スイング&ポジショントレード主体の

ゆったり為替のトライオート実践例-ボックス相場-

今回は、ゆったり為替が

実際にトライオートで使用したトレード方法をご紹介します。


最初に、下のチャートをご覧ください。

米ドル/円(USD/JPY)の日足チャートで、期間は2015年2月〜2015年5月です。



(トライオートより引用)


さて、このチャートを見てどのようなことが分かるでしょうか。

・比較的きれいなボックス相場に見える
・ボックス相場の下限は118.50円くらい
・上限は120.50円または121.50円くらい


この相場で、「買って持ち続ける」または「売って持ち続ける」

というトレードはとても難しいだろうと分かります。

というのは、為替レートの値動きの範囲が2円くらいしかないからです。


デイトレードならば2円もあれば十分かもしれません。

しかし、それはパソコンの前でずっとトレードできる場合の話です。

多くの場合は、仕事や学業がありますから、デイトレードは難しいでしょう。

また、寝ているときも為替レートは動きます。


このような状況で、どのように攻略すれば良いでしょうか?

トレードしないという選択肢もあるでしょう。

実際のところ、あまりに狭い範囲で為替レートが動いていましたので、

トレードチャンスを探すのが大変でした。「休むも相場」という言葉もあります。


しかし、ゆったり為替は、以下の通りAP注文を設定しました。

トレード方法は2種類ありますが、ここではそのうち1つを紹介しましょう。



ゆったり為替のトレード方法!



・カウンターを使って、為替レートの上下動で利食いを狙う!


いわゆるリピート系(トラップ系)のトレードです。

この相場では同じ範囲を行ったり来たりしていますから、

AP注文でカウンターがぴったりです。

イメージとしては以下の通りです。

同じ為替レートで買って売って・・・と繰り返します。





ただし、ボックス相場の上限と下限ギリギリでトレードしようとすると、

取引を開始できなかったり決済できなかったりする危険があります。


そこで、取引開始と決済のレート間隔を狭くします。

そして、ボックス相場の範囲にいくつものAP注文をばらまくように設定します。

こうすれば、AP注文のうちどれかがヒットするでしょう。

そして、為替レートがボックス相場内で動く限り、

トレード開始とともに利食いを延々と続けてくれるというわけです。

なお、ゆったり為替は、実際には買いでなくて売りでトレードを始めました。

というのは、ボックス相場はいつか終了しますが、

最終的に円高方向に進むだろうと考えていたためです。

結果は、円安方向に進みました・・・。

残念。しかし、利食いを何回も繰り返してくれれば、全く問題ありません。

最終的に損切りで終わったとしても、トータルでプラスになります。

では、損切りについてはどのように考えれば良いでしょうか。

それについて次の記事で考察しましょう。

このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧