スイング&ポジショントレード主体の

トルコリラ円のスワップ派運用例

今回は、高金利通貨ペアの代表格であるトルコリラ/円(TRY/JPY)を概観しましょう。2015年10月現在で1万通貨当たりのスワップポイントが100円を超えることが珍しくないという、スワップポイントがとても高い通貨ペアです。

100円超ということは、毎日1銭超の利食いを繰り返しているのと同じ効果があります。裁量トレードでこれを実行するのは、とても難しいことでしょう。というのは、大きく利食いできることもあるでしょうが、同様に大きく損切りすることもあるだろうからです。

このような状況なのに、買って持つだけで毎日1銭超に相当するスワップポイントを得られるのは、とても魅力的です。


最初に、トルコリラ/円(TRY/JPY)を10,000通貨買ってずっと持っていたならば、年間でいくらのスワップポイントを得ることができたかを確認しましょう。

過去から現在までのスワップポイントを公開しているFX口座はとても少ないです。ヒロセ通商(LION FX)のデータをご紹介します。

2009年: 40,255円
2010年: 15,245円
2011年: 9,453円
2012年: 10,039円
2013年: 7,956円
2014年: 20,602円
合計: 103,550円

ちなみに、2015年1月初日〜2015年10月末日のスワップポイント合計は26,582円です。10か月間の合計値ですが、昨年2014年の数字をはるかに超えています。

これは、トルコの高金利ということもあるでしょうが、そのほかに考えられる理由としては、トルコリラ/円(TRY/JPY)を取引できるFX口座が増えてきたという点があるかもしれません。競争が激しくなれば、その分だけ顧客に有利なトレード環境が作られます。

これからもFX業者の皆様には切磋琢磨していただきましょう!


さて、現在のスワップポイント水準の110円〜120円くらい(1万通貨を買う場合)が1年間続くと想定すると、年間のスワップポイント益は40,150円〜43,800円になります。スワップポイントは変動するものですが、この数字は大きいです。

一方、トルコリラ/円(TRY/JPY)の為替レート水準はおよそ40円です。

ということは、レバレッジ1倍にして証拠金を40万円準備すると、利益率は10%を超えます。

証拠金40万円のとき(レバレッジ1倍): 利益率10%超
証拠金20万円のとき(レバレッジ2倍): 利益率20%超

いまどき、利益率が二ケタ%に達する投資はあるでしょうか。もちろん、このスワップポイントは永続するとは限りませんし、円高になれば含み損が発生します。しかし、それは他の通貨ペアでも同じです。トルコリラ/円(TRY/JPY)だけ極端に不利な条件でFXをするわけではありません。

そこで、より高いスワップポイントを目指してトレードする場合、トルコリラ/円(TRY/JPY)が候補になるでしょう。

ただし、トルコは新興国です。前回検討したニュージーランドに比べれば国家としての安定性はもう少しだと予想できますので、投資は慎重に行いましょう。

FXで稼ぐ為の本音のチャート分析術

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧