スイング&ポジショントレード主体の

FXトレードフィナンシャルのバイトレタッチの取引方法を紹介!

今回は、タッチの取引方法を考察しましょう。FXトレードフィナンシャルのホームページに3つのパターンが掲載されていますので、順に確認しましょう。下の3つのキャプチャは、FXトレードフィナンシャルのホームページからの引用です。


1.値動きが小さいとき



値動きが小さいときのトレードの選択肢としては、ラダー、レンジ、タッチの3つがあるでしょう。

この3つの違いとしては、判定時刻に目標レートの上または下にあればよいラダー、判定時刻に目標レートの範囲に入っているかどうかを考えるレンジ、判定時刻に至るまでに一度でも目標レートに到達するかどうかというタッチの違いです。

タッチの場合も他の場合と同様に目標レートは複数ありますから、ここならば大丈夫だろうというところを狙います。

3つのどの方法でも同程度に勝つ自信があるという場合は、プレミアム(取引を開始するために必要な料金、コスト)の安い方法を選択しましょう。


2.値動きが荒いとき



値動きが荒いときは、ラダーでもなくレンジでもなく、タッチが取り組みやすいと考えます。というのは、値動きが荒いのですから、判定時刻に為替レートがどこにあるのか予測することが難しいと考えられるからです。

しかし、タッチならば、判定時刻までに一回でも目標レートに到達すれば良いです。判定レートの位置にもよりますが、値動きが荒いということは、目標レートに到達する確率も高くなるだろうと予想できます。

ただし、高い利益率を狙って遠くの目標レートを選択してしまい、一度も目標レートに到達することなく判定時刻を迎えるという失敗を繰り返さないように気を付けましょう。


3.一定の幅で推移しているとき



これは上の2と似ていますが、少し違います。2はじゃじゃ馬のごとく為替レートが動くイメージです。これに対して3は、ボックス相場のイメージです。

ボックス相場の中に目標レートがある場合、判定時刻の為替レートは目標レートの上にあるのか下にあるのか、予想が難しいことがあるでしょう。

その場合は、タッチで攻めるという案があります。あるいは、ボックス相場の上限のさらに上にあるラダーや、下限のさらに下にあるラダーで勝負するという方法もあります。

ワンタッチ
ボックス相場の上にある目標レートでラダー
ボックス相場の下にある目標レートでラダー

少なくとも選択肢は3つあります。どれが有利でどれが不利ということをこの場で判断することはできませんが、為替レートの動きやプレミアムの大きさによって決めましょう。

バイナリーオプションを攻略する3つの必勝法

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧