スイング&ポジショントレード主体の

スイングトレードで3連敗4連敗しても最後に勝つコツ

スイングトレードが好きなAさんに登場していただきます。Aさんは、今までの連載を参考にしてスイングトレードの準備を整えました。

・毎朝、日足チャートをチェックする習慣、OK!
・自分が使うストラテジーの確保、OK!
・バックテストもしました。その結果は良好、OK!
・損益バランスと勝率も検証しました。OK!

全てが青信号です。そこで、トレードを開始しました。

トレード第1回: 勝ち
Aさん「よし!この調子で次だ!」

トレード第2回: 負け
Aさん「むむっ・・・このストラテジーはもしかして今は無効な時期なのかも?」

トレード第3回: 負け
Aさん「連敗?あり得ん!ダメだダメだ!このストラテジーはもうやめだ!・・・でも、もう一回試そう。」

気を取り直してトレード第4回: 負け
Aさん「なんでこんなに連敗するのだろう?別のストラテジーを探すしかないな。」

こうして、Aさんは自分のストラテジーを捨てたのでした。

Aさんのトレードは、どこが良くないでしょうか。今回ご紹介した内容では情報が少ないですが、わずかな連敗でストラテジーを捨てたことが良くありませんでした。

スイングトレードに限らず、どのトレード方法でもそうでしょうか、2連敗3連敗は当たり前という気持ちでトレードしましょう。6連敗7連敗もする場合には、さすがにどこかおかしいかもしれない・・・と考えて検証作業をするのは良いかもしれません。

というのは、好調なストラテジーであっても、常に勝ち続けるということはありません。途中で連敗することはごく普通にあります。よって、ちょっとしたキズで優秀なストラテジーを捨てることにならないよう、少々の連敗は我慢しましょう。

しかし、本当にダメなストラテジーだったら、少しでも早く捨てなければなりません。損失が大きくなってしまいます。

この差を判断することが難しいのですが、ダメなストラテジーを使ってしまわないよう、バックテストをしっかりしましょう。バックテストはハズレのストラテジーをつかむ確率を減らしてくれます。

また、スイングトレードは毎日トレードができるというものではありません。1週間に1回しか取引機会がないということもあります。

仮に、1週間に1回しか取引機会がなくて4連敗すると、1か月間ずっと負け続けるということになります。負けの数はわずか4回ですが、1か月間という期間は精神的に辛いかもしれません。

そこで、トレード1回あたりの取引数量は十分に小さくしましょう。大きく賭けて大きく儲けたいという気持ちが出てしまうかもしれませんが、まずは勝ちを積み重ねるという実績を積むことを優先しましょう。

 

 

FXで一番稼げるトレードスタイルの選び方

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧