スイング&ポジショントレード主体の

パラボリック1:パラボリックの使い方はとても簡単!

今回のインジケーターはパラボリックにしましょう。パラボリックはトレンド系の指標として知られています。すなわち、為替レートがトレンドを形成しているときに強いというインジケーターです。

早速、使い方を確認しましょう。

下のチャートはマネーパートナーズのHyperSpeed NEXTからキャプチャした画像です。米ドル/円(USD/JPY)の日足チャートで、期間は2015年4月半ばから2015年9月までです。



ローソク足のチャート上に、何やら見慣れない赤丸と青丸があります。これがパラボリックです。

赤丸・・・上昇示唆
青丸・・・下落示唆

これほど簡単なインジケーターがあるでしょうか。たいていのインジケーターは、数字を読んで考えたり、曲線の傾き具合を考えたりする必要があります。しかし、マネーパートナーズのパラボリックは違います。赤か青か!ただそれだけです。

(なお、マネーパートナーズでは上のキャプチャのように表現していますが、各社のチャートごとに少しずつ表示方法が異なります。しかし、簡単であることには変わりありません。)

次に気付くのは、「常に上昇または下落を示唆している」ということかもしれません。為替レートがどのような位置になっても、必ず赤丸または青丸が出ています。為替レートがあまり動かない時も、ひどく乱高下するときも同様です。

ということは、パラボリックに従ってトレードすると、「常にポジションを持っている=常にトレードしている」ということになります。

例えば、以下のようにトレードします。

為替レートが動いて赤丸になったとします。上昇示唆です。そこで、買いました。しばらくすると、青丸が出ました。そこで、赤丸が出たときに買ったポジションを全て決済します。そして、同時に売りのトレードを開始します。すなわち、ドテンです。

そしてしばらく時間が経過して、再び青から赤に色が変わりました。すると、売りのポジションを決済して、新たに買って・・・(以下繰り返し)。

常にポジションを持っていないと我慢できないという方にとっては、朗報かもしれません。とはいえ、常にポジションを持たないと不安になってしまったり落ち着かなかったりする状態を「ポジポジ病」などと表現することもあります。

基本的にはポジポジ病になると負けると見なされています。

では、パラボリックの場合はどうでしょうか。ポジポジ病にかかったかのように、パラボリックのシグナルに従ってトレードを続けた場合、良い成績となるでしょうか、それとも残念な結果になるでしょうか。

次回以降の記事で検証しましょう。

FXで稼ぐ為の本音のチャート分析術

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧