取引できる優良FX会社

ロスカット狩りとは

最近FXの取引について、ネット上などでよく噂になっているのが
通称「ロスカット狩り」=「ストップ狩り」です。

そもそもこの「ロスカット狩り」とは、一体どの様な意味なのでしょうか。



FX取引の中で取引選択肢の1つにロス(損失)をストップさせるストップロス注文があります。

レンジ相場である場合に売買の取引を行っているFX利用者のほとんどは、レンジ相場の中で振幅の折り返しを期待して取引を行っています。


ところがその中で、レンジ相場から上下どちらかのトレンドに相場が移行しそうな場合、期待しない展開が起こりそうだと判断した利用者は、切りの良い金額で逆指値の注文を入れて損が膨らまないようにするケースがあります

これが俗に言う「ストップロス注文」なのです。



ところがこの注文を利用して上下のトレンドを更に加速させようとする動きがみられる事があります。

例えばレンジ相場の下限が110円の場合、110円を切り109.50など、100円に向けて下落進行する相場だとして、それ以上の相場下落を恐れる利用者が、100円でストップロス注文を入れていた場合、その注文を狙い目に大量に売り注文を仕掛けるのです。


大量に売り注文が入った相場は当然さらに下落を始めますが、ストップロス注文が入っている相場はそれ以上に値崩れし、想像以上に相場下落を始めます。

このことは仕掛けたと想定される人にとって、必要以上に下落した相場で買い取りを行うことで利益を生む格好の相場となる訳です


「ロスカット狩り」とはこの一連の行為を指しており、通常個人でこの様な対応をするのは現実的に難しい面があります

ヘッジファンドもプロの目を通してこの様な相場予測も可能ではありますが、困難なことには変わりありません。



しかし、あくまで予想の範疇を超えませんが、これを簡単に可能に出来る機関が唯一存在するのです。

そうです、FX会社には相場への介入が出来る資金と、当然ながら自社の利用者の動きが丸見えとなっているため、ストップロス注文の詳細を知ることが出来る訳です。


嘘のような話ですが、業界内でこの様なロスカット狩りに関する疑義が、業界内でささやかれていることは事実です。

FX取引の見方を変えると見えてくる新たなリスク

この様な事柄は事実として存在するのかどうかを見極める方法は、今現在存在しません。

しかしこのような認識を持てば、
FX取引には今まで意識していなかった新たな側面が浮かび上がってきます。

ではその側面とは何でしょうか。

下記に示すFX取引図を参照してみましょう。




FX取引を実践していると、多くの方はFX会社=インターバンク市場というイメージになりがちですが、現実的にはそうではありません。


私達が相手にしているのはFX会社であり
市場と相場取引を行っているのは、厳密にはFX会社なのです。


取引図を参照しても分かる通り、FX相場取引はそれぞれ立場の違う利用者、FX会社、市場が1:1で取引を行う、いわゆる相対取引となっています。


これを裏付けるものとして、FX会社個々で相場レートが異なるという事実があります。


FX会社によっては例えば同レートの顧客からの売買注文を総括し、その結果として売り注文が勝れば売りを、買い注文が勝れば買いを行っている会社も当然存在します。

つまり、FX会社では冒頭に紹介した「ストップ狩り」が実行できる要素が全て揃っているという事実があるのです

安心して取引できる優良FX会社の見極め方

では、本当にあるかどうか分からないストップ狩りをFX会社が実行する、もっと言えば、私達がその被害にあっている可能性はあるのでしょうか。

ではこのストップ狩りについて、他の視点で検証してみましょう。


まず実際にストップ狩りが実施された場合、当然ながら相場にその動きが明確に残ります

その相場の「特異」な売買の動きは解析されますし、それがFX会社の仕業だと分かれば、その影響で顧客が逃げることは間違いありません

つまり、ストップ狩りはFX業者に取って命取りになりかねないのです。


FX会社に取ってそれぞれのサービスは様々で、持っている魅力や特徴も異なりますが、どの会社にも共通して重要なのは顧客の信頼です。


どんな魅力的なFX業者でも顧客の信頼を失えば、経営は成り立ちません。

つまり、FX会社が「ストップ狩り」を実践しているのかどうか真偽は分かりませんが、FX業者にとってストップ狩りをするのは非常にリスクの高い行為なのです。


このことを考えると、特に大手のFX会社ではあまりにリスクの高い行為である以上、これを実践しているFX会社はないと言えるでしょう。


逆に言えば、もし本当に存在するのであれば、口座開設数が多く顧客からの信頼度が高いFX会社をチョイスするのが堅い選択だと言えます。


また、ストップ狩り以外にも故意のスリッページなど、黒いうわさのある取引は他にも存在します。


この様なリスクの対策は、システムが充実しておりサーバー対応能力が高いFX会社を選んでおくことが大事だと言えます。

これらのリスクを考慮した上で、
当サイトがおススメするFX会社としては「外為オンライン」があります。

外為オンラインは非常に口座開設数が多く、信頼度の高いFX会社だと言えます。

外為オンラインの評価を検証してみよう!


このコラムでお勧めする「外為オンライン」口座開設数の多さ、そして約定力の高さなどから特に初心者に人気です。

2014年度時点で総口座数が400,000を超えており、これはFX会社の中でも最多水準です。

 

 

信頼が第一のFX会社においては、

口座開設数が多い=利用者信頼が強い=ロスカット狩りしていない

といえます。


また、取引できないエラーを「約定拒否」、ズレを「スリッページ」といいますが、
ロスカット狩りと同様に裏で囁かれる「故意のスリッページ」についても、
高い約定力で評判の外為オンラインでは心配は無用です。




ある種の大手の安心感といったものですが、
こういった不透明なリスクに対してはやはり多くの人が信頼しているFX会社で取引するのが一番です。

FXを実践する以上、間違いの無いFX会社を選択することは、取引を行う以前の重要なことです。


大勢が信頼している外為オンラインで、このような怪しいうわさに惑わされることなく取引に集中できる環境づくりをしましょう。

知っとくポイント

cricshoken外為オンラインの特徴は何と言っても他にはない使いやすさ高いスワップポイントです。

外為オンラインを選ぶ理由

4,000円から取引できるminiコースや、 
直観的に操作できる取引画面に無料セミナー、電話サポート等とにかく初心者に優しいサービスが盛りだくさん!口座開設は最短10分!
さっそく申込んでおきましょう!

口座開設はこちら

今日始めたい方 関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧