強制ロスカットに絶対あわない人がやっている2つの対処法

強制ロスカットにあってしまう人の共通点

FX取引を行う上で、誰もがその目に会いたくない「強制ロスカット」。
ネガティブであまり取り扱われる事の無い、強制ロスカットについて触れていきます。

FX取引の中でも証拠金を預けた上で、特にレバレッジを掛けるケースの取引を行った時に、仮に相場の動きが大きく変動し予想に反する動きになった場合、非常に損失が拡大してしまう場合があります。この様なケースの場合、一定の損失以上とならない様に事前に定められた損失の段階で取引が自動的に確定し、損失が確定し証拠金が決済されてしまうことを強制ロスカットと言います。

この強制ロスカットは、損失が発生したことで証拠金以上に追加金を要求されてしまい、その金品が支払えない様な困った事態を回避してくれる仕組みですので、見方を変えれば保険の様な働きをしてくれる仕組みであり、ありがたいものであるとも言えるのですが、基本的にこの様な状況になることは誰でも避けて通りたいところです。

しかしながら、この強制ロスカットとなってしまう方がいることも事実です。ではどんな方が傾向として強制ロスカットに会ってしまうのでしょうか。まずこの強制ロスカットに会ってしまう方に共通する、「良くない傾向」について紹介していきましょう。

強制ロスカットに会ってしまう方には、共通して良く見られる傾向が存在します。

強制ロスカットとなってしまう方は、概ねこの3つの傾向に該当することが多いのですが、まずこの様な傾向にある方がまず最初に対応すべきことは、現状の状態を早期に改善すると言うことです。何も改善が無ければ根本的な要因は改善されず、いつまでも強制ロスカットと付き合う羽目になり、負のスパイラルから抜け出すことが難しくなります。

強制ロスカットに絶対あわない人がやっている2つの対処法

ではこの様な状況から脱出するのに必要な対応策には何があるのでしょうか。
実はいくつかの明確な対応策を実践することで、かなり強制ロスカットを回避することは可能です。

【強制ロスカットを回避する2つの対応策】

1.明確なルール作り。

2.低い強制ロスカットの水準となる1,000通貨単位のFX取引をメイン口座にすること。

一見すると、非常に簡単に見える対応策であっても、案外多くの強制ロスカットにある方がこの対応を取っておらず、また万が一の場合でも、損失を最小限にしておくための防衛策を取っていないのが現実です。この2つの対応策を実践するだけでもかなり強制ロスカットを未然に防ぐことが出来、最悪損失があった場合でも、最小限のダメージに収めることが出来ます。

まず強制ロスカットにあってしまう一番の要因は、FXを運営する以上損失が出る可能性が否定できないと言う前提で取引が行えていないと言うこと、また損失が発生した場合に取引を損切りする明確なルールが無いために感情的になってしまうと言うことです。

明確なルール作りがなされていれば、いざという時でも感情面に左右されず取引で冷静に対処が出来ますので、大きな損失につながることもありません。またメインの口座で損失が出た場合でも、1,000通貨単位の口座での取引を行っていれば、損失が出てもうろたえることもありません。

その為に必要な要素の環境作りを後押ししてくれる、当サイトおススメのFX会社2社があります。

この外為オンラインとFXTFは、参照した通りいずれも小さな通貨単位での取引が可能である事、またロスカット水準について、それぞれ手法が異なっても、取引が低リスクになる設定が可能であることが共通した特徴です。

FX取引を行う上で必ず冷静な判断が出来る為のルール作りを行った上で、上記2社をメイン口座にするというのは手堅いFX運営につながると言えます。また、FXTFなどではシステムトレードへの運用転換も可能ですので、冷静に取引がと言う方は思い切ってシストレを導入するのも1つの有効な手段です。

強制ロスカットに絶対あわないルールの考え方

FX取引で強制ロスカットなどの損失を回避するリスク対応には、ここまで紹介してきた通り人的要素(判断)と環境要素(損失に対するリスク対策の仕組み)が重要であることを紹介してきましたが、人的要素の冷静な判断というのは、ただ出来れば良いと言うものではありません。

そのルール作りはただ作れば良いと言うものではなく、やはりその内容が重要であり、一定のコツもその中には含まれています。ではルール作りをする上で、具体的にはどの様なものが必要なのでしょうか。

【強制ロスカットとならない為のルール作りのコツ】

1. 損切りのラインに逆指値をいれて絶対に守る、口座のお金の2%が目安

2. 利益と損失の比率が3:1になるように指値注文をいれて利益確定ラインを徹底する、口座のお金の6%が目安

3. レバレッジは基本5倍以内にする

4. 資金に合わせたポジションサイズ(10万円の場合レバレッジ5倍で=5,000通貨)

これらのルールを取引運営前に必ず設定しておく事で、強制ロスカットの状況となることはかなり回避出来ますが、これ以外にも「目先の損失や利益にいちいち左右されないように心がける」というメンタル面でのケアをしておくこと、また強制ロスカットとなる余計なプレッシャーを誘導し、冷静さを失わない為にも「証拠金は余裕を持って必要な金額の2倍入れておく。」などの処置が非常に有効です。

ここで紹介したルール作りや、さまざまな他の要素を含めた対応策の策定は、いずれも強制ロスカットを未然に防ぐための有効な対応策ですが、先程紹介した外為オンラインとFXTFの中でも、外為オンラインの「L25コース」では必要証拠金の20%以下の場合でも強制ロスカットとなります。

これは残念ながら強制ロスカットとなってしまうケースとはなりますが、視点を変えれば証拠金全てが損失となる前に強制的に損失額を低下させてくれる手段だとも言えます。その意味では通貨単位の小ささや、この様な設定が可能な外為オンラインを選択すると言うのは、有効な選択肢だと言えるでしょう。

高い約定力と
使いやすいツールで、
初心者から絶大な支持を得ている外為オンライン

FXをはじめて間もない、中期から長期に渡り取引を行う利用者向け。
アナリストたちによるFX情報、円相場予測、無料のFXセミナーなどを用意し、
他社にはない「使いやすさ」を提供している。

米ドル/円
スプレッド
NZドル/円
スワップ
取扱い単位 通貨ペア
1銭
原則固定
75円 1万通貨単位
1千通貨単位
24ペア
手数料 開設時間 約定力 信託保全
無料 3営業日 高い 三井住友銀行
みずほ銀行

今日始めたい方 関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧