スイング&ポジショントレード主体の

FXと外貨預金を徹底比較・・・FXの圧勝?

FXと比較できる商品として、しばしば外貨預金が挙げられます。

とはいえ、外貨預金は預金ですから、買ったり売ったりを繰り返して為替差益を積極的に狙う商品ではありません。
基本は、外国の高い金利を得ることを目的とします。

外国の高い金利を得ることを目的とする点では、スワップポイント目的のFXトレードに通じるものがあります。

そこで今回は、FXと外貨預金を比較しましょう。
どちらが有利でしょうか。・・・先に結論を書きましょう。

FXの圧倒的勝利です。

外貨預金が勝てるのはほんのわずかな点にとどまるでしょう。
今回から2回にわたって、FXがどのように外貨預金よりも有利なのかを考えます。


スワップポイント VS 外貨預金金利

スワップポイントは2国間の短期金利差を基準にして決まります。
FX業者はスワップポイントを顧客に受け渡すのですが、FX業者も収益を確保しないと営業できません。

なので、買いと売りのスワップポイントの絶対値には差があります。
とはいえ、その差はわずかなものであり、
基本的には投資家は金利差の大半を受け取ることが可能です。


一方、外貨預金金利は、FXのスワップポイントに比べると、顧客にとってひどく悪い数字となります。
すなわち、銀行にとって大きく稼げる商品かもしれません。

しかし、この視点だけではFXの勝ち・・・?と断定できない場面があります。

例えば、日本の金利が高くなって外国の金利と逆転する場合です。
FXで円売りを続けるとスワップポイントはマイナスになるでしょうが、
外貨預金で外貨を持ち続けると利息をもらえます。



結論

現在の経済環境が継続する間はFXが断然有利。

日本の金利が大幅に高くなるなどして海外との金利が逆転すると
外貨預金が有利になる場合もありえます。



スプレッド VS 両替手数料

例えば、米ドル/円(USD/JPY)のスプレッドを考えましょう。
FXの場合、業界最狭水準は0.3銭くらいです。

一方、外貨預金の場合、キャンペーン期間中などでない通常時においては、
両替手数料は1円が多いでしょう。
すなわち、スプレッドは100銭です。

0.3銭対100銭・・・比較になりません。
外貨預金のほうが333倍以上も高いです。

仮に銀行が手数料大出血キャンペーンを実施して、両替手数料を25銭や10銭にしても結論は変わりません。
それだけ銀行は手数料で稼いでいる、すなわち預金者は損をしているということになります。



結論

FXの圧勝で外貨預金は太刀打ちできない。



通貨ペアの種類 VS 買うことができる外貨の種類

FXの場合、口座によりますが10種類〜150種類くらいの通貨ペアから選択することができます。
外貨預金の場合、おおむね10種類以下となります。
選択肢の幅は大きく異なります。



結論

FXの圧勝。



次回に続きます。

 

このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧