スイング&ポジショントレード主体の

トライオートでトレンドを攻略する

前回はトライオートでボックス相場を攻略する方法を考えました。

今回は、トレンド相場の攻略方法を考えてみましょう。


トレンド相場とは、下の図のような値動きをする状態です。

全体としては一方向に進んでいる状態です。





上の図は、上昇トレンドの様子を描いたものです。


特に意図なく曲線を描いたのですが、

一直線に上昇しているのではなく、上昇するなかでも多少の下落があったり、

水平に近い動きをしていたりすることが分かります。

これらの全てではなくとも、いくらかをAP注文で捉えましょう。


この場合、「ベーシック」で攻略します。


ここで、買う場合を例にして、ベーシックのおさらいをしましょう。

下の2つの注文を組み合わせた注文です。



カウンター 買った後、あらかじめ設定した値幅だけ為替レートが動いたら、決済。
その後、設定した値幅だけ「円高」になったら買い(以下繰り返し)。
フォロー 買った後、あらかじめ設定した値幅だけ為替レートが動いたら、決済。
その後、設定した値幅だけ「円安」になったら買い(以下繰り返し)。


これを図にすると、下の通りになります。





ここでの注意点を簡潔に述べると、

「買ってから決済するまでの距離」よりも、

「決済してからカウンターで再び買うまでの距離」を短くするという事です。



そうすれば、トレンド相場を追いかけることができます。

カウンターの距離の方を大きくしますと、全体としては円高方向に進みながらも、

円安方向への反発の機会を狙って利食いするというトレード方法になります。


この様子を示したのが下の図ですが、

この方法で攻略していくのはかなり難度が高いだろうと思います。

これならば、素直に売りのトレードをする方が簡単なのでは?と思います。





話を戻しましょう。

あとは、ベーシックでトレンド攻略用の複数のAP注文を作って、

ある程度の範囲にちりばめるように取引設定するだけです。


「取引設定するだけです。」と一言で書いていますが、

これは少々難しいかもしれません。

具体的な数字を出して設定できるなら、

相場を十分に読めているということかもしれません。


しかし、相場を読むことは簡単ではありません。

そこで、「クイック仕掛け」や「仕掛け注文」が活躍することになります。


クイック仕掛け:
売買の方向など、いくつかの項目を入力するだけで、いくつもの仕掛けを一気に作ってくれる便利システム

仕掛け注文:
インヴァスト証券が準備してくれた注文(=仕掛け注文)から、自分のお好みを選択します。仕掛け注文は、いくつものAP注文から作られています。



これらを使えば、頭を悩ませながら一つ一つAP注文を作るという作業から解放されます。

このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧