海外バイナリー口座よりも国内口座の方が安全視される6つの理由

国内外のバイナリーオプション業者の取引の違い

近年人気の高まっている投資商品の1つに、バイナリーオプションがあります。
初心者でこれから取引を開始すると言う方は、多大な意図しない損実を被る前に、このコラムを必ず読んでおきましょう。

まず、バイナリーオプションはそもそも投機性の1面もある投資商品の中ではシンプルな取引で、手堅く利益を出すことも出来る初心者向けの取引であると言えます。一般的な株式取引などでは単純に売るか、買うかという二者択一の取引ではありません。

株式の購入についてその時期、いくらの購入かの数、さらには売りのタイミングまで全て指示をする必要があります。これと比較するとバイナリーオプションは本当に売るか買うかですので、取引の難しさから出るリスクを最小限に抑えることができます。

仕組みが単純なバイナリーオプションであることが、初心者の取引の人気の秘密にもなっているのは確かです。つまりその取引の安全性からしても、より安全な取引形態を選択することが、本来のバイナリーオプションにおススメしたいことなのですが、実情はそうとも言い切れない事象が存在します。

その事象とはバイナリーオプションの業者選びにあるのですが、実はその問題は未だあまり認知されていないのです。バイナリーオプションは国内外に沢山の取引業者が存在します。しかし国外と海外の業者で同じ取引を実施出来ても、その取引の根本的な安全性は国内と海外では雲泥の差があるのです。

実は取引を行う初心者の中にはこの格差について、全く認知のない方もいます。取引を行う上ではいわゆる外資系業者の取引では、国際法上のどの様な法適用を受けるか理解していないために、この様なリスクが生まれてしまう訳です。

国内の取引業者と海外の取引業者の扱いには実はこれだけの要素で違いがあるのです。最も厄介なのはこの様な取引に関わる基本的な背景については広告の場では表示義務がなく、その様なことや予備知識を持たないまま、初心者が取引を行いトラブルに発展してしまうと言うことです。

特にリスクが高いのは、資金の安全性と負担すべき税金の問題でしょう。最も大きなリスクが生まれる要因には、海外の業者が金融庁への登録を行わず取引が出来てしまうこと、また国内の法律の適用を履行出来ない為に、海外の業者は事実上税制も含めて管轄外になってしまうと言うことです。

トラブルに巻き込まれると手の打てない事態に

ここまでバイナリーオプションの取引を行う上で、特に国内外の業者の取扱いに大きな差があること、そして特に海外の業者との取引には根本的なリスク要因が存在することを紹介してきました。では、具体的にどの様な取引におけるリスクが存在するのでしょうか。

国内の生活センターに寄せられている実際のトラブルを見て行くと、圧倒的に多いトラブルが「出金出来ない」という内容のトラブルとなっています。結論からすると単純な表現となりますが、業者の中には取引に巧みな条件を課し、利用者に損失が出る様な仕組みを提供している悪質な事例も存在します。

また入出金でも海外の業者である場合、銀行も国内銀行と直接的な取引を行っておらず、海外の銀行を経由していますので、ダイレクトではありません。従ってタイムラグのある取引となり、不安な時間を費やすことにもなります。

そして最大の懸念事項はこの様なトラブルとなってしまった場合、法の力による解決手段が何もないと言うことです。海外の業者は当然ながら本社所在地の国の法律が適用され、日本国内の法律適用範囲ではありません。

従って、トラブルを起こしてしまった場合、まず何らかの解決手段をと考えても、実際には泣き寝入りするしかないのです。先般もあまりのトラブル案件の多さに、金融庁が海外のバイナリーオプション会社に注意喚起をしましたが、注意喚起では根本的な拘束力もなく、何ら解決に至っていません。

初心者だからこそ配慮の行き届いた日本式ビジネスに委託すべし

以上の様な海外の業者との取引を行うのは、そこにあるリスクを理解した上で取引を行うことが利用者の自己責任として要求されます。金融取引においては、そもそも海外と国内の文化には大きな違いがあります。

海外では金融取引による利益も損失も、基本的には全てが利用者の自己責任の上に立って成立する部分があり、日本的なサービス業という考えた方はあまりありません。これらのことを考慮して、当サイトでは特に初心者の方には、国内業者との取引を強くおススメします。

国内業者では紹介した通り、取引金額が少額からでも開始が可能で、取引に利用するソフトの充実具合やサポートの手厚さなど、サービスの内容が海外業者と比較しても、断然に高い品質でサービスが提供されています。

また、海外業者でも国内業者でも取引業者が倒産するリスクは会社である以上同じではありますが、取引金の引き出しや資産は金融庁の厳格な管理の元、倒産が起こっても利用者には原資が法的に担保される決まりとなっていますので、安心して取引ができます。

この様にありとあらゆる面で、バイナリーオプションを始める際には、海外業者と比較して国内業者との取引メリットが圧倒的に高いといえます。

運営効率の面では取引時間の短さや1日の取引回数が多いことが海外業者のメリットだとは言えますが、賭博性が高いことや利益が出ても税金課税リスクがあることを考えると、大きなメリットとは言い難い面があり、実質的に比較すべき事象ではありません。

安全に投資ができないのであればメリットとは言い難く、やはり総合的に見ても国内業者との取引を優先することが最も確実な方法なのです。

少額でも確実に投資資金をプラスに転じていくには?

特にバイナリーオプションを開始しようと考える方は、特に安全性を重視する方も少なくありませんので、まずはローリスクローリターンを狙って投資を行うことをおススメします。

投資に関する知識が蓄積されていけば、より海外の業者の危険性についても触れる機会は多くなりますが、中には少数ですが総合的にはやはり国内業者と比較して見劣りしても、取引は真面目に運営する企業もあります。

その様な海外業者との取引判断は、十分な判断材料や知識が付いてから考えても遅くはありません。大事な資金ですので、慎重に選択をしながら投資を行うことをおススメします。

ここで国内業者の中で、どんな業者との取引を行うのがよいのかについて確認してみましょう。

バイナリーオプションの取引業者を選択する上で優秀な取引業者を選択するには、国内業者の特徴であるサービスが充実しているという特徴を持ちながら且つ、海外業者に負けない程の実績がある会社を選ぶことが出来ればベストチョイスだと言えます。

実績から選択すると、FX取引では世界で最も取引が行われている世界取引高No1の「GMOクリック証券の外為オプション」がおススメです。GMOクリック証券ならば、まさに世界的にもFXの分野でトップクラスの実績を持ちますので、わざわざリスクの高い海外業者との取引を選択する必要もありません。

バイナリーオプションはFXとは異なる取引ですが、GMOクリック証券ではFXでのノウハウがしっかりと外為オプションでも引き継がれており、安心して取引が可能です。では実際にGMO外為オプションのサービス概要を参照してみましょう。

取引内容を見ると、国内的にも取扱いソフトの良さやサポート体制には定評のあるGMOクリック証券ですが、海外の取引業者との比較をポイントに着目して見ても、やはり世界でトップクラスのサービスを実践していると言える内容だと言えます。

1日の取引回数も10回で多く8:00〜翌5:00と時間を選ばずに取引できるので資金効率が高い上に、世界基準の主要通貨を複数選択出来ることも自由度の高い取引が可能だと言えます。またその上に賭博性の低いラダーオプションを導入していますので、サービスの良いとこ取りをしていると言えます。

バイナリーオプションの特徴は「購入金額以上の損失が出ない」ということに尽きますので、まずは確実な取引が行え、取引トレンドとしてもベストチョイスとなるGMOクリック証券でのサービス開始をおススメします。

知っとくポイント

cricshokenGMOクリック証券
外為オプション1枚1000円未満から取引可能
途中売却で損益確定出来るのが人気!
バイナリーオプションをこれから始めるなら外為オプションがオススメ!

オリコン顧客満足度ランキング第1位!

人気の外為オプションはもちろん、FX取引も業界最高水準です。 最狭スプレッドに加え、自分に合った高機能ツールが選べるところが魅力です。
口座開設・維持は無料なのでまずは最短5分の口座開設を申し込みましょう!

口座開設はこちら

関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧