1. HOME
  2.  >  OCO注文(オーシーオー注文)とは?その使用方法とコツ
スイング&ポジショントレード主体の

OCO注文(オーシーオー注文)とは?その使用方法とコツ

FXは、他の相場(株式や仮想通貨など)に比べて、とても多くの発注方法があるように思います。実際に数多くあるのですが、それは顧客の強い要望と、各業者間の競争がもたらした結果でしょう。

そこで、代表的な注文について考察しましょう。その中には、ゆったり為替が実際に使う注文もあれば、全く使わない注文もあります。その理由も併せて検討します。

OCO注文とは

OCO注文とは、同時に2つの注文を発注し、1つの注文が成立したらもう一方の注文をキャンセルする(無効化する)という注文方法です。One Cancels the Other Orderの頭文字をとってOCO注文と呼んでいます。

図で確認しましょう。下の図をご覧ください。青の実線が為替レートの動きを示します。




為替レートがある時点に来たところで、「将来はどうなるか分からないけれど、値上がりするときは大きく上がるし、値下がりするときは大きく下がるだろう」と予想したとします。そこで、図の「発注」と書いてある部分でOCO注文を出します。


注文内容は、「為替レートが注文1の位置まで上昇したら買い、逆に、注文2まで下落したら売り」です。


その後、為替レートが上昇して「注文1」まで来たら、買い注文が成立します。この瞬間に、「注文2」の売り注文はキャンセルされます。その逆の場合も同様で、為替レートが下落して「注文2」まで来たら、売り注文が成立します。この瞬間に、「注文1」の買い注文はキャンセルされます。


なお、上の図とは異なり、「為替レートは注文1の部分で反発して下落するだろう」と考える場合は、注文1で売ることもできます。同様に、「為替レートは注文2の部分で反発して上昇するだろう」と考える場合は、注文2で買うこともできます。

反発を狙う注文は、レンジ相場の場合に有効です。

OCO注文のメリット

OCO注文のメリットは、「相場が上昇しても下落しても対応できる」ことでしょう。OCO注文がなかったとしたら、為替レートが売買したいところまで移動するのを、ジッと待たなければなりません。

専業トレーダーでもない限り、ジッと待ち続けるのは難しいです。

しかし、OCO注文があれば、待つ必要はありません。発注しておけば、後はFX業者のシステムが発注してくれます。一方の注文が成立したら、他方の注文は自動でキャンセルになります。わざわざ手動でキャンセルする必要がないので便利です。

発注時点でポジションがあってもなくてもOK

なお、ポジションを持っていてもいなくても、OCO注文を発注できます。

・ポジションを持っていない場合:
OCO注文発注後、為替レートが注文したレートまで移動したら、新規注文として約定します。すなわち、ポジションを持ちます。

・ポジションを持っている場合:
ポジションを持っていて、それを決済する目的でOCO注文を出すこともできます。この場合、OCO注文が約定すると、ポジションは決済されてなくなるということになります。

ポジションがあってもなくても使えるので、OCO注文は汎用性が高いと言えそうです。

ゆったり為替が使わないOCO注文

なお、ゆったり為替は、ポジションを持っていない状態でOCO注文を使ったことが一度もありません。ゆったり為替にとっては使いづらいからです。では、その使いづらさを感じる理由をご紹介しましょう。

使いづらさを感じる前提として、「為替レートの値動きを読むのは、極めて難しい」ということがあります。 1日後の為替レートがどこにあるのか、予想するのは難しいです。1分後のレートでさえ、確実に読むのは困難です。

ポジションを持っていない状態でOCO注文を出すとき、以下の全てで正解しないと利食いできません。

・為替レートが、OCO注文で発注したレートまで推移する
・買いまたは売りの注文が執行された後、為替レートが期待する方向に進む

ここで問題となるのは、2つ目の部分です。一番上の図を再掲します。




「注文1」部分で買ったとして、その後の値動きがどうなるのか分かりません。意図とは違って下落するかもしれませんが、損切り注文を出していません。改めてログインして損切り注文を出す必要があります。


しかし、何らかの理由で忙しくて、損切り注文を出せないかもしれません。この場合、OCO注文は成立したけれども大損になる可能性があります。


また、注文1で買った後、期待通りに上昇したとしましょう。上昇目標値まで来たら決済したいですが、OCO注文ではこの決済まで発注できません。そこで、改めて決済注文を出す必要があります。


このように考えると、ポジションを持っていない状態でのOCO注文は、リスクを伴うことが分かります。そこで、ゆったり為替は、ポジションを持っていない状態でのOCO注文を使ったことがありません。


一方、ポジションがある状態からOCO注文を使う場合は、このリスクが全くありません。というのは、OCO注文が成立すると、現在持っているポジションが決済されて手元からなくなるからです。


すなわち、その後は相場がどんなに荒れようとも、評価損益に変化はありません。安全度の高い取引が可能となります。


リスクを抑えつつOCO注文を使いたい場合は、ポジションを決済するときに使うのが良いだろうと思います。


なお、新規約定した後の決済注文まで事前に発注したいという場合は、IFD(イフダン)注文やIFO(アイエフオー)注文を使います。

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧