スイング&ポジショントレード主体の

ラダー注文の仕組みと取引のコツ

今回から、ラダーの取引の仕組みについて考えていきましょう。既に取引していて知っているという方も、改めて確認してみると新しい発見があるかもしれません。

最初に、取引画面をご覧ください。
(下のキャプチャはGMOクリック証券の取引画面です。以下同じ。)




左側にチャート、右側に取引画面があります。
チャートは赤い部分(円安)と青い部分(円高)に分かれています。
その境目が判定レートです。判定レートは通常7つあり、どれでも自由に選ぶことができます


では、次のキャプチャをご覧ください。




青い四角をクリックすれば、判定レートよりも円高になることに賭けます。
赤をクリックすれば、円安です。

青い四角をご覧いただくと、「購入918円」「売却838円」「ペイアウト1,000円」とあります。
この意味は以下の通りです。


「円高になる方向に賭けたいならば、ただ今の料金は918円です。
勝てば1,000円差し上げます。このため、勝つときの利益は82円(1,000円−918円)ですが、負ければ918円を全額没収します。
円高になる方向ですでに取引を始めていて、満期に到達する前にその取引を終了したいならば、売却できます。売却すれば838円を差し上げます。」

GMOクリック証券のバイナリーオプションでは、勝負に勝つと1,000円もらえます(ペイアウトは1,000円)。取引数量を2、3・・・と増やすこともできます。


取引数量を増やせば、それに比例してペイアウトの額も取引コストも増えていきます。

仮に、上のキャプチャの条件で取引を開始して918円を支払い、すぐに取引を終了するために売却すると、差し引きで80円の損失になります。この金額はGMOクリック証券の収益になります。

なお、上のキャプチャは1つの判定レートについての情報が書いてあります。
しかし、判定レートは7つあります。どの判定レートで取引しようかな・・・と画面を何回も変えるのは大変です。

取引期限ギリギリで取引しようという場合は、この画面の切り替えに要する時間さえも惜しいです。そこで、7つの判定レートについて表形式で一度に確認・取引することも可能です。
下のキャプチャをご覧ください。



様々な判定レートの状況を一目で確認できるので、この画面を使用されている方も多いかもしれません。

なお、判定時刻の為替レートが判定レートと全く同じだった場合はどうなるの?
ですが、その場合は円安になったと判定されます。

判定レートよりも上か下か?というギリギリの攻防を繰り広げることも少なくないですから、為替レートと判定レートが小数点第3位まで完全に同一だということもあるでしょう。

このように、為替レートと判定レートが同じだったら円安と判断されるということもしっかり覚えておきましょう。

バイナリーオプションを攻略する3つの必勝法

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧