スイング&ポジショントレード主体の

超短期売買スキャルピングトレードのコツ

今回はスキャルピングのトレード方法を解説します。
最初に、特徴を考えましょう。

 

特徴1: 短い時間足を主に使う

スキャルピングはトレード開始から終了までの時間がとても短いです。
このため、使う足も短いものが中心となります。1分足、5分足などです。

このため、上下の値動きがとても激しくなります。円安になったと思ったら、その動きは実はダマシで円高でした!ということがごく普通にあります。

 

特徴2: 迷いや願望は命取り

スキャルピングは取引の開始から終了まで1分足らずの取引です。
「うーん、取引を始めたのはいいけれど、予想とちがうなあ・・・どうしよう?」という迷いはご法度です。 一気に不利な方向に動いたら大変なことになります。

少なくとも、値動きが希望と違って怪しいと思ったら、躊躇なく損切り(=損失を確定)しましょう。

その他にも、以下のような特徴があります。


特徴3: 1日に何回も取引できる

特徴4: 経済指標発表や要人の発言に要注意

 

では、上の特徴を踏まえてスキャルピングのトレード方法を考えましょう。
実際のところ、トレードする人と同じ数だけトレード方法があると言っても良いでしょう。
そこで、ここでは例として挙げることにします。

トレード例1: トレンドを狙う

トレンドを狙うと言っても、スキャルピングですから何十銭も値幅を取ることは難しいでしょう、しかし、日本時間の夕方あたりから、値動きがしばしば大きくなります。

日中働いたり勉強したりして夜帰宅する生活スタイルの場合、トレンドを狙って取引することができます。

 

トレード例2: 反発を狙う

日本時間の午前中は値動きが小さいことが少なくありません。値動きが小さいとはすなわち、同じレートあたりでブラブラと動くということです。そこで、値動きの範囲の端に来たら、反発することを期待してトレードを開始します。ボックス相場でのトレードをイメージします。

この種のトレードは利益幅がとても小さくなります。よって、損失確定の幅も小さくします。

具体的に、チャートを見てみましょう(マネーパートナーズFXnanoから引用)。
チャートに黄色の矢印を追加しました。そこが取引開始ポイントです。


注目は、変動幅の大きさです。
このチャートは2時間弱くらいの時間を1分足で表示していますが、円高と円安の差をみると10銭弱くらいしかありません。
このため、1回のトレードで得る目標利益は2銭〜3銭くらいになるでしょう。

このような状況で10銭を狙っても、利益を得ることは難しいかもしれません。
よって、スキャルピングで勝つには以下のことが大切でしょう。

(1)大きな利益を得ようと頑張らない。
(2)為替レートが意図した方向に動かないときは、すぐに取引を終了する。

FXで一番稼げるトレードスタイルの選び方

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧