スイング&ポジショントレード主体の

スイングトレードでも、スプレッドは重要だ!

スキャルピングやデイトレードをしようと思えば、スプレッドは極めて重要です。
1回のトレードの利益幅は数銭〜数十銭程度ということが多いでしょうから、スプレッド1銭の違いが損益に大きく影響します。

スイングトレードの場合、1回あたりの想定利益は50銭だったり100銭だったり、相場状況によっては200銭くらいを狙うこともあるでしょう。
すると、スキャルピングやデイトレードと比較して、スプレッドの重要度は小さくなってきます。

しかし、やはりスイングトレードでもスプレッドは重要です。
そこで、筆者の経験を一つご紹介します。

筆者がスイングトレードをする場合、取引を開始したら、利食い損切りの注文を出して放っておきます。そこで、その時もいつものように取引を開始しました。売りでトレードを開始しました。

何日か経過して、約定メールが届きました。先にチャートを見たのですが、予想通り為替レートが下落しています。利益確定だなと思ってメールを読むと・・・なんと、損切り確定メール。

何事?という感じで確認すると、以下の通りでした。

・為替レートは確かに下落した。
・しかし、その前に少し上昇する場面があり、そこで損切りが成立した。

日足チャートで確認すると、確かに損切りになっていました。しかし、問題がありました。損切りが成立したレートと、その日の高値の差は1pipsもありませんでした。0.5pipsもなかったでしょうか。

仮にですが、筆者がそのFX口座を使わず、よりスプレッドが小さい別のFX口座で取引していれば、損切りにならなかったかもしれないということです。

損切りにならなければ、為替レートの下落に伴って含み益は大きくなっていき、そして、利益を確保して終了・・・のはずでした。

この結果は極めて大きな差ですが、その差を生み出したのは、ほんのわずかの差でした。トレードをしていると、もう少しで利益を確定できたのに相場が反転してしまった!とか、今回のように損切りが成立してしまって残念!ということが何回もあります。

このような経験をする回数は少ないほうが望ましいことは、改めて申し上げるまでもありません。そこで、スイングトレードであっても、少しでもスプレッドが狭いFX口座を選択することをお勧めします。

米ドル/円(USD/JPY)のスプレッド競争は1銭を切るところまで進んでおり、もはやミクロの戦いと言っても良いでしょう。

そこで、USD/JPY以外の通貨で、皆様が普段よく取引するだろう通貨ペアについてFX口座を比較してみると良いかと思います。円を含むメジャーな通貨ペアであっても、業者によってスプレッドに大きな差があることが分かります。

 

FXで一番稼げるトレードスタイルの選び方

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧