スイング&ポジショントレード主体の

経済指標が発表されると為替レートが大きく動く理由

市場の注目度が高い経済指標を見ていると、発表と同時に為替レートがビュンビュンと飛ぶように動くことがあります。一方向に進んでくれるならばまだ分かりやすいのですが、上がったと思えば大きく継続的に下がることもあります。

この値動きについていくのはとても大変なように思います。


しかし、なぜ為替レートがこのように大きく動くのでしょうか。

経済指標が発表されると、その国の経済全体に対する評価が少しずつ変わっていくことが予想されます。しかし、わずか1回の経済指標発表でその国の経済の評価が大きく変わるということは稀でしょう。為替レートが大きく動く理由としては乏しいと思います。


為替レートが大きく動く理由として挙げられるのが、市場の予想です。

これは、経済指標が発表される前に、様々な機関で経済分析を担当している専門家が予想し、それを報道機関などが集計して公表する数字です。


彼らの能力は専門性が高いでしょうし、経験も豊富でしょうが、予想に過ぎません。
よって、予想と結果が大きく異なっても全くおかしいことではありませんが、あまりにその差が大きすぎると、FXのトレーダーなどが驚いて反応してしまうということがあるかもしれません。


あるいは、そのような差があったらトレードしようとあらかじめ考えているトレーダーが数多くいるだろうということも想定できます。


元々重要度が高い経済指標で、予想と発表される結果の差が比較的大きくて、かつ、それを元にトレードしようとする人が多い。このような指標が注目を集めやすいといえます。


そして、注目を集めだすと、注目を集めているという事実がさらに注目を集める結果となるのかもしれません。


そのような、最も注目を集めやすい経済指標は何か?と言えば、アメリカ合衆国の雇用統計でしょう。この雇用統計では米国内の雇用者数等が発表されますが、予想が難しい経済指標だと言われることがあります。


そこで、市場予想と発表される数値が異なることが珍しくなく、これが為替レート変動を促している可能性があります。

 

なお、事前の注目度はあまり高くなくても、発表された数字があまりに予想と異なる場合などに、為替レートが大きく反応することがあります。


このように、為替レートはどの経済指標に敏感に反応し、また反応しないかを事前に確実に把握することは難しいです。このため、特にデイトレードをする場合は、経済指標の発表時刻を事前に確認することが必要でしょう。


そして、その発表時刻では取引を見送ったり、発表前にポジションを決済したり、あるいは、発表後に取引を開始したりという工夫が必要になるかもしれません。

FXで稼ぐ為の本音のチャート分析術

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧