スイング&ポジショントレード主体の

チャート分析方法をバックテストで検証して勝率を上げる方法

今までの連載で、勝率100%の完全無欠のチャート分析方法はないだろうこと、自分にとって使いやすいトレード方法を考えるべきことを考えてきました。


そこで、試行錯誤の末に、あるトレード方法を考えたとします。

頑張って考えたトレード方法です。
そこで、いきなり実戦に投入しても良いのですが、そのトレード方法を使って過去にトレードをしていたら、いったいどれくらい勝つことができたのでしょうか。


将来の為替レートは誰にも分かりませんが、過去なら分かります。

そこで、自分が考えた方法で勝てるかどうか、過去の為替レートを使って分析してみましょう。この作業をバックテストといいます。


バックテストの方法にはいくつかあります。

 

1.過去のチャートを眺めて、ゆっくり確認する

この方法は、時間さえかければ誰にでもできるという利点があります。しかし、かなり時間が必要となる場合もあるでしょう。日足だったら問題ないかもしれませんが、15分足や1時間足の場合は、かなり辛いでしょう。

短い時間足の場合は、別の方法を考えることになります。

 

2.MT4を使う

MT4とは、ロシアの会社が開発したトレードツールです。その機能は極めて優秀で、できないことはないと言ってしまっても良いくらいです。もちろんそれは過大な表現なのですが、それくらいに多機能・高性能です。しかも無料です。

ところが、です。これを使いこなすにはプログラミング言語を理解する必要があります。

プログラミング言語を使えなくても何とかなるように工夫した商品もありますが、それでもやはりプログラミング言語が使えないと、MT4の能力を十分に発揮することは難しいでしょう。

よって、MT4は皆様に簡単にお勧めできる方法ではありません。

 

3.FX業者のシステムを使う

日本のFX業者の中には、自分でやりたいトレード方法を簡単に作り、そのトレード方法でバックテストも簡単に実行可能な機能を提供している会社があります。

そのような会社の一つとして、マネーパートナーズをご紹介します。


マネーパートナーズのシステムHyperSpeed NEXT(ハイパースピード・ネクスト)を使えば、自分のやりたいトレード方法を簡単に作ることができます。プログラミング言語の知識は不要です。

インジケーターに関する知識は必要ですが、自分がしたいと思うトレード方法で使用しているインジケーターだけ知っていればOKです。

自分でチャートを眺めるのは辛い、MT4でプログラミング言語を勉強するのはさらに辛い、しかし自分でトレード方法を作りたいし、バックテストもしたい・・・。

このような悩みをお持ちの方は、一度試してみると良いかと思います。
その結果、使い勝手が良ければ使い続けましょう。

FXで稼ぐ為の本音のチャート分析術

執筆者紹介

メディア掲載情報

ゆったり為替 (ゆったり かわせ)

【プロフィール】
FXで生計を立てていますが、取引回数は少ない
「ゆったりトレード」です。FXで大成功を収めることを目指して、勉強をする毎日です。スイングトレードやポジショントレードを得意分野としています。
趣味はバックテストです。



このコラムに関連するコンテンツ

FX初心者のためのステップレッスンガイド
FXって何?超入門編
ここは必ず押さえよう!基礎編
FXを始めよう!デビュー編

目的別で選ぶ・FX一覧

FX会社一覧

通貨ペア・FX一覧