スイング&ポジショントレード主体の

スワップポイントを3倍ゲットする裏技!(外貨編)

どうにかして、強制ロスカットの危険度を増加させずに
スワップポイントを増やす方法はないでしょうか。

今回は外貨を使う方法を考えます。



眠っている外貨はありませんか?

例えば、こんな感じです。

・海外旅行に行ったから両替した外貨(米ドルやユーロなど)があるけれど、帰国してからは使い道がないので、タンスで保管している。

・そういえば、銀行で勧められて外貨預金をしたけれど、大した利息はつかないからそのうち忘れてしまい、そのまま放ってある。

・証券会社で外貨MMFや外債を買っている。利金は外貨のまま置いている。

外貨を特に有効活用しないで保管しておくのも一つの手段ではあります。

しかし、スワップポイント益を3倍にしたいと考えているならば、この外貨預金を有効活用しましょう。

すなわち、この外貨を証拠金にするのです。

眠っている外貨を証拠金に!

一部のFX業者では、証拠金として外貨も使えます。

例えば、マネーパートナーズ。以下の外貨を証拠金として使用できます。

・米ドル
・ユーロ
・ポンド
・豪ドル
・ニュージーランドドル
・カナダドル
・シンガポールドル
・スイスフラン
・香港ドル

これだけの外貨を入金できるFX業者はほとんどありません。
多くのFX業者は円だけを証拠金として受け入れます。



実践!外貨を使ってスワップポイントを3倍ゲット

では、この外貨を使ってトレード例を考えましょう。



通貨ペア ニュージーランドドル/円(NZD/JPY)
売買 買い
取引数量 1,0000通貨
為替レート NZD/JPY = 70円
レバレッジ 2倍

この時に必要な証拠金は35万円です(70円×10,000通貨 / 2)。

そして、眠っていて使わない外貨をここに投入します。
例えば、3,000米ドル(約35万円)くらいです。

すると、証拠金は35万円プラス3,000米ドルとなりますので、レバレッジが1倍よりも小さくなります。

レバレッジを2倍程度にしようと思えば、取引量を2倍にすればOKです。

こうして、円の証拠金はそのままで、スワップポイント益を2倍にできました。

外貨を増やせば、3倍でも4倍でも可能です。

もともとは使う予定のなかった外貨です。
どこかから無理やりお金を持ってきて取引量を増やしたわけではありません。
寝ていたお金を起こしただけですから、自分の懐は全く痛くありません。

そして、円の証拠金の額を基準にしてスワップポイント益を考える場合、
その金額は2倍にも3倍にもなります。



日本に住んでいる多くの人が外貨を持っているということではないでしょう。
しかし、日本政府観光局(JNTO)によると、2014年に日本から出国した人は1,690万人にもなります。

ということは、
海外旅行をして外貨を持っているけれども有効活用しきれていない
という方が相当数になると予想できます。



家庭で外貨が眠っているという場合、FXで有効活用するという選択肢があるでしょう。

このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧