MT4を使ってFX初心者が有利に取引する3つのポイント

MT4とは? MT4について学んでみよう


FX運用の方法には様々な種類と方法がありますが、
その中 MT4(メタトレーダー4)という取引ツールがあります。


MT4はロシアのメタクォーツソフトウェア社が提供する無料のトレードソフトで、
海外では最も利用されているクライアントソフト(FXの発注や決済をするシステム)です。

海外製なので、普通にMT4を利用しようとするとすべて英語表記で分かりずらいのですが、
みんなのFXFXトレードフィナンシャルが提供するMT4であれば

日本語対応なので、誰でも問題なく利用可能です。

この取引ツールを利用したFX運用の大きな2つの特徴は
・自分で取引する裁量FXとシステムトレードが1つの口座でできる
・テクニカル分析を自分の好きなようにカスタマイズできる

というところ。

プログラミングに明るい人であれば自動売買のプログラムを自作が可能です。
ただし 「プログラミングなんて無理!」という方が大半だと思いますので、
既存のプログラム(EA)を選んで利用し、システムトレードを行う事も可能になっています。

最近では iPhoneやアンドロイドでMT4が利用可能
みんなのFXFXトレードフィナンシャルのようなFX会社もあります。

通常のシステムトレード口座で取引をすると
実はスプレッドが2銭以上など
かなり広くなってしまうのですが、
MT4であれば通常のFX取引と同じ
狭いスプレッドを利用する事が可能
です。



システムトレードを始めるには

具体的にMT4でシステムトレードをするにはまず、
EA(Expert Advisors)とよばれるプログラムを用意しましょう。

「EA 無料」などで検索をしてみると
様々なEAの運用結果をランキング形式で公開している所
使いやすく 加工されたテクニカルを無料・有料で公開している所があります。
無料といえど侮れない、便利なものばかりです。

また設定した EAの「バックテスト」をすることができます。

・過去にどれくらい利益を出す事が出来たか?
・最終的な資産の残高や勝率は?

など、その他様々な数値で表してデータを出す事を、 「バックテスト」と言います。


このMT4にはその他にも大きな特徴があり、
高性能なプログラムであるため 動作が早く
テクニカル分析に上限がなく、
数値の細かい設定にも対応している事などがあります。


特に テクニカル分析については、
FX会社側で提供されている取引ツールを利用した場合、
その種類が限られていたり、数値が変更出来ず固定されていたりと、
実は利用者に不利な要素が数多く存在します。


ところが初心者の場合、
テクニカル分析の意味がよく理解できない場合が多い為、
そのデメリットに気がつかない場合が多いのです。

FXはギャンブルとは異なり分析が可能な投資です。
分析がしっかりと行えていれば、その分リターンはより確度の高いものとなります。

100%とは言えませんが、テクニカル分析なしでは
FXで成功する事は困難だという事を肝に銘じておきましょう。


ちなみに MT4でテクニカル分析は「インジケーター」と呼ばれています。
覚えておきましょう。

では実際に MT4と普通のFX口座のツールとの違いをいくつか比較してみましょう。

まずは例としてFXトレードフィナンシャルのMT4と普通のFX口座の違いについて紹介します。

  MT4
(FXトレードフィナンシャル)
高速FX
(FXトレードフィナンシャル)
取引単位 1,000通貨コース
10,000通貨コース選択制
10,000通貨単位〜
通貨ベア 21通貨ベア 38通貨ベア
テクニカル指標
(インジケーター)
●罫線分析ツール
移動平均線・ポリンジャーバンド・一目均衡表・パラボリックSAR・MACD等 計1524種類

●カスタムインジケーター
ネットで配布されているものや 自作したインディケーターを追加する事が可能
●基本指標
移動平均線・ポリンジャーバンド・一目均衛表・Pivot 他全11種類

●補助指標
MACD・RSI・ストキャスティクス・ウィリアムズ%R 他全16種類
テクニカル指標の
数値設定変更
自由に設定可能 固定値のみ
システムトレード 可能 不可能
取引ツール リッチクライアント WEB・リッチクライアント・モバイル
iPhone・Android
ロスカット 維持率100%以下となった時 維持率20%未満となった時

MT4と外貨exを比較すると、取引単位や通貨ペアに差はありませんが、
テクニカル指標の数値を変えることができるのは
トレーダーにとって大きなポイント
です。

しかし、最も大きな違いといえば、
やはりシステムトレードが可能かどうかが最大の違いだと言えるでしょう。

ではシステムトレードを通常の裁量トレードと比較してみましょう。


  システムトレード 裁量トレード
特徴 自身の感情を伴わず、
ルールに基づき取引を行うので
データが取れやすく、取引の判断をする上で
法則性の把握や、分析に適している。
自分自身の経験や判断に依存した取引を
行うため、 経験が浅い時ほど
場当たり的な取引に陥りやすい。
その日の体調などの要素にも左右されやすい。
メリット 明確な基準で取引を行うため、
相場に適したプログラムで運用すれば
正確な取引が行なえ、
ミスを犯すリスク低くなる

相場の過去の取引状況を反映した
取引が行える。
相場の急な変動、未知の変動に対して
自分の勘や経験、予測・分析に基づいた判断で
効率よく取引を行う事が出来る。
デメリット システムに任せきりだと
裁量取引の技術が身につかない。
損が重なり追い込まれた時に
正確な判断で取引する事が難しい。

基本的に、MT4はシステムトレードと裁量トレードの両方が
普通のFX口座より自由度が高く、有利に取引する事が可能です。


相場に動きがあまりない時はシステムトレードで放置して、
動きがあるときや値動きが激しい通貨ペアの取引は裁量トレードにする
という事を1つの口座でできてしまうのです。

このように色々利用に便利なMT4ですが、
初心者がMT4を利用する上で最大のメリットとなる、
相場の分析機能とその利用について、紹介していきます。

ポイント@ 相場の方向がわかる『トレンドライン』をひく

FX初心者がMT4を駆使して取引を有利に進めようと考える場合、
テクニカル分析を使う事が大きな鍵を握る事は紹介してきましたが、
その中でまず大きなポイントとして トレンドラインを引くという作業があります。


相場は常に変動をしておりまたその振幅も様々ですが、
変動があるときには 「円高↓」「円安↑」どちらかの傾向が必ず存在します。

その傾向を読み取る為にはトレンドラインを引く必要があります。


トレンドラインを活用する事で相場の動きをデータ化し、
相場に対する売買を自動的に行える様になれば、FXの運営を行う上で、
局面によっては非常に有効性の高い取引を行える様になります。


実際にトレンドラインを引いた場合のMT4画面を参照してみましょう。


トレンドラインは上昇トレンドなら2つ以上の最安値、
下降トレンドなら上の図のように高値を結びます。結べる点は多いほど正確です。

相場がこのトレンドラインをはみ出した時、
「上昇もしくは下降トレンドの終わりが近い」という合図になります。
FXを行う上で、トレンドラインを引く事は、
相場の変動を予測する上で必要な作業となります。


うまMT4を活用する上でも、
必ずこのトレンドラインを引く事は基本的な作業として実施する様にしましょう。

ポイントA シンプルで精度の高い人気テクニカル指標で勝率UP

次に重要なのはテクニカル指標の活用です。

テクニカル指標には人気の高いものとして、
トレンド系指標のボリンジャーバンドと、オシレーター系指標のRSI
が存在します。


FXで相場の予測を立てて投資をする場合、
具体的にはその投資法方法として 順張り逆張りが存在しますが、
上で紹介した指標を組み合わせて利用する事で、両方を同時に投資するメリットがあります。


また、この組み合わせはどちらか一方に相場が変動する トレンド相場や、
上がり下がりを同じ値幅で繰り返す レンジ相場などのどの状況にも対応が可能です。

 

FX初心者である場合、まずはFX環境として
どの様な相場環境にも対応が出来る準備をしておく事が重要ですので、
ボリンジャーバンドとRSIの組み合わせでトレードを行うのが
間違いのない選択だと言えるでしょう。

 

相場の動きや変動は複雑であり、
特に初心者では 「これはトレンド相場なのか、レンジ相場なのか?」
なかなか 判断が難しい場面が必ず発生します。


従って最初から高額な取引をする事は大きなリスクがつきまといますので、
最初は少ない資金で低リスクなトレードをする事で、
相場の感覚を少しずつ掴んでいきましょう。
まずはドル/円で練習するのが良いでしょう。

最初は基本のボリンジャーバンドとRSIの組み合わせで順張り
(トレンドの方向に合わせて売買すること)がおすすめです。

ある程度の過去チャートを分析する事が、
その様な場合に大きなメリット
となるのですが、
やはりそれらも運用経験に比例しますので、しっかりと練習で勉強する事が大事なのです。

MT4対応口座 基本スペック比較

FX会社
ドル/円
スプレッド
0.3銭 原則固定 非公開
通貨ペア 21ペア 18ペア
取引単位 1,000通貨 1,000通貨

ポイントB 利益が出るかテストしてから自動売買ができる!

最後にMT4を利用したFXの特徴として、
システムトレードが行えるという事があります。
システムトレードの目的は、
売買を自動的に行い売り買いにかかる手間を効率化してくれる事は勿論の事、
「もう少し利益がプラスになるかも…」
「もしかしたらマイナスから巻き返すかも…」

といった 損切りや決済のタイミングが
感情によって遅れることがない
点も大きなメリットです。

中には高い運用実績が出ているものもありますので、その中から選ぶことも出来ます。

 

数々のプロが考案した実績のあるプログラムの中から、
十分なバックテストとデモトレードを行い、
より確実に利益を捻出できるEAを選択する事で、
安心して自動売買を利用できるのはFX初心者にとって、
大きなメリット
であると言えるでしょう。

MT4の大事な3つのポイントまとめ

1 まずはトレンドラインを引いて相場の変化に気づけるようにする

1 テクニカル指標を使ってトレンドかレンジを見極める
    はじめはボリンジャーバンド&RSIがおすすめ!
    慣れてきたら数値を変えて最適な表示を探してみる。

1 EAを使う時は利益が出るかバックテストしてから動かす

以上の3つのポイントを押さえた上で、
汎用性の高い FXトレードフィナンシャルのMT4を使って
普段は バックテストでいい成績を出したEAを選んで運用、
時間があるときは ボリンジャーバンド&RSIにトレンドラインをプラスして
裁量取引というスタイルなら
初心者でも効率的で他のトレーダーより有利なFXが運用可能となります。

為替のプロ集団が設立したFXトレード・フィナンシャル。
ミラートレーダーに、
人気のMT4、
バイナリ―オプションと投資商品の豊富さが魅力的
です。

バイナリーオプションの注文方法である、
「タッチバイナリー」は
他社での取扱いが少なくとても貴重な注文方法で

米ドル/円
スプレッド
NZドル/円
スワップ
取扱い単位 通貨ペア
0.3銭
原則固定
87円 1千通貨単位
21ペア
インジケーター バックテスト 約定力 セミナー
標準30種類以上 高い EA自動売買
セミナー有り

コラム一覧

MT4で選ぶ 関連コンテンツ

目的別で選ぶ

  • 総合力で比較
  • スプレッド
  • スワップ
  • スピード口座開設
  • 今日始めたい方
  • 初心者・主婦向け
  • 4,000円から始める
  • 取引画面ツール
  • 副業
  • 少額取引
  • トレードスタイル
  • 口座開設数
FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧