スイング&ポジショントレード主体の

トレンドラインの引き方が1分で分かるコラム

今回は、トレンドラインについて考察しましょう。
トレンドラインもまた、基本的かつ簡単な分析方法です。

トレンドラインとはすなわち、為替レートは
ジグザグと動きながらも全体として上昇傾向なのだろうか?下落傾向なのだろうか?
あるいは、上でも下でもなく方向感のない動きなのだろうか?
を判断するために使用する直線のことです。

最初に、豪ドル/円(AUD/JPY)でトレンドラインを3本引いたチャートをご覧ください。
(チャートはマネーパートナーズから引用)。



白の矢印で示したところにトレンドラインを引きました。

全部で3本です。
全て水平に引いていますので、ボックス相場またはそれに近い状態であると分かります。
トレンドラインの引き方は、比較的簡単です。


・為替レートの値動きを見て、山になっている部分の頂点と、別の山の頂点を直線で結ぶ。
・為替レートの値動きを見て、谷になっている部分の底と、別の谷の底を直線で結ぶ。


これだけです。

上のAUD/JPYのチャートに引いたトレンドラインも同様の方法で引いています。
なお、トレンドラインを引くとき、各ローソク足の高値・安値で判断すべきか、それとも終値で判断すべきかで迷うことがあるかもしれません。どちらを使っても構いません。
上のAUD/JPYチャートでは、概ね終値を使ってトレンドラインを引いています。

どちらが優れているということはありませんので、数多くの線を引いてみて、自分に合っていると思う線の書き方を習得しましょう。
また、一つのチャートに数多くの線を引くことができてしまい、結果として何が何やら分からないという状態になることがあるかもしれません。

トレンドラインは、文字通りトレンドを見るためのものですから、あまりに数多く線を引いても見づらくなるだけかもしれません。
できるだけシンプルに考えて、線の数を少なくしたほうが考えやすくなります。
どうしてもトレンドラインの数が多くなってしまう!
あるいは、どうしてもトレンドラインが描けない!

という場合は、そのチャート形状がトレンドラインを使うのに向いていない可能性があります。

力まず、描けたらOK、描けなくてもOK、くらいの軽い気持ちでチャートを眺めて取り組んでみましょう。 下のチャートは、ユーロ/円(EUR/JPY)のトレンドラインです。

白の矢印2つで示したところに描いています。
ここでは、右上がりのトレンドラインとなっています。



よく見ると、上側のトレンドラインの上のところで、為替レートがトレンドラインを飛び出しています。 このような感じでも構いませんので、どんどんラインを引いてみましょう。
たくさん繰り返していると、コツをつかめるようになるでしょう。

では、これをどのようにトレードに生かしましょうか。次回考察しましょう。

FXで稼ぐ為の本音のチャート分析術

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧