海外のバイナリーオプションにトレーダーが魅了されてしまう3つのポイント

バイナリーオプションを選ぶ前に取引の実態を良く知ろう

皆さんはバイナリーオプションという投資商品を聞いたことがありますか。

まだ聞いたことがないと言う方はこのコラムを読んでバイナリーオプションをしっかりと確認していきましょう。

バイナリーオプションとは通常の取引とは異なり、取引にいくつかの大きな特徴を持っています。ではまずその取引の特徴について、重要なポイントをいくつか紹介して行きましょう。

バイナリーオプションの特徴


@取引が1000円以内から始められて、損失のリスクは購入した分だけ。
A一定時間後のレートが上がるか下がるかを予測するボタンひとつの取引


つまり、バイナリーオプションは 取引が簡単で、損失も限定的な取引だと言えます。
このことが人気を呼び、初心者を始め非常に多くの方に利用され始めてきています。

ところがこのバイナリーオプションは、 大きな問題になりつつある要素も持っているのです。

最近の相場取引は非常にグローバルになりつつあり、国外の業者も日本人投資家向けに積極的にサービスを売り込む様相となってきました。

取引機会が多くなることは、利用者に取ってより良い環境が整うことになるので、
うれしいことであるはずなのですが、現状は残念ながらそうなっていません。

取引に関する法的知識を持たない方に取っては、
市場に溢れる 海外取引業者のどこが信頼できるのか判断ができません。

それが原因となって多くの特に初心者を中心とする取引利用者が、
ここにきて海外の取引業者とのトラブルが急増する結果となっているのです。

バイナリーオプション取引に関する相談件数


*全国消費生活情報ネットワーク・システムより引用

国内の業者と海外の業者の最も大きな取引の違いは、
様々なサービスの自由度の高さ、取引回数の多さ、
そしてボーナスの充実度について、海外業者が勝っていると言う「うわさ」です。

であれば、一体何故この様な状況が起こる様になってしまったのかを、確認してみましょう。

バイナリーオプションのリスクは低いが取引業者にはリスクあり

そもそも国内の取引業者と海外の取引業者には
本質的な「違い」があることを皆さんはご存知でしょうか。

単に耳にする「うわさ」ではなく、現実的に明確な根拠を定められている事実であり、
取引に関わる利用者に対する資産担保の違いです。

仮に資産を預けた取引業者が倒産、もしくは連絡が取れないなどの
トラブルに見舞われた場合、どうなるのでしょうか。

一番心配するのはは入金したお金が戻ってくるかどうかなのですが、 国内の業者である場合、金融庁及び国内の法律で皆さんの資金は安全に担保され、手元に戻ってきます。

ところが驚くべきことに海外の取引業者ではその資金が担保されません。
つまり、資金が戻ってこない訳です。


当然海外の業者でも金融庁に登録を行い、
国内行政の指導の元で取引を行っている場合は話が変わります。

しかし、現実的にはこの様な海外業者は皆無に等しいのです。

そして最も懸念すべき事項が紹介した様なトラブル件数の中で最も割合の多い、
「現金が出金出来ない」というトラブルです。

この様なケースは残念ながら大抵、資金を取り戻すことが不可能に近い状況に陥ります。

取り戻したくても一切業者に連絡が付かず、後の調査を実施できてもそもそも存在があったかを確認する手立てが無くなってしまうからです。

これらはまず取引を行う以前の問題であるのですが、多くの方がこの様な被害に合っており、逆に言えば 昨今のFX取引がグローバルになってきているという隙を突いた非常に危険な落とし穴だと言えます。

通常の業者にまぎれ、人気が高いことやメリットが大きいなどの広告や情報を散布し、
利用者を信用させることで、存在の事実さえ疑われる会社との取引を誘導し、
その資金をだまし取る様な手口が後を経ちません。

この原因にはインターネット上に氾濫する、情報に対する危険意識がないことや、その真偽性の確認が自己責任となっているため、仮に誤った判断をしても解決の手段がないことが大きいのですが、これらの問題を根本的に改善するには、まず本質的に情報に対する自己防衛をするしか手段がありません。

一定数の誤認情報やうそなどに出会うリスクは織り込んだ上で、より多くの情報を得ることでその情報のつじつまが合うのかどうか?他の情報との整合性はどうか?
など、 多角的に情報分析を出来ることがとても重要になってきます。

バイナリーオプションで良く見かける業者選択の危うさ

もう一つの要因は実際の事例として、
何故その様な怪しい情報を取り入れてしまうのかについても、検証が必要です。

ではこれら海外業者との取引に至る原因について、もう少し具体的にその内容を探っていきましょう。 海外取引業者との取引を開始してしまう原因は、 過大な広告に大きな原因があります。

取引に関する知識を持たない方に取っては、さもそれが現実の様に捉えられてしまうことが取引開始の決断を促している様です。具体的に過大宣伝の広告内容にはいくつか共通する要素がありますので、それを具体的に紹介して行きましょう。

何点か重要なポイントを掲載しましたので、以下の注意点をまずは参照してみましょう。

海外バイナリーオプションの業者が魅力的に見えてしまう理由


@取引の種類が豊富で国内にはない短時間取引などのメリットの多い取引形態があること

A会社居住場所がノータックスもしくはロータックスであり、税法上優遇処置をうけられるという解説がある。

Bボーナスや資金的にお得な取引が出来ると言う広告がなされている。

海外のバイナリーオプション取引業者に良く見受けられる誇大広告は、概ねこの3種類のいずれかが当てはまります。
人に対して都合の良い情報を、それも真実も織り交ぜながら提供すると言う手法は良くありますが、たちの悪い情報操作だと言えます。
この手の海外業者はその様な手法を良く理解しており、非常に手口も巧妙です。

では具体的に紹介したメリットについての、正しい情報の解説を行っていきましょう。

@海外の取引業者の取引メリットは、
確かに国内業者の取引と比較して充実している部分があるのは事実です。
しかしながら、それ以前に後述する取引の根本的なリスク(出金できない)がある以上、
何ら魅力的とはいえないのも事実です。


また、国内業者は安全な賭博性の低い取引を基準に
金融庁から規制を受けていますので、これは利用者のメリットの確保というよりも、
資金面の安全性担保という色合いが濃いのです。

国内で大きな資金の動くカジノが現状で合法化されていないの
と同様の処置だと考えると良いでしょう。


A半分真実で、半分は真実でない情報を提供しています。
確かに世界にはかかる税率について、非常に税率の低い国があるのも確かです。

しかし日本では取引を国内業者で実施すれば、
それがネット上の取引であっても国内税率が適用されます。


一方でこれが海外業者であった場合、
実際の利益に対する税率は海外の法に基づくこととなります。

しかし実際にはその会社を訪問し、
会社の所在や取引の正確性を確認する手段はありません。

ネット上の取引ではこの確認が残念ながら出来ないのです。
そしてこのことを海外業者はよく理解しています。

つまり海外の業者については、例えば実際の取引住所が表記されている会社住所では無く、他の場所であった場合、 最悪〜50%近い税金がかけられてしまうリスクがあるのです。

例えば金融庁に登録していないのは税金面での優遇処置を受けられないからと言うケースでも、裏を返せば正当に取引を行っていないからとも言えます。

そしてこれら全ての情報を、いずれの場合でも
利用者が確認出来ないのは、大きなリスクです。

そしてトラブルの多くは、この確認が曖昧だったために
引き起こされている事実を理解する必要があります。


Bボーナスなどの特典には概ね傾向があります。

取引開始直後、入金しただけでボーナスが出る様な場合は、
非常に怪しいケースが多いと考えるべきです。


しかし実際には取引回数に条件が付けられている場合が多く、
すぐにはボーナスを含んだ投資資金が引き出せない様に巧妙な仕掛けが組まれています。

この様に様々なメリットとして紹介されている海外業者の広告の中身も、実はその全体の情報を手に入れて見ると、全部情報ではなく都合の良い部分だけを取り上げたものであったり、中には真実とは言い難いものまで紛れ込んでいるものがあることが分かります。

正しい業者選択は取引以前に最も重要な要素

この様な海外業者を見分けるには、広告だけを見て取引を開始することは絶対に避けると言うのが、まずは大事な対応だと言えます。

取り分け比較的簡単に判断出来る公式情報として確かなのは、
金融庁に登録されている業者なのかということを確認する方法だと言えます。

しかし中にはそれらの情報を入手しても、確実な取引が行えるとは思えない方もいるでしょうし、また、根本的にその様なリスクがあるのであれば、海外業者との取引自体を再考するべきと考える方もいるでしょう。

重要なことは、相場取引においては投機性で自己責任がある部分と、リスク要因を回避すべき部分があるということであり、これは全てに投機性が高く、ギャンブル性の色濃い海外の考え方とは異なる日本的な考えに基づいていると言う事なのです。

相場取引は基本的に自己責任ではありますが、
その 自己責任をどこで線引きするのかというのは非常に日本人には重要な問題です。

あくまで選択は個人の判断が優先されますが、
当サイトではその様な観点の上で、やはり国内業者との安全な取引をおススメします。

具体的には 「外為オプション」「バイトレ」などの取引業者をおススメします。
具体的に2社についてのサービス概要を下記に掲載しましたので、参照してみましょう。

項 目
判定期間 最短3時間 最短で2分
ペイアウト 1.1〜200倍 1.01〜20倍
通貨ベア 4通貨 6通貨
取引単位 1ロット/50〜999円 1ロット/100〜9999円

基本的に国内業者にも様々なバイナリーオプション取扱い業者がいますが、特に海外の取引業者を検討している方は、もう一度取引を行っても資金の安全が確保できるのかを良く確認しておくことをおススメします。

外為オプションは 1,000円未満から始めれ、為替相場が円安に動くか円高に動くかを予測するバイナリーオプション取引です。

満期を待たずに途中売却で損益確定も出来るの所も人気の理由!

24時間フリーダイヤルサポートで安心して取引ができ、
最短2営業日で取引開始することができます。

最低取引金額 オプションタイプ ペイアウト 通貨ペア
50円〜 ラダー 1,000円/1枚 4ペア
判定時間 権利放棄
(転売)
購入上限
(回号毎)
スマホ対応
最短2分 可能 1注文200枚
1日10,000枚
iPhone○
Android○

今日始めたい方 関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧