• HOME > 
  • SBI FXトレードがスキャルピングに特化した3つの理由

SBI FXトレードがスキャルピングに特化した3つの理由

スキャルピングとはなにか?

FXのトレードの基本は、相場のその時のトレンドを予測して売り買いを行うのが基本です。
しかしそのトレンドも、小さな上下の振幅を伴いながら相場推移して行くのが通常です。

スキャルピングとはその小さな振幅の、上向きの相場を狙って小さな単位で且つ短時間で確実に利益を摂取するという取引を指して言います。

この取引を実際の取引時間で表現すると、実際には短いもので数秒間から長いものでも数分間の取引となりますので、デイトレードのカテゴライズでも、最短取引と言えるトレードだと言えます。

値動きの相場を確認した上で買いを行い短時間で売りを行うことで、一回の取引による利益の幅は小さいデメリットもありますが、確実に利益を摂取出来る可能性が高い取引と言えます。基本的には利益確定になる可能性が高いことから、レバレッジを高くして繰り返し取引を行うのが普通です。

とはいえこの作業は非常に短い時間の中で行われる取引のため、短い時間の中で判断を繰り返し行うことになります。
時には相場が下落に転じる場合もありますので、即座に損切りをする様な臨機応変さも求められますので、通常のトレードと比較しても瞬発力などの要素も求められます。

スキャルピングを行う相場の変動はその見極めが難しい部分があり、特に初心者から熟練者でも狙い目とする相場の動きが変わってくるのですが、今回は特に初心者の方向きにスキャルピングに適した相場の見方と取引を行う方法について、学んでいきましょう。

相場の見極めと動きに合わせた取引をするのがベスト

キャリアを考慮せずにスキャルピングを考えた場合、基本的には相場動向が激しく振幅の大きなトレンド相場で取引をすることがより大きな利益を生み出すタイミングとも言えますが、この取引は相場下落に転じた時に、損切りを行っても損失は大きなものとなります。

従って初心者である場合、基本的にはトレンド相場でのスキャルピングは避けた方が無難な選択だと言えます。初心者の場合は特にトレンド相場ではなく、動きの鈍いレンジ相場でスキャルピングを行い、トレンド相場では順張りをして行くことをおススメします。

具体的にはレンジ相場は値動きが小さく振幅する為、利益も小さな分可能な限りコストも小さくしておきたいところですので、取引の費用がかからない通貨を選択することが重要です。基本的にはドル/円、ポンド/ドル、ユーロ/ドルなど、主にドルを基調とした取引が利益を稼ぐためにコストが少なく効率的です。初心者の方はドル/円での取引ではじめてみましょう。

スキャルピングをする場合相場観が重要であることはもちろんですが、相場の動きが方向感なく動く局面になった場合は、あまり無理をせず次のトレンドまで待つか、スキャルピングでの売買を止めるべきです。

相場の動きが考えているポジションと異なる動きになった場合は、すぐに損切りをすることがスキャルピングでは重要ですので、心がけておきましょう。ここで重要なのは約定力が高い取引業者を選択することです。約定力が低くスリッページを起こす取引業者を選択してしまうと、損害が拡大しますので注意が必要です。

次にスキャルピングを選択しないトレンド相場での順張りについて学んでいきます。レンジ相場を抜けて、トレンド相場に局面が移ったと相場動向の動きが判断出来れば、ある程度の相場の動きに合わせて「買い」を行い、順張りを実施します。

この時も取引業者の約定力の高さが重要になります。また取引通貨もスプレッドが狭いものを選ぶのがより安全な取引となりますので、ドル/円などの相場が狙い目だと言えます。先程紹介したスキャルピングでもドル/円をおススメしているのはこのことも大きく関係しており、相場の動きや予想をしやすくするために、より効率的なのです。

最適なFX取引を目指すならベストチョイスはこの会社

スプレッドの狭さで定評のあるのがSBI FXトレードやGMOクリック証券ですが、共にスプレッドが狭い中でも、同時に重要な約定力の高さを参考にすれば最もおススメなのはSBI FXトレードです。

スプレッドの狭さについてはGMOクリック証券と比較しても0.03しか差がありませんので、誤差程度の数値の差だと言え、それよりもスキャルピングなどで紹介してきた、より重要なスリッページなどのリスクが低いことを考えるとSBI FXトレードが選択としては堅い選択だと言えます。

では実際にGMOクリック証券とSBI FXトレードの具体的なサービス比較を行っていきましょう。

SBI FXトレードのサービス内容を見るとGMOクリック証券と比較して紹介した通り、スプレッドの狭さはほとんど変わらないことが分かります。また、往復コストとは取引における売買の手数料、及びスプレッドを含んだコストを指していますが、こちらもほとんど変わらないコスト差となっています。

それらの比較差を考慮しても、やはり約定力の高さはSBI FXトレードがより高い信頼性があることは大きな選択要素だと言えます。売買の数だけ約定力の高さは重要になってきますので、特に初心者の方は確実な利益捻出を考えても、当サイトはSBI FXトレードで取引を行われることをおススメします。

SBI FXトレードの魅力は業界最狭水準のスプレッドに加え、FXでは珍しい
1通貨単位からお取引が可能なところです。

興味はあるけど怖くてお金をあまり出したくない、という方はSBI FXトレードで1通貨単位から始めてみましょう。

米ドル/円
スプレッド
スキャルピング 取扱い単位 通貨ペア
0.27銭 1〜10,000
通貨単位
12ペア
手数料 開設時間 約定力 信託保全
無料 最短翌日 高い SBIリクイディティ・マーケット株式会社

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧