スイング&ポジショントレード主体の

時間帯別の値動きの特徴を生かしてトレードしよう!

為替レートは平日24時間動き続けますが、いつも同じような値動きをするわけではありません。逆に、「いつも・・・のように動きます」とご紹介することもできないのですが、時間帯別にみておおよその傾向を確認することができます。

今回は、この傾向を確認しましょう。傾向が分かれば、それをもとにして取引をすることができます。

午前〜夕刻ごろまで

日本時間午前から午後3時ごろにかけては、値動きが小さいことが知られています。実際、日本時間のチャートと夕刻以降のチャートを比較してみると、夕刻以降の値動きのほうが大きい日が多いことに気付くでしょう。

この理由について様々な意見があるでしょうが、明確なところは分かりません。はっきりしているのは、私たちはこの傾向があることを知っておくべきだろうということです。

これは、日本時間の日中に、現在の為替レートから遠く離れた判定レートで勝負を仕掛けても、勝利できる可能性があまり高くないかも知れないということを示唆しています。

現在の為替レートと比較的近い判定レートに意識を集中するほうが良いかもしれません。

ただし、この時間帯でも為替レートが大きく動くことがあります。例えば、以下のような場合です。

・オーストラリアの政策金利発表
・オーストラリアの雇用統計発表
・中国の経済政策変更
・日銀の大きな政策変更

政策金利や雇用統計など重要経済指標の発表日時は事前に調べることができます。トレードの前にチラリと確認しましょう。

オーストラリアの雇用統計などの発表時刻を含む時間帯にトレードをしたい場合は、以下の方針での取引が選択肢となります。

(1)雇用統計等で発表される数字を予想し、それに伴って為替レートが上下どちらに動くかを考えてトレードする。
(2)どちらに動くか分からいけれども大きく動きそうだと思うときは、ラダーでなくレンジでトレードする
(3)重要な経済発表を含む時間帯は取引しない。

なお、要人の発言によっても為替レートは大きく動くことがあります。これは、どの時間帯でも同様です。これが発生する日時を事前に把握することは極めて困難です。この発言によって運悪く負けてしまった場合は、少しでも気持ちを切り替えるように努めましょう。

「なんで今発言するんだよ・・・」と思いたくもなりますが、そう思っても結果は変わりません。

逆に、要人の発言によって勝った場合は、ありがたく利益を頂戴しましょう。そして、その勝ちを自分の実力と思わないことも大事でしょう。自分の能力が高いから勝ったと考えてしまうと、慢心につながる可能性があります。

慢心は無謀なトレードにつながりかねません。それはすなわち、大きな負けへとつながっていきます。

バイナリーオプションを攻略する3つの必勝法

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧