スイング&ポジショントレード主体の

パラボリック5:パラボリックで損失を限定的する工夫(2本の補助線)

パラボリックはトレンド相場で優秀な成績を計上できるものの、それ以外の相場では難しいことを確認してきました。

そして、トレンド相場とそれ以外の相場を区別せずにパラボリックに従ってずっとトレードし続ける場合、最終的にプラスの成績で終了することが可能であるものの、かなりの根気が必要であることを見てきました。

そこで今回は、トレンド相場以外の相場でパラボリックを使わないようにするにはどうしたら良いか?を考えます。

これに成功すれば、パラボリックの有効性が高まるかもしれません。

最初に、米ドル/円(USD/JPY)の日足チャートをご覧ください。マネーパートナーズのHyperSpeed NEXTのキャプチャです。



チャート中ほどはトレンド相場だといえるでしょう。そして、左側はボックス相場、右側はトレンドともボックス相場とも判断ができないような動きになっています。

トレンドのみでトレードできれば最高なのですが、トレンド以外の相場を全て完璧に排除するのは極めて難しいと予想できます。そこで、分かりやすいボックス相場だけ排除してパラボリックを使うことを目標にしたとします。

下のように補助線を引いたとしましょう。



三角保ち合い(またはペナント)のように見えなくもないですが、ボックス相場を展開しています。少なくともここではトレードをしないように気を付けます。

では、この状態でパラボリックを表示してみましょう。下のチャートをご覧ください。



2本の補助線を引いた間で為替レートが上下動しています。そこではパラボリックが上昇を示唆したり下落を示唆したり、目まぐるしく変化しています。すなわち、ここでパラボリックを頼りにトレードしても難しいだろうと分かります。

では、この方法でボックス相場のトレードを排除すれば完璧か?ですが、残念ながらそうなりません。

例えば、上のチャートで2本の白色矢印を描いています。そこをご覧ください。

為替レートが2本の補助線の間を動く間はトレードしないというルールがなければ、下側の矢印のところで買いのトレードができます。しかし、ここは補助線と補助線の間にあるのでトレードできません。

為替レートがこの部分を突破したことを確認してから、始値でトレード開始です。すなわち、上側の矢印の位置です。

この2つの矢印の距離分だけ、トレード開始が遅くなってしまいます。すなわち、利食いできても利益幅が小さくなってしまいます。これがこの方法の難点です。

しかし、見込まれる損失額の減少を考慮すると、利幅を減らしてしまってもなおこの方法を採用する価値があるかもしれません。

なお、上のチャート右側はトレンド相場ともボックス相場とも言えないような形状をしていますが、この場合はトレードすることになるでしょう。あるいは、何かルールを別途作成して、このようなパターンで取引するかしないかを明確にするという選択肢もあるでしょう。

FXで稼ぐ為の本音のチャート分析術

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧