スイング&ポジショントレード主体の

マネーパートナーズを使って、らくらくバックテスト

どのようなストラテジーだったら信用できるのか?これを確かめるためのバックテストを、マネーパートナーズの「HyperSpeed NEXT」を使って実行しましょう。

ステップは3つです。順に確認しましょう。

 

1.ルールの作成

最初にルールを決めます。ルールとストラテジーはどう違うの?という話になりますが、以下の通りです。

ストラテジーとは、どのようになったら取引を開始してどのようになったら取引を終了するかという、取引の初めから終了までを定めたものです。ルールは、それを分解したものです。

・取引開始のルール(どうなったら取引を開始するか)
・利食いのルール
・損切りのルール


自分で全部考えるのは大変だなという場合は、HyperSpeedNEXTに標準装備されているルールを使用することができます。何十種類もありますし、そのルールの数値を変更して使うこともできます。

 

2.ストラテジーの構築

そして、1.で作ったルールを組み合わせてストラテジーを作ります。取引開始のルールを複数組み合わせるといったこともできます。

ここでも、自分で作りたくないなあという場合は、あらかじめ準備されているストラテジーを使うことができます。

 

3.バックテストを実行

そして、クリック一回でバックテスト実行です。細かく分析した数値が表形式で表示されるとともに、損益の様子がグラフで表示されます。グラフで見ると、とても分かりやすいです。

そして、これはいいな!と気に入った方法があれば、それを採用します。
ストラテジーを実行すれば、取引開始のタイミングになると(=シグナルが出れば)、ポップアップで知らせてくれます。

あとは、そのシグナルを採用してトレードを開始するか、それとも今回は見送るかを決めるだけです。そんな面倒なことをしないで、自動で全部取引してくれたらな・・・と感じる方がいらっしゃるかもしれません。その場合はMT4を使うことになりますが、日足のトレードで全自動取引をすることはお勧めしません。

というのは、ストラテジーは、決められたルールに従って取引するように決められており、その他の情報を全く勘案してくれないからです。


ストラテジーだと今は取引することになっているけれど、その他の要素を考えれば、今はトレードしてはダメでしょ!という場面はいくらでもあるでしょう。

そこで、シグナル発生は自動表示で教えてくれるけれど、実際にトレードするかどうかを決めるのは自分だという方が、安全度が高いでしょう。
そして、その判断をするのは日足の場合は営業日が変わった直後くらいが望ましいと思います。

FXで一番稼げるトレードスタイルの選び方

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧