FXで押し目買いと戻り売りを徹底すれば安全に稼ぎやすい3つの理由

FX取引における有効な手段と根拠となる理論とは?

FXの取引方法には様々な方法が存在しますが、その中に「押し目買い」と「戻り売り」という取引手法があります。この手法は相場が上昇局面にある場合に「押し目買い」を実践し、また相場の下降局面で「戻し売り」を実践することになります。

相場の上昇局面でも下降局面でも共通するのは、相場というのは一定して変化する訳ではないと言うことです。トレンドとしては上昇、もしくは下降となっていますが、相場の実際の動きは細かな起伏を行いながら変動していきます。

この起伏、あえて表現するなら振幅は移動平均線から離れる方向と、近づく方向の2方向の動きで表現出来ます。

参照した相場の取引タイミングを見れば分かりますが、赤色とオレンジの変動がどちらの相場トレンドにも存在することが分かります。この相場変動の中で、上昇トレンドと下降トレンド共に、前述した通り、相場方向が平行移動線に近付くタイミングが、それぞれ「押し目買い」と「戻り売り」を実践するタイミングとなります。

この手法は特に図中でオレンジ色の予想される相場、つまり取引と逆の相場への動きとなることが非常に重要なのですが、この局面の見極めが最も大事なポイントとなります。この相場取引のポイントを正確に理解するために、参考にすべきトレード理論として、「ダウ理論」があります。

このダウ理論の最も重要な表現の1つに、アップトレンドとダウントレンドを判断する為の指標があります。

【ダウ理論のトレンド指標】
・アップトレンド=高値・安値の各々がその前の高値・安値より上にあるもの
・ダウントレンド=高値・安値の各々がその前の高値・安値より下にあるもの

ダウ理論は相場の局面を非常にシンプルに、しかし的確に表現したものであり、テクニカル分析の元祖と呼ばれ、理論を提唱したダウは、かの有名なNYダウ平均株価を算出する企業の創設者の1人です。上記指標は、相場の上がり下がりを説いた最も基礎的な表現です。

またこのトレンドはダウによって、3段階の構成から成り立つと考えられており、先行投資家が買いを始める第一段階、価格が急伸し付移住投資家が買い始める第二段階、そして公的にそのトレンドが形成されていると公表され、一般投資家が参加し始める第三段階で構成されていると定義づけられています。

また、相場の平均は1つの指数だけではなく、複数の上向きな方向への動きで初めて「強気」の動きとなり、そのトレンドは下記の様に「出来高」でも確認されることで、初めてトレンドとして定義づけられるという概念があります。

【トレンドと出来高の構成とその関係】
・上昇トレンド 出来高増=価格上昇 出来高減=価格下落
・下降トレンド 出来高増=価格下落 出来高減=価格上昇

最後にトレンドは継続するものであり、トレンドの転換が起こる時には「明確なシグナル」が出ると関上げられています。つまり、トレンドには持続性のあるものだという考え方が、定義づけられているのです。

理論だけでなく利益を出す為のトレンドの見極めが重要

FX取引で、可能な限り勝率を上げること、且つリスクを減らすことはFXで利益を上げて行く上で最も重要な要素だと言えます。そのためにまず具体的な取引の事例や理論についてをしっかりと確認することも準備のひとつですが、しかしそれだけで準備が万全な訳ではありません。

より確実な取引を実践する為には、いかに利益を上げるための明確な裏付けを以て、取引を行うかも重要な要素だと言えます。相場の変動は時間の推移と共に刻々と移り変わっていき、そのトレンドにも小さな変化から大きな変化まで、様々な判断が必要になります。

この判断が予想通りに行けば取引で利益を得られますが、そうならなければ損失が待っており、早期に損切りを考えなければならない局面となります。基本的に初心者がFXを実践する場合、リスクを低減するために必要な具体的な対策は、経験からくる判断や、提供されている相場の予想ツールを駆使することになります。

つまり簡潔に言えば、トレンドが明確だと判断出来る場合にのみ取引を行う、というスタイルが最も適切な取引方法だと言えると言うことです。ダウ理論はFXの実践で役立つ理論であることは間違いありませんが、それを実践するのは人間であり、実際には実践が簡単ではないと言うことを理解すべきです。

これを継続的に実践できるようにすること、つまり利益を継続的に出し続けるには、理論を常に意識し徹底して取引を行うことです。ルールに正しく適応して継続的に取引が行えることで、利大損小の取引が可能になる訳です。

FXの押し目買いや戻り売りを総括して勝ちにこだわる

ここまでFXにおける相場の特性を紹介し、「押し目買い」や「戻り売り」で継続的に利益を得て行く為に、理論、取引方法、実践方法に至るまで様々な要素から検証をしてきましたが、これらの要素を総括して要点を整理していきましょう。

【押し目買いと戻り売りで継続して勝つためのアドバイス】

1.トレンドは継続的に持続する特性を持っており、変化が生じる時は明確なシグナルを伴う。

2.押し目や戻りの局面は相場のトレンドのどこにでも存在し、そのタイミングが取引タイミングとなる。

3.トレンドを正しく見極め、継続的に取引を行うことで安定して高い勝率を維持しつつ、勝つことが可能になる。

これら紹介した要素のアドバイスを実践することで、安定的に利益を得て行くFX取引が実践できる訳ですが、注意しなければならない要素も存在します。具体的にその事例を紹介していきましょう。

基本的に今回の取引では、相場で押し目買いと戻り売りに徹すると言うことが重要と解説していますが、相場の状況によっては、反転狙いやブレイクアウトを選択するという選択肢も存在します。しかし、これらのトレードは出来るだけ回避して実践しないことが重要です。

これらの取引では、継続的に利益を出すのが難しい取引であるということが、その最も大きな理由です。取引の難易度が高く、メンタルに悪影響を及ぼしかねないリスクもあり、総括してデメリットの方が大きいからです。

明確な狙いもなく突発的な取引をリスクを負って実践するよりも、継続的で確実な取引をシンプルに継続する方が、確実な勝利を手に入れる可能性が高くなります。しっかりとした明確なトレンドを把握し、確実なタイミングで、確実に勝率を上げることにこだわる事が、最も重要なポイントだと言えます。

この様なFX取引の場合、取引の特性を考えれば、選択すべきFX会社に求められる特徴は、当然ながらリスクに対する対策が十分であることです。また、継続的な取引に向いているFX会社であることも、重要な要素となります。

当サイトがおススメする、上記要素に該当するFX会社として「外為オンライン」があります。

【外為オンラインの特徴】
1.手数料も無料で低コストなFX取引が可能なことで、短期取引やデイトレードに向いている。
2.業界最狭のスプレッドであり、取引でリスクを最小限にすることが可能。
3.直観的な取引システムで判断に対してスムーズな取引が可能。
4.安全性に特に注意を払っており、顧客への補償が万全。
5.相場分析のツールやコラムが多く提供されており、相場分析のキャリアを効率良く学べる。
6.1,000通貨単位の取引が可能であり、少額での取引開始も可能となっている。

以上が外為オンラインの特徴となっています。これらの特徴はいずれも継続的に実践する「押し目買い」と「戻り売り」の取引と非常に相性が良いこと、更にはあらゆる要素のリスクを排除する配慮が成されています。

FXで継続的な勝ちを高い勝率で実践出来ることは、FX取引を通して利益を安定的に出すために重要な要素であることは間違いのない事柄だと言えますが、さらに重要なのは損失が出た場合に、損切りを確実に実施出来ると言うことであり、その損失を最小化出来ると言うことです。

その意味でも外為オンラインは適合性が高いFX会社だと言えます。しっかりと取引環境を整えた上で、総括したアドバイスを実践し、確実に利益を出して行ける様にしましょう。

高い約定力と
使いやすいツールで、
初心者から絶大な支持を得ている外為オンライン

FXをはじめて間もない、中期から長期に渡り取引を行う利用者向け。
アナリストたちによるFX情報、円相場予測、無料のFXセミナーなどを用意し、
他社にはない「使いやすさ」を提供している。

米ドル/円
スプレッド
NZドル/円
スワップ
取扱い単位 通貨ペア
1銭
原則固定
75円 1万通貨単位
1千通貨単位
24ペア
手数料 開設時間 約定力 信託保全
無料 3営業日 高い 三井住友銀行
みずほ銀行

今日始めたい方 関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧