スイング&ポジショントレード主体の

取引を開始する前にバックテストしよう

Aさんのスイングトレードを眺めてみましょう。


Aさんは、スイングトレードをすることを決めて、朝の生活習慣に組み込むことにしました。
さて次は、どうなったらトレードを開始して、どうなったら終了するか
というストラテジーを決めようと考えました。

トレード手法を調べると、有名なものだけでも数十種類はあります。
インジケーターの数値を調整することにより、パターンは無限大に広がっていきます。

うーん・・・と考えていたところ、ひらめきました。「これだ!」

そこで、実戦でトレードしました。 デモトレードという選択肢もありますが、面倒くさいです。
それにお金を賭けていないので面白くありません。


その結果・・・ 勝ち、勝ち、負け、負け、となりました。
「だめだ。負けが多い。別の方法を考えよう。」
すると、新しい方法でいきなり負けました。
「いかん、いきなり負けた。次!」

こうして、なかなか自分の思い描く結果を出してくれるストラテジーに出会うことができずにいます…


上のようなパターンの方は少なくないと思います。
上は昔の私の様子を書いただけですので、少なくとも私には当てはまる状況でした。

世の中に数多くのトレード方法がある理由はおそらく、100%勝てるという方法がないからだろうと思います。

そのような方法があれば、その他のトレード方法は消えてなくなってしまいます。

よって、どのトレード方法を選んでも、勝つこともあれば負けることもあるということになります。よって、その方法が自分の感性に合っているか?で判断することになります。
これはトレードする人自身で考えなければなりません。教えられるものではないでしょう。


では、ある方法がいいかな?と思ったとして、それを採用すべきでしょうか。
あるいは、やめるべきでしょうか。


上のAさんのように自分の直感を大事にする方法もありますが、直感は外れることも多くあるでしょう。すると、外れている間はトレード資金が減り続けることになります。
精神的にも良いものではありません。そこで、バックテストをしましょう。


バックテストとは、あるトレード方法を使って過去のチャートで取引してみたら、果たして勝っていただろうか?を確認することです。


勝率は高いけれども利益率は低い、勝率は低いけれども利益率は高い、両方とも悪くてダメだ。こういったことが事前に分かります。
あらかじめ分かれば、少なくとも、勝率も利益率も悪いトレード方法は、実行前から排除することができます。


では、チャートを眺めてバックテストしましょう!
しかし、極めて面倒です。

日足だから過去1年くらいはチャートを眺めて確認できるでしょうが、5年くらいになるとウンザリするかもしれません。


しかも、トレード方法はたくさんあるので、候補となる方法全てについて目視でバックテストをするのは気が遠くなります。


そこで次回、簡単にバックテストができる方法をご紹介しましょう。

FXで一番稼げるトレードスタイルの選び方

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧