スイング&ポジショントレード主体の

バイナリーオプションでは、どのインジケーターを使うべきか?

インジケーターとは、チャートの動きを分析して表示することで、今後の値動きについて一定の示唆を得ようとする手段です。

代表的なインジケーターの例として、移動平均線やボリンジャーバンドなどをあげることができます。

すると、どのインジケーターを使うと最も勝てるだろうか?という疑問が出てきます。その回答は人によって異なるかもしれませんが、私の答えは以下の通りです。

「皆様のお気に入りをご利用ください。」

といいますのは、いつでもどこでも最高に機能するインジケーターというものがないからです。そのようなインジケーターは実はどこかにあるのかもしれませんが、残念ながら公開されていないようです。

また、全く使えないどうしようもないインジケーターがあるとすれば、それは誰にも使われることなく放っておかれるでしょう。すると、次第にそのインジケーターは過去の存在となり、最終的には誰の記憶からも消えてしまいます。

代表的なインジケーターだけでも数十もあるというのは、
それぞれに長所があるからでしょう。

皆様のトレードスタイルや感性と適合するインジケーターを探して取引していただければ良いかと思います。あるいは、インジケーターを使わないという選択肢があっても良いでしょう。

では、数十個全てのインジケーターが買いだと示唆したら買うというのはどうだろう?と考えたとします。

アイデアとしては面白いですが、その方法を採用すると、恐らく取引機会がないでしょう。あるとしても、待ち時間が長すぎてつまらなくなると思います。

例えで、「全ての信号が青信号になってから渡る」という表現を見聞きすることがあるかもしれません。全ての信号が青信号になってから渡るのは良いですが、歩き始めてしばらくすると、どこかの信号が赤に変わってしまうでしょう。

私始めた時は青だったのに、実際に目的地に着くころには何かが赤に変わってしまい、結果は負けだった・・・。ということもあり得ます。

そこで、インジケーターを一つ、または複数個選択して、どのようになったら取引すべきかを考えます。

そして、考えた方法でいきなりトレードしても構わないのですが、それがハズレの方法だったときのダメージが嫌です。そこで、過去のチャートを眺めて、その方法が有効だったかどうかを確認しましょう。これをバックテストといいます。

余裕があるならば、現在のチャートの値動きを見ながら、お金を投入しないでシミュレーションで取引してみます。このようにして、現在のチャートでも有効かどうかを確認します。これをフォワードテストといいます。

勝率100%を目指しても難しいので、最終的に利益が残るという取引方法を見つけましょう。

 

バイナリーオプションを攻略する3つの必勝法

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧