スイング&ポジショントレード主体の

素晴らしい成績を残しているストラテジー例

今回は、マネーパートナーズのストラテジー構築機能とバックテスト機能を使って、優秀な成績を残しているストラテジーを作ってみましょう。

さて、どうやって作るかな・・・と気合を入れる必要はありません。マネパは既にいくつものストラテジー例を作ってくれていますので、それを少し修正するだけでもOKです。また、自分でこのようなストラテジーを作りたい!という考えがある場合は、それを元に作ってみましょう。

なお、実際にストラテジーを作ってバックテストをしてみると、意外に成績が良くないな・・・ということが珍しくありません。

それは仕方のないことです。成績が良くないということが、実際に資金を投入する前に分かったのです。それで良しとしましょう。

また、バックテストの成績は、過去の為替レートを使った検証に過ぎません。将来の損益を保証するものではありませんので注意しましょう。

素晴らしい成績を残しているストラテジー例:

インジケーター名: エンベローブ
通貨ペア: ポンド/円(GBP/JPY)
足: 日足
取引単位: 10,000通貨
検証期間: 2010年1月4日〜2015年6月30日

エンベローブとは、移動平均線と為替レートを比較して、売られ過ぎ・買われ過ぎを判断するインジケーターです。以上の内容で検証した結果の損益グラフは以下の通りです。

このグラフを見ると、最初のトレードあたりで損益ゼロ近辺をウロウロしています。しかしその後、成績は右肩上がりです。時折ちょっとした下落もありますが、概ね良好な成績だったと言って良いでしょう。

では、このコラムでご紹介した内容を中心にして、ストラテジーを評価する数字も確認してみましょう。

・最大ドローダウン: 215,000円
・プロフィットファクター: 2.76
・リスクリターン率: 355.32%(3.5532)
・総損益: 764,000円

上の4つの数字を見る限りは、優秀な成績を収めているといえます。今後も同じような成績を残せるならば、このストラテジーで勝てる可能性があります。

ただし、実際に勝てるかどうかはトレードする人次第です。最大ドローダウンが21万円あまりあります。これだけ負けると、このストラテジーを採用し続けることが難しいと感じるかもしれません。

それでも、総損益は76万円以上ですから、最大ドローダウンよりもずっと大きいです。

「よし!そのストラテジーを採用したいから、もっと具体的にパラメータを教えて!」となるかもしれませんが、それはできません。どんなストラテジーが良いのか。それは自分で探しましょう。

自分で探して工夫する習慣を付けないと、いざ工夫が必要だという場面に遭遇するときに困ってしまいますから。

FXで一番稼げるトレードスタイルの選び方

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧